「ほっ」と。キャンペーン

女の子の玩具離れとおしゃれ

先週金曜日の日経新聞で、「未就学児や小学校低学年の女の子が年々おしゃれに関心を持つのが早くなる反面、おもちゃ離れが早くなっている」という記事が出ていました。

我が家の5歳4ヶ月のポンすけも、最近、買い物やお出かけが大好きで、私と相談しながら一緒に自分の服や靴を選んだり(2歳頃からのピンクブームは終了。最近は、黒、白、紫、水色、水玉柄などがお気に入り。)、ファンシー文具や雑貨コーナーに滞在し、じっくりと「可愛い(実用的な)もの」を見つけるのが、彼女の休日の楽しみの1つのよう。

先日は、私と2人で出かけ、「お互いの買いたいものを探すお手伝いをしよう!」という約束をしたせいか、ポンすけが積極的に私の服や靴を選んでくれました。
ちゃんと私の好みや普段の雰囲気を知っていて、試着した私に似合うか否かを伝えたり、「ママには可愛いい服や靴より、カッコいいものの方が似合うよ!」と、仕事にも使える服かどうかまでアドバイスしてくれました。

おもちゃは、たまにリカちゃんの備品やCMで見たWiiとダンスのソフトを欲しがるくらいで、それよりも、ディズニーランドや旅行、大好きなAKB48やパフューム、嵐などのコンサートに行く方がいいそうです。
(もしくは、Disney携帯。)

「プリキュア」シリーズは、保育園のお友達と話題になるので見ていますが、関連グッズは卒業(数ヶ月前に自ら宣言)、他のアニメもあまり真剣には見ていません。どちらかといえば、雄サンに録画してもらって見ている複数の音楽番組の他は、クイズやお笑いなどのバラエティー、ドラマ、ドキュメンタリーが好きな様子。

私も彼女をあまり必要以上に子ども扱いせずに、彼女の意見も聞きながら、普段から会話をするようにしているせいか、時々、ポンすけが小さな同性のお友達のように感じることがあります。

…そういう私が感じていた実感が、記事にまとめられていたので、なるほどなぁ、と思いました。
友達のような関係の母子が増えているのかもしれません。

ちなみに、男の子向けの玩具の市場は、2006年から2割程度増えているそうです。
私はよく分かりませんが、戦隊モノや、乗り物、ゲームやトレーディングカードなどでしょうか。
こちらはこちらで、なかなかお金がかかりそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2012-05-21 18:28 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/18324828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 笑顔が素敵な女性に 金環日食を見る >>