「ほっ」と。キャンペーン

笑顔が素敵な女性に

残業して、帰宅途中の電車の中で、思い出した話です。

少し前ですが、ポンすけが、「ママはいつも笑ってるよねぇ。」と言いました。
「えー、そぉ?ママも疲れてたり、悲しかったり、しんどかったりする日もあるけどなぁ。」と答えたら、
「うん。ママはしんどい時があるけど、誰かと話してる時はいつもニコニコしてるよ。ちょっと笑い過ぎかも!」…だそうです。

数年前にも、「ママは怒った顔をあまりしていない」と彼女に言われたことがあるのですが(実際には、必要な時には真剣に話し合い、叱りもしています)、ポンすけにとって、私は“笑顔のママ”の印象が強いようです。

私は子どもの頃から、母に「いつもニコニコ笑顔でいなさいね。笑顔でいたら、周りの人にも貴女にも幸せがやってくるのよ。」と言われて育ってきたので、知らない間に自然に身についていたのかもしれません。

今は私が子ども達に同じことを伝えています。

見た目の可愛いさ、美しさよりも、笑顔が素敵な女性、愛嬌や可愛げがあり、みんなから愛される人に育って欲しいと思います。
(雄サンはよく、それを一言で「“かわいい”ではなく、“可愛らしい”」と言います。)
[PR]
by monsteracafe | 2012-05-22 23:26 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/18331731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コフレドール 「ビューティフェ... 女の子の玩具離れとおしゃれ >>