クロール練習中のポンすけ

先月、スイミングの進級テストに合格し、先週からクロールの練習が始まった、ポンすけ。

先週はほとんど練習が見られなかったのですが、今日は最初から最後までしっかり見ました。
土曜日のクラスでは、ポンすけ達13級がいちばん進んでいるクラスで、最も人数が少なく、たった3人(男の子2人、女の子1人)で、コーチが1人。ほとんど個人レッスン状態なのはいいのですが、その分、1時間半ほどの間に泳ぐ量も、これまでよりもハンパなく増えています。

上から練習の様子を見ていると、最初はバタ足、顔付け、息継ぎ、飛び込みスタートの練習、プールサイドに出て、水の中でかく手の動きの練習、息継ぎの時の手や顔の向きの練習、また水に入って、ビート板を使っての手の練習・・・と、段階を経ながら練習を進めていました。
b0075888_10332458.jpg
背泳ぎも手の動きを体で習得するのに時間がかかりましたが、今回のクロールもまた、難しそうだなぁと思いました。

遊びの要素もかなり減り、プールの中ほどに設けた“島”まで息継ぎなしで泳いでいくゲーム的なものが1つあっただけで、残りは本格的な水泳レッスンでした。

これは体力的にも、精神的にも、5歳4ヶ月の子どもには大変だろうなぁと思いながら、頑張っているポンすけを見守りました。
でも、一緒に目標に決めた1級!まで、ぜひ頑張ってほしいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2012-07-07 23:29 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/18563664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 粘土で小物&マスコットづくり 不在で分かった、ポンすけの効用 >>