「ほっ」と。キャンペーン

たいちゃんのお友達

ずいぶん前に、ポンすけが保育園のお友達に家でお手紙を書いていたら、たいちゃんも書きたがり、ポンすけが手伝って、たいちゃんも保育園の仲良しのお友達にお手紙を書きました。

ポンすけにもらった便箋に、たいちゃんはなぐり描きをして、お手紙を書いた“つもり”。
ポンすけがたいちゃんと話をしながら、代筆で、もう1枚、
「Rちゃんへ またいっしょにあそんでね たいちゃんより」
と書いてくれました。

翌日、保育園でお友達に渡したようですが、それっきりでした。

 *****

昨日、私が久しぶりに保育園にお迎えに行くと、たいちゃんのロッカーにお手紙が入っていました。

保育園でのモノの受け渡しは原則NGなのですが(子ども同士、保護者同士などは別)、担任の先生が「Rちゃんからお手紙をロッカーに預かっています」と伝言までいただきました。

たいちゃんも、とても喜んでいて、保育園から自宅に帰るまで、お手紙を手離さず、大切そうに持っていました。

 *****

中には、たいちゃんの仲良しのお友達Rちゃんから、数枚にわたるお手紙(たいちゃんと同じく、お手紙を一生懸命書いたつもりの文字風のものが並んでいました。)と、お母さんからのお手紙が入っていました。

お手紙には、いつも保育園で仲良しにしているたいちゃんへ、そして、いつも妹のように可愛がってくれているポンすけにも御礼の言葉が綴られていました。
これは、Rちゃんが、生まれて初めて、自分から「お手紙を書きたい」と思って取り組んだことなのだそうです。

 *****

私も嬉しかったので、メールで御礼を伝えたところ、以前、Rちゃんがたいちゃんからもらったお手紙が嬉しくて、今でもとても大切にしていること、今回初めてRちゃんが自分からお手紙を書きたいと言い出し、朝、保育園で自分からたいちゃんに手渡したら、たいちゃんもとても喜んでくれて、それがRちゃんも嬉しかったこと、現在一人っ子のRちゃんはポンすけを一番身近なお姉ちゃんとして慕っていること、姉がいるので少しおませなたいちゃんにいつも刺激を受けて、成長しているのを感じること…等々を教えてくれました。

ポンすけにも、仲のいいお友達が何人かいますが、2歳1ヶ月のたいちゃんにも、さっそく仲良しの素敵なお友達ができているようで、子ども達の成長を嬉しく、やりとりを微笑ましく感じた出来事でした。
[PR]
by monsteracafe | 2012-11-01 06:35 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/19408514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふすまの引手でプチ・プチリフォーム 時計の針の読み方の練習 >>