たいちゃん、水疱瘡でした。

今日、HAT子ども救急病院で診てもらったところ、やはりたいちゃんは水疱瘡との診断でした。

診ていただいた先生がおっしゃるには、去年の夏に大流行した手足口病は、水疱瘡との見分けがつきにくい変わったタイプのものだったそう。

新年早々、明日からしばらく保育園はお休みになりそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2013-01-03 21:57 | 家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/19777755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スノウ at 2013-01-09 14:51 x
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

実は、我家の小学生も二日から水疱瘡を発症しました。幸い、昨日の始業式には登校できましたが・・・。
弟が年末に水疱瘡にかかったの後、きっちり2週間の潜伏期間を経て、ぶつぶつが出てくれました(泣)

水疱瘡って夏というイメージだったのですが、そうでもないんですね。
Commented by monsteracafe at 2013-01-09 18:17
>スノウさん
明けましておめでとうございます。
今年も私のブログに訪問&コメントを頂き、ありがとうございます。

スノウさんのお子さん方も年末年始に水疱瘡だったんですね!
お互い、大変でしたね…(T_T)

子ども達が通う保育園では、0歳児・1歳児クラスで流行っていたようです。(ちなみに、昨年の年末はノロウイルスで、我が家でも子ども達2人に、見事に私までかかり、元旦は予定していた実家を訪問できませんでした。)

水疱瘡の痕は治ってきましたか?
長女の時は、発見が早く、1歳ちょっとで小さかったので、軽くて済んだのですが、今回次女はお腹、背中、顔にかなりぶつぶつが出てしまったので、この後治っていくのか、ちょっと心配です。
<< 新1年生のための絵本 たいちゃんは水疱瘡!? >>