「フィンランドのくらしとデザイン」展に行ってきました。

少し前からポンすけが「ムーミンのやつ、見に行きたい!」と言うので、朝10時のオープンにあわせて、兵庫県立美術館で開催中の「フィンランドのくらしとデザイン」展(1月10日~3月10日まで)に、ポンすけと2人で行ってきました。
b0075888_20423224.jpg
入場料は、大人1,300円(前売券は1,100円)。なかなかいいお値段です。
b0075888_20422824.jpg
木で出来たムーミンの家が可愛らしかったです。
b0075888_20424879.jpg
展示内容は、フィンランドの自然、文化(神話など)、ここ100年くらいの建築・手工芸・布・器・家具、それにトーベ・ヤンソンさんの「ムーミン」の原画などでした。

「ムーミン」のアニメが見られると思っていたらしいポンすけは、すぐに飽きてしまい、「ママ、早く~!」と腕を引っ張られて連れて行かれてしまい、滞在時間は15分くらい。
美術館や博物館でのんびり過ごすのが好きな私ですが、こんなに短い美術館滞在は初めてでした。

展示の最後に、フィンランドにちなんだ限定ショップがあり、マリメッコの小物、イッタラの器、ムーミングッズなどを購入することができます。
こちらも、ゆっくり見られず、何も買わずに美術館を後にしました。

6歳になったばかりの娘と、美術館。
少し早かったようです・・・。
[PR]
by monsteracafe | 2013-01-19 20:43 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/19864109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 岩屋のベーカリーカフェ、「ルル... 子どもの頃からの定番料理-卵焼きご飯 >>