「ほっ」と。キャンペーン

ピアノの体験レッスン

年長さんになったばかりの頃から、「ピアノを習いたい」と言っていた、ポンすけ。

仕事の帰りや保育園のお迎えが遅い我が家では、習い事は土日しか無理なので、過去にヤマハ音楽教室の体験レッスンを受けたりもしましたが、通える先で空いているレッスンの時間帯と、続けているスイミングの時間帯がうまく合わないこともあって、見送っていました。

そのためか、かえってポンすけは自宅の電子ピアノや保育園のピアノで練習をして、数曲弾けるようになり、「ねぇ、ママ、○○ちゃんはピアノを習ってなくてこんだけ練習して弾けるようになったんだから、もしちゃんと習ったら、もっともっと上手になれると思わない?」などと、可愛らしいことを言ったこともありました。

私も年中からヤマハ、小学校・中学校とピアノを習っていたので、ポンすけに教えたりもしますが、親が教えるのは限界があると思っていました。

4月から小学生になり、スイミングのコース&曜日変更を検討すると共に、同じ施設内でレッスンが受けられるピアノの体験レッスンを受けさせてみることにしました。

職場を時間休で1時間だけ早く出て、保育園にポンすけを迎えに行き、体験レッスンに連れて行きました。
(私も同じ部屋の中で、離れて見学しました。)

初めて会った先生にも、きちんと挨拶をして、先生の質問に答えたり、分からないことは自分から話しかけたりしていました。

座る姿勢もよく、一度も私の方を見ないまま、集中して30分のレッスンを終えました。
(初心者の年長さん向けのレッスンの内容は、楽譜の見方、右手と左手、拍子などのリズムなどの話をしながら鍵盤に触れたり、五線紙に音符を書いたり…といった内容でした。)

事前に、一度体験してみて、自分でやってみたいかどうか考えたらいい、と話しておいたのですが、レッスンが終わるなり、「楽しかった!○○ちゃん、ピアノ続けたい!」と言うので、他と比較検討することもなく、現時点で空きがあり、通えそうな日程で、来月から週1回、習わせることにしました。

後で先輩ママのお友達に聞くと、お友達の上のお子さんが習っていた先生だそうで、安心しました。

昨夜も帰宅してから夕飯までの間も、自らの意思で自宅の電子ピアノを弾いていたポンすけ。

彼女の目標は、大好きな「嵐」の「ワイルドアットハート」を弾けるようになりたいんだそうです。(かなり難しいと思いますが…)
[PR]
by monsteracafe | 2013-03-07 20:56 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/20114755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポンすけのお弁当(保育園のお別... たいちゃん、2歳6か月になりました。 >>