「ほっ」と。キャンペーン

蛍の放虫会

昨年も自治会経由でお誘いいただいていたのですが参加できず、今年初めて、地元で行われた、蛍の放虫会に参加しました。

地元の方がここ数年、蛍を卵から孵化、成虫になるまで育ててこられた蛍を、地元の子ども達と一緒に放つというもの。

ポンすけは初めこそ、「虫、怖い」と言って、離れて小さな光を放ちながら飛び立っていく蛍を見ていましたが、私が手の平に蛍をのせて見せると、興味を持ち、自分の手の平の上に蛍をのせて、観察していました。
b0075888_14225766.jpg
たいちゃんも、光っている蛍を見つけては、「ほたる!」と、教えてくれました。
b0075888_1423463.jpg
蛍の成虫の命は、わずか10日ほどなのだそうです。

都会っ子の地元の子ども達に、よい体験の機会を与えてくださった、地元の方に感謝・・・です。
[PR]
by monsteracafe | 2013-06-10 23:22 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/20576333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポンすけの大人の歯 須磨離宮公園に来ています。 >>