「ほっ」と。キャンペーン

学童保育の保育参加

先週金曜日が終業式だったので、今週からがいよいよ本格的な夏休み開始、といった感じの我が家。

今日はポンすけが通う学童保育に、保護者として保育参加してきました。
食材の買い出し、お昼ご飯など、主に食事関係のお手伝いです。

朝、ポンすけと一緒に学童に行き、子ども達の宿題などを見つつ、午前中に献立を決めて、食材の買い出しへ。

私ともう一人のお母さんとで、50人分(!)の肉じゃがとお味噌汁を作りました。
女の子達が野菜の皮むきなどのお手伝いをしてくれました。

大きな鍋で、給食を作っているような気分。

目標の12時半前には出来上がり、当番の子ども達がよそって、各自が取りにくるスタイル。
b0075888_10512115.jpg
こんな大量の食事を作ったのは初めてでしたが、子ども達は美味しいと言って食べてくれました。

私もポンすけのグループで一緒にご飯を食べ、片付けを手伝って、遊んでいる子ども達の様子を見てから、ポンすけ達の習い事(スイミング)に付き添って、久しぶりにスイミングを見学しています。

夏休みは学童で過ごす時間が長く、来ている子ども達の人数も多いので、子ども達も疲れるだろうなぁと思いました。

毎回手作りの食事の用意も苦労されていると思います。
指導員さんの仕事の大変さの一部を実体験し、改めて、子ども達を預けて働けることに感謝したいと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2013-07-25 16:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/20773600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NAT at 2013-07-26 12:55 x
お昼ごはんに毎日お弁当持参ではない理由はこれだったのですね…。これはこれで大変ですね…、お疲れ様でした。
でもこんな機会があると学童事情もわかってよいものですね。
Commented by monsteracafe at 2013-07-26 20:52
>NATEさん
そうなんです、お弁当持参でないのは助かりますが、そのかわり、用意するのが大変です(^_^;)
毎日、来る人数も違いますし。

保育園のように、給食専門の業者さんが入っているわけでもないので、量は違うけれど、お母さんが家で作っているのと変わらない感じでした。

細かな運営方法などは、色々思うところもありましたし、ポンすけが最初の数カ月嫌がっていたのも、少し分かるような気がしました。

仕事との兼ね合いもありますが、参加するなら、早い方がいいと思い、トップバッターでした。

明日からはポンすけとパパが2人で学童のキャンプに参加します。
<< 日帰りで二色の浜海水浴場へ 東京駅「まめぐい」のプチギフト >>