『輝くオンナにはコツがある!? お肌のプロに学ぶ自信を生みだす美肌術』

先日、ウェスティンホテル大阪で開催された、トレンダーズ主催、ライオン株式会社協賛の
輝くオンナにはコツがある!? お肌のプロに学ぶ自信を生みだす美肌術
というイベントに参加してきました。
b0075888_1154931.jpg
最初は、テレビや雑誌でも活躍中の友利 新さん(内科・皮膚科 医師)のトークショー。
今日のテーマである「自分に自信をもつための美肌の秘訣」についてのお話でした。

友利さんは、医師になって10年目の35歳。過去(2004年)には「準ミス日本」にも輝いたという経験の持ち主です。
テレビや雑誌の活動で忙しい今でも、週4日はクリニック(20時まで)で診察をしているそうです。

友利さんのお話の中で、一番印象に残ったのは、
「美しさとは、(1)自分のこと、自分のベストな状態をよく分かっている人、(2)自分の状態を見て、楽しくケアしている人、だと思います。」というお話。
他人と比べてどうか、ではなく、自分のベストな状態、自分の長所も欠点も、特徴やクセもちゃんと知った上で、日常的な習慣としてケアや対策をするのが美人への近道だということでした。

顔の肌ケアに限って言えば、自分の顔全体を「地図」のようにどこに何があってどんな状態かを知っておき、毎日鏡を見て(友利さんは拡大鏡で見ているそう)、その時々の状態に合わせてケアを変えていく、顔の部分によってもケアを変える、いわば、自分自身がまず自分の肌の主治医になることを目指すべきだということでした。

ご自身も決して肌が丈夫ではなく、ニキビもできやすいという友利さんは、皮膚に大敵な3つのこと―日焼け、乾燥、摩擦―を避け、角質ケア(拭き取り化粧水、ピーリング、パック、マッサージなど)を定期的に行っているそうです。

 *****

特に中心的なテーマになっていたのが、大人ニキビ。
私も大学生から社会人になってしばらくの20代の頃には、かなり悩まされた時期がありました。
(今でも仕事が忙しかったり、ストレスや体調の影響で、時々ポツッとできたりしますが・・・)
b0075888_1155837.jpg
10代の時にできるニキビも、20歳以降にできる大人ニキビも、実は同じ症状で、「尋常性ざ瘡」という立派な皮膚の病気なのだそうです。
b0075888_116634.jpg
ニキビができる過程の説明もあり(大人ニキビは、古い角質が蓋になり余分な皮脂が出にくくて詰まることが原因)、ニキビケアには、
(1)角質・皮脂による毛穴のつまりを取り除く
 →保湿、角質を柔らかくし、新陳代謝を促進する
(2)過剰なアクネ菌(皮脂を分解し皮膚を弱酸性に保ち病原菌から肌を守る皮膚常在菌)を減らす
 →ニキビ部分の殺菌、繰り返す時は体内から新陳代謝を促進するよう改善
(3)できてしまったニキビの対処
 →皮膚科を受診、または炎症を抑え殺菌する市販薬などの使用
が有効だということでした。
(友利さんは、ドラッグストアの薬剤師さんでもいいので、市販薬についても気軽に相談してください、とのことでした。)

 *****

ライオンでは、女性スタッフが中心となって開発した、5つの「PAIR(ペア)」製品を発売しています。
b0075888_1161526.jpg
生活習慣の乱れなどで繰り返すニキビには、新陳代謝を促す「ペアA」(ドリンクタイプ)、「ペアA錠」、生理前などに繰り返すニキビには「ペア漢方エキス錠」、できはじめのニキビに「ペアアクネリキッド治療薬」、炎症や赤みのあるニキビには「ペアアクネクリームW」というラインナップです。
b0075888_1162590.jpg
イベント会場では、マイクロスコープでの肌のキメのチェックや、水分量測定(紫外線ダメージを受けにくいあごの下と頬を比べると、88/29もの違いがありました)、「隠れニキビ」チェック(体調が良いのか、隠れニキビはありませんでした)などの体験ができ、
b0075888_1163324.jpg
ライオンのキャラクター「ライオンちゃん」との写真撮影や、ライオン製品のお土産など、盛りだくさんな内容でした。

※ライオン株式会社様のPR活動に協力しております。
[PR]
by monsteracafe | 2013-10-19 23:34 | Beauty | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/21284080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Petit bisou 芦屋... 「MAGICAL SCALP ... >>