「ほっ」と。キャンペーン

たいちゃん&お友達のキッザニアデビュー!

先日お伝えしていた通り、行ってきました、キッザニア甲子園!
ポンすけは3回目、たいちゃんは初めてのキッザニアです。

一緒に行ったお友達のRちゃんパパが、朝早くから整理券をゲットすべく並んでくれたおかげで、1部・2部通しのグループを除けば、前から5番目のA-5の整理券を取ってきてくれました。
直前まで、近くの「クリスピークリームドーナツ」で腹ごしらえ。
b0075888_18272081.jpg
3人でお揃いの「おしごとカードホルダー」を首から下げて、既に興奮気味の子ども達。
3人ともお昼寝をしてきたので、元気いっぱいです。

 *****

入場後、まずは人気の「バウムクーヘン」のパビリオンへ。3巡目の予約を取ってから、「街時計」へ移動しました。
b0075888_18282811.jpg
可愛らしい服を着て、ダンスの練習をする子ども達。
”最初のおしごとなので、大丈夫かな?”と少し心配していましたが、たいちゃん(3歳2か月)&Rちゃん(3歳6か月)はとても楽しそうに、見よう見真似で体を動かしていて、何の問題もありませんでした。
b0075888_18284146.jpg
キッザニア甲子園中央広場前の大きな時計の前で、鐘を鳴らし、可愛らしいダンスを披露して、”4時半”をお知らせすることができました。
b0075888_18285443.jpg
「バウムクーヘン」まで微妙な時間が出来てしまったので、ポンすけに銀行に連れて行ってもらい、たいちゃんとRちゃんは銀行口座を開きました。
カウンターの高さが目線ギリギリだったようで、2人してつま先立ちしているのが、なんとも可愛らしかったです。
b0075888_21481097.jpg
続いて、お金(キッザニアの通貨「キッゾ」)を払って、観光バスに乗りました。
ちゃんと乗車券をくれます。
b0075888_21482843.jpg
たいちゃんは前方の席に座り、Rちゃんは後から乗ってきたポンすけ(はじめは「お金が減るから乗るのは嫌だ」と言っていたのですが、急に乗る気になったようです)の横に移動して、姉妹のように仲良く座って、園内を一周しました。
(バスから降りる時に、「お客さん」のおしごとカードをもらいました。)
b0075888_21484338.jpg
「大使館」に立ち寄り、ポンすけはビザにスタンプ(今回はチュニジアでした)を押してもらい、たいちゃん達はビザを発行してもらいました。

ちなみに、半袖を着ているのは、園内は暖かく、おしごとで上に制服を着たり、作業したりするので、暑さ寒さが調整できるよう、半袖の上にカーディガンを着せています。
(行ってみて思ったのですが、紐靴はやめておけばよかったと思いました。紐がほどけても、自分で結べないので、並んでいる間は親がささっと結びなおしたり、一度はパビリオンのスタッフの方にお伝えして、結んでもらったりしました。)

 *****

いよいよ人気のパビリオン、「バウムクーヘン」のおしごとスタートです!
(前回もそうでしたが、今回も入場開始直後に、「お菓子工場」「バウムクーヘン」「パン工場」「めがねショップ」「はんこやさん」は受付終了になっていました。)
b0075888_21485739.jpg
3歳のちびっこ職人さん、生地をつくり、
b0075888_2149115.jpg
踏み台にのぼらせてもらって、オーブンの前で生地をかけてバウムクーヘンを作っていきます。
b0075888_22221330.jpg
2巡目には、ずいぶん上手にできていました。
b0075888_2149288.jpg
焼きたてのバウムクーヘンを試食。
子ども達は「バウムクーヘンは好きじゃない」と言っていたのに、パクっと完食。
後で聞いたら、焼きたてのバウムクーヘンはとても美味しかったんだそうです。
バウムクーヘンはお土産に持ち帰ることができます。
(箱にそれぞれの名前が入っていました。)

 *****

子ども達の希望で、「病院」で新生児のお世話をする看護師さんのおしごとをしたかったのですが、時間が合わず、空いていた「救急救命士」のおしごとをすることになりました。
(この前に「電車」のおしごとの予約をとりました。)

怪我人が出たとのことで、救急車に乗って出動します。
b0075888_2149409.jpg
助手席に座ったポンすけが、マイクで「救急車が通ります、道を開けてください」と、何度かアナウンス。
「観光バス」のバスガイドのおしごとは嫌がっていたのですが、この時はイキイキと、凛々しい姿を見せてくれました。
b0075888_21495240.jpg
現場に到着。
怪我人役をしてくれたのは、ポンすけよりもさらに年上のお姉さん達。
そこに小さな小さな3歳児の救急救命士がやってきて、脈を取ったり、心音を確認したりしていて、見ていてなんだか可笑しかったです。

 *****

後半は、ポンすけとRちゃんの希望で、地元・阪神電車の「運転士」のおしごとへ。
予約をしていたので、すき間時間に園内の「RF1」で手早く夕飯を食べたりトイレに行ったりしました。
b0075888_21501017.jpg
たいちゃんは、ねぇねぇと一緒の車両で、「車掌」さんをすることになりました。
これまた、ひときわ小さな運転士&車掌さんです。
b0075888_21502311.jpg
運転方法を学んだ後(字が読めないたいちゃんはほぼぶっつけ本番状態でした)、各車両に分かれて、15分間の走行です。
阪神電車の尼崎駅から野田駅間を運転しました。
たいちゃんは教えてもらいながら、ドアの開け閉めやベルを鳴らしたり、アナウンスをしたりして、最後は自分で出来るようになりました。

 *****

働いて貯めたお金を銀行に預け、最後は関西電力のパビリオンで、故障した箇所の修理をする「電力会社のエンジニア」のおしごとをしました。
(こちらも予約。終了時間が閉園間際だと聞き、先に銀行に行ったりできました。)
b0075888_21503846.jpg
ポンすけはキリッとカッコよく、たいちゃん&Rちゃんはとても可愛らしい制服姿でした。
もうすぐ21時の閉園間際という時間帯でしたが、よく頑張っていました。
b0075888_21505038.jpg
高所作業車に乗り、修理完了。おしごとが終わったら、ちょうど閉園時間でした。

親たちの予想に反し、たいちゃん&Rちゃんは最後まで元気におしごとをしました。
抱っこしたのも、混雑した通路や階段などの一部のみ。ほとんど、自分の足で歩き、親を頼ることなく、頑張ることができました。
b0075888_2371919.jpg
結果的に混んでいましたが、たくさんお仕事をすることができ、大満足の3人。
帰宅するのに別れる時、また明日以降、保育園などで会えるのに、名残惜しそうにしていました。
b0075888_2373019.jpg
ポンすけには、事前に何度も言い聞かせて、頼んでおいたのですが、しっかりと2人のお姉さん&お世話役を果たしてくれました。
Rちゃんは、今回、何度もポンすけに抱き着いたり、自分からポンすけの横に座ったりして、とてもポンすけに懐いていました。
いつも泰然自若、堂々としているたいちゃんは、1人だけ離れても動じず、周囲の状況を見ながら、なかなかしっかりした様子を見せてくれました。

これだけ充実して遊べたのも、お昼寝をして体力を蓄え、事前にDVDなどを見て「キッザニア」のことをイメージして心の準備ができていた子ども達、そして双方のパパ・ママが情報収集や準備など、協力して、状況に応じて臨機応変に動けたからかな、と思います。

親子共々、めいいっぱい楽しめた半日でした。
我が家だけで行くよりも、楽しくて、一緒に感動できて、よかったなぁと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2013-11-17 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/21487355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NATE at 2013-11-20 09:38 x
記事、楽しみにしていました。
ものすごく充実した1日になったようですね!!
かなりたくさんのお仕事をこなされたのではないでしょうか?
完璧な準備で望まれたようで、感心します!! 私ももっと事前準備をしないといけないな…と思いました~。
それにしてもたいちゃんの堂々としたお仕事っぷり、銀行でのつま先立ちがなんともかわいらしい!!
ポンスケちゃん、救急車のマイク担当だったのですね!
かっこいい!!

私も時間を有効に使えるように検討します!!

貴重な情報、ありがとうございました!!
Commented by monsteracafe at 2013-11-20 11:34
>NATEさん
日曜日の2部でしたが、1部・2部通しのグループも多く、お客さんも多めで、なかなかお仕事選びが大変でしたが、事前準備と当日の情報収集、子ども達の体力&気力のおかげで、かなりお仕事をすることができました。

私も子ども達も想定していなかった、救急車のおしごとが一番のヒットでした!
カッコよくて、後でキッザニアの写真まで買っちゃいました。

女の子が救急隊員とか、電力会社のエンジニア、電車の運転士などをするのもいいなぁ、これからは大いにありうる(実際にいらっしゃいますよね)時代だなぁと思いました。

たいちゃんとお友達も3歳なのに、よく頑張りました。
一度もうだうだ言わなかったんですよ~☆

NATEさんも、ぜひ楽しんできてくださいね。
この記事が少しでも参考になれば幸いです。
Commented by NATE at 2013-11-20 13:07 x
そうですよね、たいちゃん、まだ3歳ですよね…うちの娘も来年にはたいちゃんのように楽しめるかな?楽しみです!!
人、多かったのですね…。覚悟して行ってきます!!
かなり参考になる記事でした~。
私もプランを考えてみます!!
Commented by monsteracafe at 2013-11-21 10:44
>NATEさん
そうなんです、たいちゃんはまだ3歳になったばかり。一人っ子だったらまだ早いと思うのですが、姉&お友達と一緒だったので、閉園まで元気に頑張っていました。

NATEさんのところもお兄ちゃんがいるので、きっと大丈夫でしょう!
バウムクーヘン、救急車、電車など、男女問わず楽しめることもわかりました。次回は消防車をやりたいそうです。

そうそう、お友達のパパさんが、園内でもこまめに次のおしごと候補の募集状況、時間などをリサーチしてくれていました。
予約を1つ取り、それまでの時間にもう1つ何かをする(アルバイトもあり)・・の繰り返しですね。
Commented by NATE at 2013-11-21 11:30 x
確かに、なんでも下はできるようになるのが早いですものねー。最近特にお兄ちゃんのマネをしたがる娘も“私もー!!”と駄々をこねるかもしれませんね…
お友達のパパさん!すごい!なるほど。子供と一緒に回っているだけではだめなのですね。妹と協力して頑張ります!!
Commented by monsteracafe at 2013-11-21 12:48
>NATEさん
妹さんとなら、バッチリ協力して回れそうですね(^^)♪
お友達パパさんは、スマホ画面でも待ち時間?をチェックしていました。
もしかしたらキッザニアのHPでチェックできるのかもしれません。

本当は子ども自身がおしごとを選んだり、自分で手続きすべきなのですが、小学校低学年だと、ある程度親が下調べしてあげた方が、実際にはたくさんお仕事できますよね。
小学校中・高学年になったら、親と離れて、自由に回ってきて欲しいと思います。
<< 2014年版「親子の家計簿」 小学校の音楽会 >>