学童のお餅つき&指導員さんの送別会

今月末で学童を退職される指導員さんの送別会も兼ねて、ポンすけが通っている学童で、お餅つきがありました。
(夜には送別会が地元の飲食店で開催され、ポンすけと雄サンが参加しました。子ども達、保護者、OBなど90人以上の参加があったそうです。)

雄サンがポンすけと2人で朝から参加し、炊きたてのもち米を何度もついたそうで、終わった後、「腰と背中が痛い」と言っていました。
お父さん達数人がお餅をつき(子ども達も少し手伝ったようです)、お母さんや指導員さん達を中心に、お餅を丸めたり、豚汁を作ったりして、みんなで食べました。

私はスイミングのレッスンがあった次女のたいちゃんを連れて、ちょこっと立ち寄っただけでしたが、みんな和気藹々として、楽しそうで、いい雰囲気でした。
今年の4月~6月頃まで、学童に行くのを泣いて嫌がっていたポンすけでしたが、今では別の小学校に通う1年生や、上級生と一緒に遊ぶようになりました。

来年か再来年には、(保護者運営されている)学童保育の運営にも参加していこうかと考えている我が家です。
[PR]
by monsteracafe | 2013-12-14 23:48 | 学童のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/21655127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 講演会「和食、京の食、そして暮らし」 芦屋「トレジャルディーノ」のランチ >>