学童保育所の一日指導員

ポンすけは、25日の終業式を終え、昨日から春休みに入りました。

ポンすけが通う学童保育所は、いわゆる保護者運営方式の学童なので、長期休暇中は「一日指導員」として、保護者が学童運営のサポートをすることになっています。
(以前通っていた学童保育所も、やはり保護者運営だったので、夏休みに「一日指導員」をしました。)

年度末で仕事は忙しい時期なのですが、少しでも早く新しい学童で過ごすポンすけの様子を見ておきたかったので、昨日、「一日指導員」をしてきました。

指導員さん達と子ども達が揃って行う「朝の会」で、「一日指導員」として紹介され、それから約60人分のお昼ご飯づくりをアルバイトの指導員さんと2人で行いました。

メニューは1週間前には決められていて、皿うどんとデザートのりんご(皮を剥いて6等分に切る)という比較的簡単なものだったので、余裕を持って作業しながら、昼食の予定時刻に十分間に合うタイミングで出来上がりました。

私も子ども達と一緒にお昼ご飯を食べ、指導員さんや子ども達と話をしながら、まだ入所して2か月弱ですが、こちらの学童のことを色々と知ることができました。

約60人分という分量が分かりづらかったのですが、おかわりした子の分を含め、きれいにすべてなくなったので、ホッとしました。

後片付けを終えたところで、指導員さんから「お疲れ様でした。もう帰っていただいて結構ですよ。」と声をかけていただいたので、戻って片づけたい仕事があったので、迷わず引き上げることにしました。

時間に余裕があれば、おやつの時間や、子ども達が遊ぶ様子なども、もう少し一緒に過ごしながら見てみたかったなぁと思いました。

夏休みの時は、母親が学童に来たのが嬉しくて、何かとまとわりついていたポンすけでしたが、今回はお友達と一緒に「何かお手伝いすることない?」と台所にやってきたくらいで、お友達や上級生、指導員さん達と楽しそうに過ごしていました。
半年、1年でずいぶん大きくなったなぁと感じました。
[PR]
by monsteracafe | 2014-03-27 06:13 | 学童のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/22338234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春のお散歩 ポンすけと一輪車、たいちゃんと... >>