「ほっ」と。キャンペーン

朝、登校前の風景

長女のポンすけが小学2年生になり、約1か月が過ぎました。
4月からスイミングが平日週2日に増えたほか、学校の宿題も多く(毎日漢字2文字ずつの練習、本読み、ドリルやプリント、計算カードなど)、帰宅する頃にはかなり疲れが見えることが増えました。

宿題は学童で半分以上済ませてくるのですが、6時間目の授業の後にスイミングに行く日は、学童に帰ってきたら既に18時過ぎで、おやつを食べていたらもうお迎え…ということもあります。

1年生の頃は、「宿題と明日の準備は寝る前にしなさい」と言っていたのですが、最近はあまりにも疲れているのが分かるので、そういう日には、「宿題は1つだけ済ませたら、残りは朝起きてからでもいいよ」と、夕飯を食べ、お風呂に入ったら、なるべく早く寝かせるようにしています。

その分、いつもよりも10~15分ほど早く起こすのですが、よく寝て元気を取り戻し、本人も進んで「計算カード、やらなくっちゃ!」と朝から頑張って宿題をしています。

眠かったせいか、今まで朝食を食べるのが遅かったのですが、少し早起きしただけで、朝食も早く食べられるようになりました。
時間割を見ながら持ち物の準備をし、ゆっくりトイレに行ったり、髪を結んだりしても、まだ時間に余裕があります。

登校まで、時間が余ったポンすけは、最近では、ベランダの植物に水やりをしたり、洗濯物を干したりして、お手伝いまでしてくれるようになりました。
子どもは成長していくんだなぁ、と思います。
[PR]
by monsteracafe | 2014-05-13 23:26 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/22602780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カワイくて素敵な、伊勢丹のプロ... 学童保育所の総会&たいちゃんとお散歩 >>