1学期の個人懇談

先日、ポンすけの小学校で1学期の個人懇談がありました。
1人あたり約10分、と短い時間ですが、先生から、学校での普段のポンすけの様子について、色々と聞かせていただきました。

・人の話をよく聞いている。担任の先生だけでなく、お友達やほかの学年やクラスの先生の話を聞くときも、背筋をピンと正した良い姿勢で、話す人の目を見ながら聞けている。
運動会の練習では、他のクラスの先生から、名指しで褒められていた。
・宿題を頑張っている。(両親がよく見てくれている、とも。)特に漢字の書き取りは字が綺麗で、コピーを見本として教室に貼っているほど。漢字をよく覚えていて、テストも良い成績。
・観察する時間では、ただ見た目だけでなく、実際に触ってみたりして、よく観察できていた。
・図工も得意。先日「にじいろのさかな」を制作したが、1枚1枚のうろこの色を考えながら丁寧に塗っていた。

…と、たくさん褒めていただいた後、先生が言いづらそうに、「算数のくり下がり(2桁)のひっ算は苦戦しているようで…」と最後におっしゃいました。
ポンすけ自身も自覚していて、私たちも気づいていたので、やっぱりなぁ、と思いました。

「ただ、宿題や自宅で練習するたびに計算の正確さや速さも上達していっているので、問題はないのでは」とも言われました。

クラスでは、特定のお友達とべったりするのではなく、ミニトマトの水やりや鉄棒など、自分がやりたいことをその時近くにいたお友達と楽しんでいるようだ、とのことでした。

逆に、「気になることは?」と聞かれたので、「本人が”あまり手を挙げていない”と反省していました(笑)」と伝えると、先生も頷かれて、「○○さんはノートやテストを見ると、ちゃんと自分の言葉で書けているのに、なかなか手を挙げてくれないんですよね」と言っていました。
「経験を積んで、自信を持てないと、なかなか発表できないみたいです」と言うと、「そういえば、今日、本読みの時に『スイミー』を自宅で暗唱してきた、というので、みんなの前でやってもらいました。うまく読めていましたよ」と教えてくれました。
これからも本人が自信を持てるよう、先生からも仕掛けてみようと思う、ということで、和やかに1学期の個人懇談が終わりました。
[PR]
by monsteracafe | 2014-07-03 05:30 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/22878759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スッポンから抽出したコラーゲン... お気に入りのアクセサリー(ピア... >>