「ほっ」と。キャンペーン

保育園の個人懇談

先月末、保育園で個人懇談(希望者のみ)がありました。
年に一度のことなので、我が家はポンすけが1歳児クラスの頃から、できる限り夫婦2人で参加するようにしていて、毎年ずっと懇談を受けています。

たいちゃんの個人懇談も早や4回目。
担任のH先生も過去に1度、担任で懇談でお話したことがある馴染みの先生です。

普段のたいちゃんの様子をお聞きしたところ、
・先日の保育参観のように、いつも良い姿勢で先生の話を聞いていて、一度話したことをきちんと覚えている。クラスのみんなに声をかけたり、自分から時計を見て片づけたり、先生に「次、何するの?」と聞きにきたりする。クラスのお手本的存在でとても助かっている。
・大親友のRちゃんといつも2人で話し合い、一緒に遊んだり、作業したりしている。2人がとても楽しそうなので、お友達が一緒に遊びたがって寄って来る。他のお友達を受け入れたり、逆に遊んでいるおもちゃなどを貸してあげたりするので、みんなからも好かれている。(他の保護者さんからよくたいちゃんの名前が出てくる。)
・トイレ、食事、作業など、なんでも一人で出来る。”自分でやりたい!”という気持ちが強い。
・姉がいるせいか、経験豊富で物知り。休日など家庭で経験したことを色々と先生に話してくれる。
…と、良い話ばかりでした。

「自宅では結構やんちゃで気が強く、姉とケンカして姉を口で泣かせるくらいなんですけど…」と伝えると、「ええっ!?そうなんですか?保育園ではまったくそういう面は見当たらないです」と言われました。

きっと、本人は保育園で楽しく、そして少しだけ頑張っているのだろうと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2014-07-04 05:40 | 保育園のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/22878790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 手書きのノートをデータ化するノ... スッポンから抽出したコラーゲン... >>