「ほっ」と。キャンペーン

映画 「舞妓はレディ」

「Shai we ダンス?」の周防正行監督の最新作、映画「舞妓はレディ」を仕事帰りに友人と観てきました。
(映画館で映画を観るのは久しぶりです。今年の春「アナと雪の女王」を家族4人で観て以来だと思います。)
b0075888_946196.jpg
※画像は映画の公式HPからお借りしました。

以下は、公式HPから引用したストーリーです。

京都にある「下八軒(しもはちけん)」は、小さいけれども歴史がある花街(かがい)。
だが、舞妓が百春(田畑智子)ひとりしかいないのが悩みのタネ。
しかもその百春も、舞妓になってもう10年が経とうとしていた。

そんなある日、下八軒に「舞妓になりたい」という少女・春子(上白石萌音)がやってきた。
彼女が扉をたたいたのは、八軒小路の老舗のお茶屋・万寿楽(ばんすらく)。
唯一の舞妓の百春と、芸妓の豆春(渡辺えり)、里春(草刈民代)を抱えるこのお茶屋に春子がやってきたのは、百春のブログを見たからだった。

新しい舞妓が欲しいとはいえ、コテコテの鹿児島弁と津軽弁を話す、どこの馬の骨ともわからない春子を引き取るわけにはいかず、万寿楽の女将・千春(富司純子)は彼女を追い返そうとする。
だが、たまたまその場に居合わせた、言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が春子に興味を抱いたことから、彼女の運命は一転する。
「春子の訛りでは舞妓は無理だ」と言う、万寿楽の客で老舗呉服屋の社長・北野(岸部一徳)に対し、京野は「絶対に春子の訛りを直してみせる」と宣言。
「春子を一人前の舞妓にしたら、京野のお茶屋遊びの面倒をすべて北野がみる」という約束を取り付けてしまう。

かくして、その賭けのおかげで、春子は晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になることに。
しかし、仕込みになったからといって、すぐにお座敷にあがれるわけではない。
春子を待ち受けていたのは、厳しい花街のしきたりと、唄や舞踊の稽古の日々。
そして何より春子が苦戦したのは、訛りの矯正だった。

舞妓になりたい一心で、懸命に稽古や言葉の矯正に励むが、師匠からは「違う違う」と叱られ、先輩芸妓からは「いつになったら、ちゃんとできるの?」と責められる。
ついには、京野の弟子・秋平(濱田岳)から「君には舞妓は似合わない」と、とどめを刺され、ショックを受ける。

果たして春子は、一人前の舞妓になることができるのか? そして、春子が舞妓になりたい本当の理由とは……?
b0075888_9462656.jpg
主役の上白石さんは、歌もダンスも演技もできる800名の中から、オーディションで選ばれたそうです。
オーディションに受かった時は14歳の中学2年生だったのが、高校2年生になってついに映画が完成したそうです。
そもそも、この映画は、企画されてから実現まで、20年もかかったそうで、監督は「完成した映画を見れば、実現まで20年もかかったのは、主役の少女を待つためだったのではないかと、都合の良い宣伝文句のようではあるけれど、心の底から思わずにはいられない。幸せな気持ちになる映画になったと思う。」と語っています。

主人公の春子の素直さ、一生懸命さ、努力を続ける姿、先生に恋する可愛らしい姿、歌声の美しさ…も良かったですが、彼女を取り巻く周囲の人々の姿の描かれ方、それぞれが1~2曲を自分の声とダンス等で披露するシーンがとても良かったです。

京都の花街のこと、舞妓さんや芸妓さん、お茶屋さんに関わる人々のお仕事のことなども、自然に映画の中で紹介されていて、よく分かりました。

観ているだけで楽しい、観終わった後に幸せな気持ちになれる、素敵な映画でした。
[PR]
by monsteracafe | 2014-09-22 23:45 | refreshのために | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/23438005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-10-01 13:34
タイトル : 2014年版・演技力だけで選ぶ平成の俳優・長谷川博己、井..
「新・演技力で選んだ俳優ベスト10」  《中堅男優編》 独断と偏見で選んだ「演技力で選んだ俳優ベスト10を選んでみました。 ●内野聖陽 最近ではNHK大河ドラマ『風林火山』で主役の山本勘助では翌年の『篤姫』とは比べ物にならない地味な配役陣を一人で引っ張って実力を証明した。『エースをねらえ!』ではシリアスな鬼コーチ、『不機嫌なジーン』ではコミカルなプレーボーイと芸域が広い。ドラマ『仁』の坂本龍馬の演技も講評であった。最近では『とんび』の演技も好評。舞台俳優として、『モンテ・クリスト伯』『エ...... more
<< 甲子園浜でバーベキュー ポンすけ、スイミングの進級テス... >>