「とんかつ きりしま」(3世代旅行 その5)

旅行の最後に、相生市立水産物市場「鮮魚とれとれ市場」で海鮮丼(980円)などをいただく予定だったのですが、ランチ営業のみ(15時半頃まで)だったので、弟がおススメのお店に連れて行ってくれました。

加古川の別府西小学校近くにある、「とんかつ きりしま」。
産地にこだわった豚肉や素材を使ったトンカツやフライ、丼など、メニューが豊富でした。
b0075888_12503338.jpg
注文したトンカツが出て来るまでの間、胡麻をすります。
子ども達が喜んで胡麻をすっていたので、今度自宅でもやらせてあげよう(=食事が出てくるまでの間にやらせよう)と思いました。
b0075888_1250462.jpg
子ども達はかつ丼を半分こ、私と母は、地元近くの相生産の「牡蠣フライ」(シーズン初めなので小ぶりなので、その分数を増やしてくれたそうです。)と
b0075888_12505543.jpg
お店の定番、「特選ロースかつ」をシェアしていただきました。
b0075888_1251336.jpg
衣がサクサクしていて、お肉もやわらかく、美味しかったです。
(豚肉の塩・胡椒の下味はお店に「おまかせ」にしたのですが、少し濃く感じました。子ども達も少し辛かったようなので、苦手な方は減らしてもらうといいと思います。)
b0075888_12511039.jpg
食後にアイスクリームなどをいただきました。



注:

連休最終日のせいか、人気店でいつものことなのか、開店直後はお客さんがとても多かったです。
その割にはスタッフの数がとても少なく(研修生もいました。)、オーダーしてもなかなか商品が出てこなかったり、子ども用にお願いした冷たいお茶やお水が何度お伝えしても出てこなかったりしました。
(お茶が熱すぎて、子どもには飲めないのです。)

最後に頼んだアイスクリームは、お客さんもまばらになり、店内が落ちついた時を見計らってからオーダーしたのですが、子ども達のアイスクリームがいくら待っても出てこず、先に母のぜんざいが出てきたりして、味には満足しましたが、サービスについてはいかがなものかと感じました。

お店を出る時に、責任者らしき女性が「今日は大変お待たせ致しました。」と声をかけてきたので(我が家は開店前にお店に着いてしまい、予約を入れてから再び開店時に来店したのでした。)、「・・・はぁ・・・」と答えたら、「でも、開店前に来られましても、こちらとしましては・・・」と言い出したので、「いえいえ、そのことじゃなくて、子ども達のアイスクリームなどのことですよ。」とだけお伝えしました。

ポンすけは「あの人、他の子どもには飴を渡してたのに、私たちにはくれなかった。」とも言っていました。
私はそこまで気づきませんでしたが、スタッフの対応は全般的に良くなかったと思います。

開店して一番に入店したのに、お店を出たのは最後になってしまい、20時近くになっていました。
[PR]
by monsteracafe | 2014-11-24 23:58 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/23787832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ある日の晩御飯。 毎年恒例の3世代旅行(その4) >>