「ほっ」と。キャンペーン

2学期の個人懇談

ポンすけが通う小学校では、先週、個人懇談がありました。

短い時間なので、何をお話しようか考えながら、学校へ行くと、担任の先生の方から、色々とお話してくれました。

1学期と比べ、色々なお友達と関わることが増え、リーダーでなくともグループのお友達やクラスのお友達をサポートしたり、引っ張っていく動きを見せている。
・算数の計算、漢字の書き取り、図工の絵や工作など、どんな作業でも手を抜かず、真面目に丁寧に取り組むのが彼女の持ち味。
・本人が苦手だと言っていた算数のプリントなども、より早く、正確にできるようになってきた。
・給食を食べるのも早くなり、残さず、時にはおかわりもできている。

その後、先生から「何か気になることはありますか?」と聞かれたので、

・初めて取り組むことに対して、自信が持てないのか消極的になりがち。親としては、もっと失敗を恐れず何事にもチャレンジしてほしい。
・忘れ物(上着、傘、水筒、ヘアゴムなど)や親に伝えるべきことを忘れていることが多すぎる。その日あったできごとを聞いても、「忘れた」「疲れてるから話せない」ということがある。
・親としては、得意なこと(水泳、お習字、走ること、絵など)を伸ばしつつ、苦手なものができるようになるようにフォローしていきたい。

・・・といったことをお話しました。

親として気にしていたことと、先生から見たポンすけの長所や頑張りとが多少異なっていたので、ポンすけなりに日々頑張っているのかな、と理解しています。
[PR]
by monsteracafe | 2014-12-09 06:32 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/23851011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Bar Salu」岡本店のランチ ランコムの最新リキッドファンデ >>