従妹の結婚式&披露宴@京都・鮒鶴

ポンすけとたいちゃんには、20歳以上年の離れた従妹がいます。
(…というか、年の近い従妹はいません。)

桜が満開のこの季節に、2人の従妹、つまり私たちの姪が結婚することになり、家族4人で出席することになりました。

会場は、京都の鴨川沿いにある
FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT」。
b0075888_12595334.jpg
(画像はWEBからお借りしました。)

この建物、以前は、明治3年創業の老舗料亭旅館「鮒鶴」として、日ごと夜ごとに粋人が集い、文人墨客のサロンとしても使われてきた木屋町のランドマーク的な存在。
2008年春に、当時の趣を可能な限り残して活用しつつ、ウエディング、フレンチレストランの「FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT」として新たな歴史を刻み始めました。
2012年4月には、国の登録有形文化財に登録されたそうです。

鴨川や京都の東山エリアが一望できる4階で挙式を行いました。
b0075888_13183828.jpg
初めての結婚式にドキドキ&ワクワクしている子ども達。
b0075888_13194918.jpg
特にポンすけは、指輪交換や宣誓など、1つ1つに興味を持って、見ていました。
b0075888_1320273.jpg
階下にある披露宴会場へは、年代物のエレベーターで移動します。
b0075888_13212039.jpg
披露宴会場は、和のお部屋に洋の円形テーブルを配され、桜の花が飾られていました。
b0075888_13241035.jpg
FUNATSURUのお料理は、本場でお墨付きの極上フレンチ。
b0075888_13254593.jpg
前菜の「海の幸のジュレ ひまわり」は、「パリ市長賞金賞」を受賞したお店の名物料理のようです。
b0075888_1328016.jpg
「じゃがいものクリームスープ トリュフとベーコンのブリュレを添えて」
濃厚なじゃがいものクリームスープに、自然な甘みのブリュレが浮かんでいて、一緒に食べたり別々に食べることで味わいが変化しました。
b0075888_13292225.jpg
事前に子ども達の好みなどを聞かれて、「アレルギー等はなく、ほとんどのものは食べるけれど、お子様ランチ的なものは好きではない」とお伝えしておいたところ、子ども達にも、本格的なかぼちゃのポタージュ、白身魚のソテー、和牛のステーキ、パンなどを用意してくれました。
b0075888_13583670.jpg
親戚だけのアットホームな披露宴でしたので、途中、新郎新婦とお話したりする時間も、ゆっくり食事を楽しむ時間もありました。
b0075888_13591063.jpg
真鯛とラングスティーヌのソテーも、
b0075888_13593312.jpg
黒毛和牛ロース肉のロティもとても美味しかったです。
b0075888_140496.jpg
デザートは、ほうじ茶のクリーム・ブリュレと、完熟マンゴーとココナッツのトランシュでした。

従妹の旦那さんになる方とは、初めてお会いしましたが、子ども達と話す時に同じ目線になるようにかがんで話してくれたり、終始和やかで優しそうな方で、安心しました。
ご家族の皆さんも朗らかで、初対面とは思えないほど、色々とお話させていただきました。

子ども達は特別にプレゼントももらい、大騒ぎをすることもなく、大人のゲストの皆さんともちゃんとお話していました。
[PR]
by monsteracafe | 2015-04-04 23:39 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/24337423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 安東みきえ 「ワンス・アホな・... 「書店ガール」、ドラマ化! >>