プラバンで作ったブローチ

先日、我が家のお気に入りの岡本の雑貨屋さん「mutti(ムッティ)」さんで開催された、「プラバン ワークショップ」に参加してきました。

講師はプラバン作家の「トリコ」のmielさんと moco*さん。
なんと、お2人ともポンすけと同じ小学校で、お1人は小学校の委員活動で既にお知り合いでした!
(しばらく気づかず、後で分かってビックリ!でした。)

 *****

今回のワークショップで作るのはブローチ。
お花、ちょうちょ、カップケーキ…の中から、好きなモチーフを選んで作ります。

実は、自宅でポンすけと何度かプラバンアクセサリーづくりに挑戦したのですが、焼く時にほとんどが失敗してしまった、苦い経験がある私。
使うプラバンが100均のものだったのがいけなかったのかと思い、聞いてみましたら、今回使うプラバンも「ダイソー」の3㎜厚のものだそうです。
b0075888_17132923.jpg
表と裏を確認し、下絵(焼くと1/4位になるそうです)を写します。
b0075888_17135252.jpg
使う色もしくは薄い色(白など)でラインぎりぎりをなぞります。(ちなみに、ポスカを使いました。)
今回のちょうちょの触角部分は細いので、透明にして残すデザイン。

この段階で、ハサミやカッターを使って図案を切り取ります。
その後、着色します。
(白いラインは綿棒などでこすり落としてから、焼きます。)

着色後、十分にドライヤーなどで乾かしたら、いよいよ焼きます。
b0075888_1714088.jpg
アルミホイルの上にクッキングシートを敷き、着色面を上にして、オーブンへ。
縮んでくる様子をじっと観察しながら、これ以上縮まない、というギリギリのタイミングを見計らって取り出し、金属製のトレイの間に挟んで押し、平らにします。
b0075888_171495.jpg
先生と一緒に焼いたので、うまく出来ました!
今回はさらに、表面(着色したのと反対側)にパステルイエローのポスカで水玉模様を描きました。(先生の作品のグレーの水玉にも惹かれ、かなり迷いました。)
b0075888_17141822.jpg
さらに、上からUVレジンでコーティングすることで、ぷっくりとした仕上がりに。
(ニオイもなく、扱いやすい、「パジコ UVレジン 太陽の雫 ハードタイプ 25g」がオススメだそうです。100円ショップで買うなら、「Seria」がいいそうです。)
b0075888_17143036.jpg
レジン液が乾いたら、裏側にニスを塗り(お洋服などに色が付着しないように、との配慮です)、ボンドでブローチの金具をつけたら完成です!
b0075888_17144273.jpg
とっても可愛らしいブローチができました!
b0075888_8523260.jpg
残りのプラバンと、ワークショップでいただいたお茶のグラスはお土産でいただきました。
1時間、みっちり先生にコツを教わり、作品も作れて、大満足でした☆

夏休みにも子ども向けのお教室を予定しているそうです。
きっと子ども達が参加したがるだろうなぁ。
[PR]
by monsteracafe | 2015-05-20 05:30 | お気に入り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/24494010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NATE at 2015-05-20 14:52 x
かわいいです!!
私も以前に自己流で息子とチャレンジしたことがあったのですが、小さくなりすぎたりしてうまくいきませんでしたが、hiroさんの記事をみて、再度チャレンジしてみたくなりました~★
Commented by monsteracafe at 2015-05-24 06:21
>NATEさん
NATEさんもご自宅でチャレンジされたことがあるんですね~!
私もうまく出来なかったので、今回いろいろとコツをお聞きしてきました☆
できるだけポイントをまとめたつもりなので、参考になさってください♪
私も近いうちに子ども達と一緒に作る予定です(^^)
(今、UVレジンを発注したところです。)
<< 2015年の「母の日」 ポンすけ、「うはらまつり」で踊... >>