世界遺産「清水寺」の夜間特別拝観

アメリカン・エキスプレス・カード(AMEXカード)会員限定の貸切イベント、「清水寺の夜間特別拝観」に行ってきました。
b0075888_9293562.jpg
私が参加したのは、清水寺貫主のご法話と桂 米團治氏の落語と夜間特別拝観がセットになった<Bプラン>。

森 清範貫主は、毎年「今年の漢字」を清水の舞台で揮毫(きごう)されることでも有名ですが、お話をお聞きするのは初めてでした。
30分という短い時間でしたが、「仏とは何か?」というテーマで、目に見えるもの、見えないもの、生きているもの、そう見えないものすべてに「命」が宿り、すべてのものに生かされているという人間が最も大切にすべきことについてシンプルに分かりやすくお話ししていただきました。

フランス語でも落語を披露されたという、桂 米團治さん(桂 米朝さんのご長男)の演目は、清水寺の「音羽の滝」を舞台にした落語「はてなの茶碗」。
やや誇張された京都人と大阪人の気性の違いが盛り込まれていて、面白かったです。
 
 *****

その後は、美しくライトアップされた清水寺の境内を散策しました。
b0075888_9363358.jpg
通常は非公開の西門も特別拝観ということで観ることができました。写真撮影はNGでしたが、そこから眺める京都の夜景はとても綺麗でした。

一番有名な「清水の舞台」がある本堂では、
b0075888_936438.jpg
弦楽三重奏の音色が響き渡っていました。
b0075888_9365357.jpg
少し離れたところから、
b0075888_937230.jpg
遠くから、
b0075888_9371297.jpg
真下から、
あらゆる角度で「清水の舞台」のある本堂を堪能しました。

あいにく降ったりやんだりの雨でしたが、雨が止んだ後の霧に照明があたり、なんともいえない雰囲気でした。
何度か来たことのある清水寺でしたが、初めて訪れたような感動がありました。

このような会に、私は今回初めて参加しましたが、アメリカン・エキスプレス・カード(AMEXカード)では、会員向けに、狂言の会やコンサート、神社仏閣・美術館の貸切イベントなど、様々なイベントが企画されています。

私は2年前に転職した時にアメリカン・エキスプレスカードの会員になりました。会員限定のこんなに素敵なイベントに参加できるなんて、アメリカン・エキスプレスカードの会員で本当に良かったです。

過去のイベント情報はこちら
最新のイベント情報はこちら

※アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,inc様に招待いただきました。

[PR]
by monsteracafe | 2015-11-09 06:20 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/25072454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< mt EXPO 2015 at... ポンすけ、泳力検定(1級)に合... >>