元オリンピック日本代表の山田沙知子さんの「水泳教室」

北須磨文化センターで開催された、シドニー・アテネオリンピックで日本代表選手として活躍された、山田沙知子さんの「水泳教室」(要事前申込)に、ポンすけ(小3)が参加しました。
b0075888_147511.gif
対象は、バタ足からクロールまでを練習している小学生、ということだったので、競泳でタイムを競う練習をしているポンすけは対象外かと思いましたが、ダメ元で応募したところ、参加できることになりました。
b0075888_984824.jpg
山田さんは、小学6年生当時、1994年11月13日開催のJSCA近畿ブロック対抗大会で女子400m自由形の日本学童記録(4分20秒82)を打ち立てたそうです。
オリンピックや世界選手権にも何度も出場していて、元オリンピック選手に会って、指導を受けたり、泳いでいるところを見せてもらえる貴重な機会です。
 
 *****

レッスンは、水泳の能力別にクラス分けがされていたのですが、案の定、ポンすけは一番泳げるクラスでした。

まず驚いたのは、山田沙知子さんの背が高いこと!!
インターネットで調べた情報では、身長176cmだそうです。
やはり水泳選手には身長も大事なんだなぁと思いました。

主催者によるちょっと長いお話のあと(ほとんど保護者には聞こえませんでしたが、後からポンすけに聞いたところ、「話が長かった」そうです・・・)、練習。

たくさんの子ども達が参加していて、山田さんは主に25mを泳げない子ども達のクラスを中心に見ていて、上から見ている限り、ポンすけは一度も見てもらえませんでした。

普段の練習よりも断然少ない量を泳ぎ、レッスンは終了。
最後に子ども達から山田さんへの質問タイムの時間が設けられていて、3人だけ質問できる、とのこと。

ポンすけはチラチラ私の方を見ながら、質問しようかどうか迷っていましたが、最後に思い切って手を挙げ、山田さんに「今までの自己ベストを教えてください。」と質問。

山田さんは、800m自由形の自己ベストを短水路、長水路に分けて教えてくれました。
わかりやすく50mに換算すると、30~31秒台で泳ぐ必要があり、長距離は戦略を考えて泳げるのが楽しいのでオススメとのことでした。

 *****

プールから出てきたところを、地元のフリーペーパーの記者さんから取材を受けたポンすけ。
取材に答えながら、山田さんから速く泳ぐための3つのポイントを教わったそうで、楽しかったと話していました。
それを聞いて、上から見ている限り、直接指導は受けられなかったけれど、ちゃんと山田さんの話を聞いていたんだなぁと思いました。
b0075888_985673.jpg
最後に山田さんにサインをもらいました。

これからも水泳を頑張って続けていける機会になればいいなぁと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-03-06 12:49 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/25424168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メイベリン ニューヨークのマスカラ 「百花(cafe moka)」... >>