「ほっ」と。キャンペーン

たいちゃん、初めてのピアノのコンクール

たいちゃん(5歳・年長)が初めてピアノのコンクール(神戸予選)に出場しました。

昨年、姉がコンクールに出場したのを見て、「来年は私も参加する!」と言ったのが、彼女がピアノを習い始めるきっかけでした。

今年は「水泳を頑張りたいから、コンクールには出ない」ことを決めた姉に対して、当然のように参加を決めた、たいちゃん。
ほとんど練習しているようには見えないのですが、本人は「金賞(1位)を取りたい!」と、相変わらずのビッグマウスで、意欲だけは十分に見せていました。
(ちゃんと練習していても、本番直前までドキドキしてしまう心配性の姉とは正反対の性格です。)

 *****

保育園のお泊まり保育の後、急いでコンクール会場へ向かいました。

今まで姉の様子を見てきたのと、何度か来たことのある会場なので、あまり緊張した様子も見せず、本番を迎えた、たいちゃん。

堂々とした態度で、ミスもなく、弾けていました。
本人も、終わってから、「いつもの練習よりも上手く弾けた!」と喜んでいました。

 *****

昼食後、結果発表がありました。

早々に「準優秀賞」で名前を呼ばれ、複雑な表情でステージにあがっていきました。
保育園のお友達は「銅賞(3位)」を受賞していました。

ステージから戻ってきたたいちゃんがどんな反応をするのだろうと思って迎えに行くと、私の顔を見るなり、泣き出しました。

なだめてくださった先生の顔もまともに見られないほど、悔しくて涙が止まらなかった、たいちゃん。
b0075888_8302393.jpg
親やポンすけから見ると、あまりちゃんと練習していなかったので(ポンすけはもっと練習していました。)、妥当な結果だと思っていますが、本人は納得できなかったようです。

悔し涙を流せるほど、たいちゃんも大きくなったんだなぁと成長を感じました。
12月の神戸本選には出場できるので、それまでに本人がどのように変わるのか、それが一番大事だと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-16 15:30 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/26014980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エンナチュラル マクロビ雑穀ス... アウトドア&おうちで使える、た... >>