小学校の「1/2成人式」

今日はポンすけが通う、小学校の3学期の授業参観でした。
4年生だけは、10歳という成長の節目に、「1/2成人式」を行うということで、少し前から学校からアナウンスがあり、子ども達自らがおうちの人に招待状を書いたり、準備を進めていたようです。

先輩ママに聞くと、この日は働いている両親も仕事を休んでかけつけるおうちが多いそうで、我が家もなんとか仕事を調整して参加することができました。
(私の母も観に来てくれました。私が子どもの頃にはなかった行事です。)

 *****

体育館に行くと、既にひな壇の上に4年生全員が並んで、開会を静かに待っていました。

時間になると、子ども達自らがセリフを言い、進行していくスタイル。
家族への感謝の言葉を伝えたり、この10年間で成長したこと、今考えていることなどを、何人かが発表した後、全員で歌(「10才のありがとう」)を歌ってくれました。
とても澄んだ声で、気持ちが伝わってきました。

体育館の壁には、子ども達が事前に調べたりして自分の成長過程や変化についてまとめた「壁新聞」が飾られていました。

後半は各クラスに分かれ、教室で1人1分くらいのスピーチをしました。
テーマは、「将来の夢」「どんな大人になりたいか」「そのためにこれからの10年、何をしていきたいか」。

サッカー選手、〇〇でオリンピックに出て金メダルをとる、保育士さん、ダンサー・・・といった具体的な夢を話すクラスメイトが多い中、ポンすけが発表したのは、「ポジティブに生きていきたい。」というものでした。
嫌なことがあってもクヨクヨせず、家族やお友達と仲良く、毎日を楽しく幸せに生きていける大人になりたい、と話すポンすけは、将来の具体的な夢は語りませんでした。

きっと、既に水泳では競泳の大会にいくつも参加して、日々記録更新のために練習を重ね、人には言わないけれど、秘めた目標をちゃんと持っているのだと思います。
大好きなダンスも、去年に続き、今年もダンススタジオの有志でオーデイションを受ける予定で、今年は先生から、メンバーを代表して、オーディションの質問にも答えることになっているようです。

私もそうでしたが、将来何になるか、現時点では明確に決められないかもしれないし、子どもの時に想像したとおりにはならないかもしれない。
もしかしたら、今は無い仕事や職業に就いているかもしれない。
未来のことはわからないけれど、今を一生懸命生きているポンすけを応援し、支えていける大人でありたいと改めて思いました。

先輩ママに聞くと、去年は家族や両親への感謝の気持ちを伝える会だったようですが、今年は子ども達みんなの成長が微笑ましく、クラス発表では笑える楽しい雰囲気もあって、素敵な行事だと思いました。

その後の学級懇談会で、担任の先生から、体育館の床にシートを敷いたり、椅子を並べたり、会場設営の準備をしたのはポンすけのクラスだったと聞きました。
通常は6年生・5年生(秋の音楽会以降)が行っている作業です。
担任の先生が、「“やってみる?”とやらせてみたら、できました!自分達で声をかけあって、手順を考えながら、(体育の授業のかわりに)手早くできたんです。」と教えてくれました。

帰宅後、ポンすけから、「体育館や教室で“1/2成人式”って書いてあったでしょ?あの“成”の字、私が書いたんよ。」と(後から)教えてくれました。
[PR]
by monsteracafe | 2017-02-23 22:07 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/26677743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 保育園、最後の1か月。 家族4人でスキーに行ってきました。 >>