肌の「隠れ炎症」に着目した、美容液ジェル

長年、医薬の分野で、老化と炎症の関係について研究していた経験を生かし、キョーリン製薬スキンケア研究所の英知と最先端の技術を結集して開発された、
美容液ジェル「鎮 shi zu me」(50g)をモニターさせていただきました。
b0075888_10101025.jpg
本品は、隠れた炎症を鎮める働きが期待できることから、漢字の「鎮」を商品名やパッケージなどに使い、心も鎮まるような深い青、隠れ炎症をケアして、肌老化への不安をなくすという世界観を表現しているのだそうです。

 *****

「隠れ炎症」とは、加齢による生体機能の低下やストレスなどの内的要因、紫外線・物理的刺激などの外的要因により、常に溜まり続ける肌あれの原因となる自覚できない慢性的な炎症のことで、誰の肌でも起こり得るそうです。
b0075888_10153989.png
ホームページで隠れ炎症チェックができるので、試してみてください。
b0075888_10213767.jpg
(画像はホームページからお借りしました。)

 *****

秋冬は、気温・湿度の低下により、肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下しがちな季節。
さらには、私の場合、そろそろ花粉症による肌の不調が気になる季節がやってきます。

秋冬におすすめの使い方は、普段使っている化粧水の後に、パール粒2つ分(通常1回分の使用目安)をしっかりと肌になじませた後、再度1回分を手にとり、いつもより多めの量でしっかりと乾燥対策をすること。
乾燥が気になる方は、さらに乳液やクリームを使うといいと思います。

昔から「手当て」と言うように、手のひらで顔全体をおおうようにハンドプッシュするとさらに浸透が高まります。

少量でも伸びがよく、スッと肌に馴染むので、私は普段のお手入れは、化粧水とこの美容液ジェルだけで十分満足しています。
肌の乾燥や肌荒れが気になる時にも、夜寝る前に使うと、翌朝には肌の具合が改善されている実感がありました。
とても気に入っています。

炎症を抑えて、肌あれを防ぐ抗炎症成分、保湿成分や整肌成分が配合されていて、無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベン、アレルギーテスト済み、パッチテスト済みです。(すべての方にアレルギーや皮ふ刺激がおこらないというわけではありません。)
[PR]
by monsteracafe | 2017-02-10 06:40 | Beauty | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/26708740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 家族4人でスキーに行ってきました。 キッザニア甲子園に行ってきました。 >>