何もしない贅沢、早春の「オーベルジュ土佐山」

週末を利用して、四国にある「オーベルジュ土佐山」へ行ってきました。

神戸からは、高速道路利用で明石海峡大橋を渡っていくか、明石から「たこフェリー」でのんびりと行くか、スケジュールや天候などによって決めますが、交替で車を運転しながら向かいます。(大体5時間くらいでしょうか。)

b0075888_13515438.jpg
宿泊は、ホテル棟(12室)とヴィラ棟(4室)があり、どちらもそれぞれの良さがあると思います。
ヴィラ棟は2人で泊まるには広すぎて本当に贅沢!な感じです。
ダイニングや温泉がある建物から吊り橋を渡り、大きな青い空や星空を眺めながら、谷間を流れる川のせせらぎの音に耳を澄ましているうちに、眠りに落ちていく・・・。

ホテル棟はシンプルな作りで居心地が良く、ソファで本を読んだり、CDを聴いたり、デスクでお手紙を書いたり・・・といったことがとても心地良く感じられます。

一番の楽しみは、「ダイニング」での夕食です。
訪れた時の旬のもの、地のものを使った、和風の創作料理です。
盛り付け方や器づかいなどもとても素敵で、参考になります。
b0075888_13521517.jpg

なかなか予約が取れませんが、自然とお食事から季節感を感じたくて、色々な季節に何度も足を運んでしまいます。

次の滞在予定は6月。
スタッフの方とお話していたところ、蛍が舞うそうなんです!
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-14 00:26 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/4379323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 食洗機を導入 新芽が出ました >>