兵庫県の女性再就職支援制度

日本では、結婚や出産を機に退職し、育児が一段落した頃に復職を希望する「M字型就業形態」が戦後から続いていますが、兵庫県ではそうした女性の再就職を金銭面から支援する制度が動き出したようです。

<参考記事>
◎女性再就職奨励金を初適用=菓子の「モロゾフ」など2社-兵庫県

 兵庫県は、少子化対策の一環で今年度創設した「ひょうご女性再就職奨励金」制度の適用第1号として、菓子製造販売の「モロゾフ」(神戸市東灘区)など2社を選定した。
2社には採用した女性の試行雇用期間に応じ、最大30万円が支払われる。 

 同制度は、出産・育児で離職後、常用雇用での復職を希望するおおむね35~49歳の女性を採用した事業主に対し、試行雇用期間1カ月(最大3カ月)につき1人10万円を支給する。子供を産み育てやすい環境づくりの一環で、6月に受け付けを開始した。

 適用第1号となったのは「モロゾフ」と、建材等製造販売の「上月ウディックス」(丹波市)。ともに、神戸市内にあるマザーズ・ハローワークを通じ求職のあった女性各1人について、一般事務職での試行雇用を決めた。
 県は今年度、同制度の適用対象を100人と想定し予算化。発足3カ月での初適用を「ようやく周知されつつある段階」(少子局)とみており、引き続きマザーズ・ハローワークのほか県経営者協会、商工会議所などを通じ、企業などへの制度周知に取り組む方針だ。
(2006年9月25日/官庁速報)
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-27 22:23 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/5769389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まままや at 2006-09-28 19:21 x
こういう制度がもっと認知されて、
子育てしながら働きたい女性の雇用が進んだらいいですね。
そして、頑張ろう!と思える人が増えたらいいなぁ。
Commented by monsteracafe at 2006-09-28 20:28
この記事では、兵庫県の想定した100人分の予算に対し、ようやく2人分が活用されるに至った、ということですから、ようやくこれから、といった感じですよね。
子育てしながら働こうか悩んでいる女性や、採用を検討している企業の背中を押してくれる制度になればいいと思います。
Commented by はる at 2006-09-30 14:24 x
求職中「『マザーズハローワーク』?!こんなのができたのね☆まるで私のためみたい!」と意気揚々と出かけたところ、他のハローワークと大差なく、落胆して帰った覚えが・・・。
(シングルマザーや体の不自由なお子さんをお持ちの方対象というような扱いでした)
その他、ハローワークの窓口でも「子どもが小さいのに、そんな無理して働かなくても」と散々のいわれよう(女性職員でした)
そうかと思うと「あなたのようにやる気があって優秀な人材に就職口を!」と親身になって下さる男性職員もいて、窓口の対応によりけりなんだと実感しました。
こういう制度を現場の最前線の方に理解して、実行してもらいたいです。
100人って人数でも少ないですよねぇ。
やる気になったらあっという間に達成できそうな数字に思えるのは私だけ?
Commented by monsteracafe at 2006-10-01 17:13
>はるさん
「マザーズハローワーク」の実態は、そういうレベルなんですね・・・。
人によって対応が違う、というのは問題ですね。
いくらいい制度が出来ても、現場の最前線がそんな状態では・・。

確かに、100人とか100社なんて、あっと言う間に達成できそうな気がしますよね。
元公務員の私から見ると、制度設計をする人と、現場で実際にその制度を運用していく人たちとの乖離をいかになくすか!?がキーになりそうな気がします。
<< 妊娠線予防クリーム 人間の水分 >>