「ほっ」と。キャンペーン

大阪府の「こころの再生」プロジェクト

大阪「こころの再生」府民運動
仕事の関係で、こんなプロジェクトが展開されていることを知りました。

いま、全国で、子供をめぐる痛ましい事件が相次いでいます。
大人のルールやマナー違反などのモラルの低さも問題になっています。
このような時代だからこそ、忘れてはならない大切なこと(=こころ)を見つめなおし、毎日の暮らしの中で出来ることからはじめていこう。
一人ひとりの取り組みからはじめる運動を、大阪府の教育委員会では呼びかけています。

どれも、大切なことだと思ったので、ご紹介します。

1.「あかんもんはあかん」と、はっきりと叱ろう
2.「ええとこはええ」と、はっきりと褒めよう
3.「おかげさんで」を大切にしよう
4.「あいさつ」をもっと大切にしよう
5.「ユーモア」を大切にしよう
6.子どもの話をじっくり聞こう
7.地域にどんどん出て行こう

どれも、本当に大切なこと。
それをうまく大阪弁で表現できていると思います。
私も、これから、我が家にやってくる新メンバー(ちびさん)と、こんな風に接していけたら、と思っています。

こうした運動の趣旨に賛同し、普段の生活で取り組んでいく人を、大阪府では「こころのサポーター」として募集しています。
個人でも法人でもよく、大阪府民でなくても良いそうです。

ホームページからでも登録できるとのことで、この運動に賛同した企業の社員さん(ロンドン在住)からも応募があったそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2006-11-30 20:15 | Life style | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6122232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2006-12-01 16:16 x
あぁ、本当にどれも大切なことばかりですね。
私の思っていることとかぶっているところもあったので、
よし、やっぱりこの路線で行こう!と気持ちを新たにしました(笑)
Commented by monsteracafe at 2006-12-01 17:00
原文(宣言文)はもっと素敵な文章になっていますよ。
委員の桂三枝さんや、シンクロのコーチ・井村雅代さん、作家の吉永みち子さんらが、フリーセッション形式で意見を出し合って考えたそうです。

まだ親ではないのですが、早速、「こころのサポーター」に登録しちゃいました!
<< 産休に入ります。 寒くなってきたのでおでん >>