「ほっ」と。キャンペーン

妊娠中や授乳中の飲み物

赤ちゃんがお腹にいる妊娠中、おっぱいをあげている授乳中には、飲み物として口にするものにも制限がかかります。

私が大好きな(普段は一日10杯くらい飲んでいました)珈琲には、カフェインが含まれているので、私の通っていた病院では、「カフェインを含む、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶などは、全部で一日2杯まで」と指導されています。

・・・となると、“一体私は何を飲めばいいのか!?”が問題になるのですが、私は、熱いほうじ茶、自宅で沸かして作った「十六茶」、野菜ジュース、牛乳や豆乳、ココアなどを飲んでいます。

今回、試してみたのは、カゴメの「毎日飲む野菜」。
b0075888_1921355.jpg

カゴメの通販限定商品なのだそうです。
160gと小さめの缶ですが、食塩・砂糖・着色料・保存料無添加で、7種の緑黄色野菜260g分をギュッと凝縮されているとのこと。

厚生労働省の調査によると、一日の野菜摂取目標量:350gに対して、実際には7割くらいしか摂れていないそうです。特に、緑黄色野菜が不足気味(7割以下)なので、野菜ジュースを毎日飲むことで、一日に必要な緑黄色野菜・120g以上が効率よく確実に取れる、というわけです。
食事のほかに、毎日飲む習慣、できるといいなぁ。
[PR]
by monsteracafe | 2007-03-17 19:09 | Health | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6615042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2007-03-19 11:33 x
お母さんの食べるもので、母乳の味もかわりますからね~。
ケーキなどの甘いものを食べると母乳も甘く、
キムチなどの刺激物をたべると母乳も刺激的になるそうです。
キムチ鍋を食べた日には、娘もなんだかいつもと違ったような・・・
Commented by monsteracafe at 2007-03-19 12:49
妊娠中も、お母さんの食べるものによって、羊水の味(!)も違うのだとか。
母乳も同じで、お母さんによって味が違うそうです。
(ゆくゆくはそれが味覚を形成していくのだとか・・・)
さらに、食べたものによって、毎日味が違うとなると、気を引き締めなくては、と思います。
<< Dreames Come Tr... 飛田 和緒 「飛田和緒のかぞく... >>