「時間」をプレゼント

今だから書けますが、産休中、一度だけ育児に疲れて泣いてしまったことがありました。
退院して1週間くらいの時だったと思いますが、育休中の雄サンがお昼過ぎから深夜にかけてずっとうちにいなかったので、私一人きりでポンすけとうちにいたときのことです。

ずっと夫婦ふたりでポンすけのお世話をしてきたので、1対1になり、一人でおむつ替え、授乳、げっぷ、服が汚れて着替え、またおむつ、授乳・・・と自分のことは何もできずにお世話を延々やって、それなのにポンすけが大泣きしてしまい、もう思いつくことは何をやっても泣き止んでくれなくて、だんだんこちらも疲れてきて、悲しいやら、腹が立つやら、どうしていいのやら、もう自分でも訳が分からなくなってしまいました。

ようやく帰ってきてくれた雄サンを見て、ホッとしたせいか、思わず大泣きしてしまいました。

雄サンはそれから朝までポンすけのお世話を一人で見てくれて、私を別の部屋で寝かせてくれました。
私はポンすけのことが気になりつつも、どうしても優しい笑顔で彼女を見る自信がなくて、でも気になって・・・育児書を読みながら、いつのまにか眠ってしまっていました。

こんなことは、男性が働いていて、女性が自宅で赤ちゃんのお世話をしているご家庭では、ごく当たり前のことで、そんなことで泣くな、というレベルだったかもしれません。
でも、あのときの私は心底、心も体も疲れきってしまっていたのです。

雄サンがくれた、「時間」のプレゼント、その時の私にとって、どれだけ素敵で嬉しい贈り物だったかしれません。

生まれたばかりの赤ちゃんを抱えるパパやママに、お金がなくても、温かい優しい気持ちがあればお互いに贈りあうことができる、最大の贈り物だと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-03-22 19:35 | 家族 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6636098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あやあや at 2007-03-22 23:00 x
わかります!!
私も育児休暇中は何度かありました・・・

こういうとき、自分の思いをストレートに伝えられて、受け止めてもらえる関係が夫婦の間にできていれば、乗り越えられるんでしょうね。
上記のような関係が私とダンナに成り立っていたかどうかはともかく、産後2ヶ月の時に、日曜日丸1日自由に過ごさせてもらったことがあって、その時の気持ちは今でも覚えています。
Commented by はる at 2007-03-23 12:45 x
hiroちゃん、そんなことみんなあることよ!
私もどれだけ泣いて発狂したことか。
そして、子供と離れて一人で眠ることがどれだけ安らげたか。
私も帰宅した夫によく泣きつきました。
そして、晩御飯を作ってもらったり、夜のお世話をお願いしたり・・・。
どれだけ外で働いているほうが楽だと思ったか!
まだまだ、泣きたくなるようなことがあるかもしれませんが、
赤ちゃんのお世話はひと月ごとに楽になっていきますよ♪
夫婦協力して乗り切ってください(^^)
Commented by cosi-cosi at 2007-03-23 15:53 x
育児中は自分の時間というのがないですよね。女の人はついついがんばってしまっているように思います。男のほうも声をかけなければいけませんが、我慢せず言ったらいいと思います。
Commented by jun at 2007-03-23 16:27 x
こんにちは。旬(わかりますか?)です。
初の書き込みです。
いつも、hiroさんのブログを楽しく読ませてもらっています。
hiroさんのブログには私の「すき」な暮らしがつまっていて、
参考にもさせてもらっています。

「時間」のプレゼント、とっても素敵ですね☆
私も、育児をしていてとっても疲れてしまう時があります。
そんな時、夫は私にも自分の時間が持てるように助けてくれます。
でも、私はhiroさんのようにその「時間」を贈り物として温かい気持ちで
「ありがとう」と受けとっていなかったことに気がつきました。
どちらかというと、あたり前のように受け取っていたように思います。

確かに育児をしている者にとって「時間」は最大の贈り物ですよね。
お互いにお互いを思いやる気持ちを忘れず(あたり前に思わず)、
優しい気持ちで育児を楽しんでいけるといいな、と思います。

hiroさん、お仕事ボチボチ無理せずにがんばってくださいね。

また、ポンすけちゃんにも会わせてくださいね。
楽しみにしています♪
Commented by まままや at 2007-03-23 20:28 x
私も、子供が生まれて、時間のありがたさが身にしみました。
なのに、最近ちょっと無駄遣いしていたので、
この記事を読んで、改めて、時間を大事に使わなきゃ、と思いました。

Commented by monsteracafe at 2007-03-24 19:57
ポンすけ、今日はよく寝てくれます。夜、寝てくれるのか心配になるほどです。おかげでPCをのんびり開けます。

>あやあやさん
丸一日のお休み!産後のママにはものすごいプレゼントですね♪
今でも覚えているというのもうなずけます。

>はるさん
子どものことはとても可愛いし、いとしく思っているのに、体や心が疲れてしまう時があるのも事実なんですよね。
そんな時、自分ひとりではなく、パートナーや両親、友人など、助けてくれる人がいればどん底まで行かずにまた頑張れるんですよね。

>cosi-cosiさん
私が復帰してから、平日1対1でポンすけと向き合っている雄サンも、時々私が帰宅すると、「やっと帰ってきた~!」「今日は疲れたわ~」と喜んでくれることがあります。
同じことでも1人でやるのと、2人で分かち合うのとは、疲れも喜びも全然違うように感じます。
がんばりすぎず、やっていけるといいなぁ。
Commented by monsteracafe at 2007-03-24 20:04
>jun(旬)ちゃん
初の書き込み、ありがとうございます(^^)v♪

前にお邪魔したときに、布オムツを交換しているうろくたさんを見て、育児に参加してるな、と雄サンと実はひそかに感心して見ていたのですが、junちゃんに自分の時間が持てるように助けてくれていたんですね。
いい旦那さん&パパぶりじゃないですか!

ホント、日々のことなのでついつい当たり前のように感じてしまったりするのですが、お互いに感謝の気持ちも持ち続けていたいですよね。

我が家では現在私が外に出て働いていて、世の中でいう「パパ」の立場なので、仕事中、ポンすけのことが気になるのはもちろんですが、雄サンが疲れてないか、実はもっと気になっていたりします。
うまく息抜きする時間を取ってあげたいなぁ、と思っています。

ポンすけ、大きくなりましたよ~!
先日(2ヶ月と1週間)量ったら、6,200gもありました。
女の子ですが、大きさでは息子さんにも負けてないかも・・・(^^ゞ
Commented by monsteracafe at 2007-03-24 20:06
>まままやさん
子どもができてから、「時間の無駄遣い」、お金の無駄遣いと同じくらい、私も気になるようになりました。

特に仕事中は、ポンすけと離れて、雄サンに育休取ってもらってまで出勤しているのだから、しっかりやろう!と思って取り組んでいます。
<< 「心斎橋キャリア塾」 矢野貴久子さん 公園までお出かけ >>