「Starbuks Coffee」の接客サービス

私が産後、職場復帰して担当している主な仕事は、店舗のプロデュースです。
お店のコンセプトづくりから、ホームページ制作、レジ関係の整備、スタッフの採用・研修など、検討して決めていく項目は多岐にわたります。

そんな中で、いつも不思議に思うのは、「Starbuks Coffee」のスタッフの接客サービスの良さです。
先日は、コーヒー豆を買って、挽いてもらうのを待っている間に、「どうぞソファでお待ちください」と言われ、待っていたら、小さなカップでしたが「こちら、本日のコーヒーの○○です」と、コーヒーを持ってきてくれました。

また、ある時は、コーヒー豆の相談を店員さんとしていたら、小さな女の子がやってきて、困った様子です。
まだ若い男性の店員さんでしたが、女の子の背の高さくらいにしゃがんで、「どうしたのかな?」と話しかけ、女の子から忘れものをしてしまったこと、どんなものだったかなど、うまく聞き出していました。

妊娠中は、何度か店員さんにお店のドアを開けてもらったり、喋っていたら実は店員さんも1歳のお子さんのママだった、ということもありました。
そのあたりの秘密(?)が知りたくて、こんな本を購入してみました。
b0075888_11561718.jpg
私が東京で学生をしていたころ、銀座に「Starbuks Coffee」の日本1号店が出来ました。
私はアルバイトの前後によくここでお茶をしていました。
当時はあのお店が日本全国にこれだけ広まろうとは思いもしませんでしたが、イキイキと楽しそうに、誇りを持って働いているスタッフたちの力もそれを支えてきたんだろうなぁ、と思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-04-02 20:33 | 仕事にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6683230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2007-04-03 11:21 x
そういえばマクドナルドの1号店も銀座でしたねぇ。
スタバが日本に上陸した当初は、ここまで広がるとは思っていませんでした。
正直、お味も私好みではなかった・・・。
注文方法もわかりにくい・・・。
それでも、サービスの良さは天下一品でしたね。

東京の恵比寿にサービス抜群のレストランがあります。
従業員と話をしていると、「このお店で働きたくて九州からでてきました」
といったとか。

業種は違いますが、コムサなんかも従業員の質は高いと思います。
生き生きと働いている人たちをみていると、
こちらも気持がいいですよね♪
Commented by monsteracafe at 2007-04-03 21:14
確かに、最初はスタバの注文方法、分かりづらかったですねぇ。(今ではおなじみになってしまったけれど・・)

この本によると、何か特別な接客マニュアルというのはないそうで、5つの大切にすることがイラストと一緒に書かれた緑色の手帳が各スタッフに与えられているだけなのだそうです。
スタッフ一人一人が「ここで働きたいから」働いているからこそ生まれるサービスの高さなのだと思います。
<< 「PLAZA」でお買い物 ポンすけはおしゃべり!? >>