新緑の季節になりました

桜が咲き始めた頃に気づいたことでしたが、冬に枝を落とされていた街路樹から、鮮やかな黄緑色の新芽がたくさん伸びてきています。

電車や自宅のベランダからは、新芽の明るい色の六甲の山並みが見えます。

もう少しすると、緑はすっかり濃くなってしまうので、この時期だけの美しい自然の色を、忙しい日々の中でも楽しみたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-04-23 19:41 | まちの風景 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6769748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みっちママ at 2007-04-23 23:17 x
そうですね~。
私も今朝、なにわ筋の銀杏の木に緑色の葉っぱがたくさんついているのに気づきました。銀杏の葉っぱって小枝がなくて幹に直接葉っぱが出てくるのですね~。なにわ筋の銀杏って、もう10年間も毎日、見ている木なのに改めて見ると驚きでした。陽がよくあたる場所の街路に植え込まれたツツジもだいぶ咲いていました。
Commented by ひか at 2007-04-24 06:00 x
六甲山は季節ごとに色が変わるのがとても美しいですよね♪♪♪

今月はじめに 雪ですこし白くなっているときは
さすがにびっくりしましたが!
Commented by frifritom at 2007-04-24 09:04 x
この時期の新芽の緑はいいですね。見ているだけでうれしくなります。
Commented by monsteracafe at 2007-04-25 12:25
>みっちママさん
そうそう、幹から直接葉っぱが出てくる木があるんですよねー。
うちのマンションの近所もそういう街路樹でした。
今度、名前を調べてみます。
Commented by monsteracafe at 2007-04-25 12:26
>ひかさん、frifritomさん
この時期の新緑の色って、なんとも表現しがたい、美しい色ですよね。

マンションから見える六甲山も、時期によって、桜のピンクが見えたり、新緑が芽吹いていたり、紅葉したり、雪をかぶったり・・・と、変化が美しいですね。
<< 春のバッグ 久しぶりの休日 >>