「ほっ」と。キャンペーン

テレビ電話ならぬパソコン通話

お互いの自宅のパソコンに設置するだけで、ネット上でテレビ電話のように映像つきの通話が楽しめると聞いて、先日、実家の父に「父の日」のプレゼントにウェブカメラを贈りました。
b0075888_22531362.jpg
LogicoolのQcamというおもちゃのような小さなカメラです。
(鬼太郎の目玉おやじみたいなデザインです。)

「Windows Liveメッセンジャー」というソフトウェアをインストールして、設定するところで数日かかってしまいましたが、今日、お互いの映像を画面に映して通話することに成功しました。

短い時間でしたが、ポンすけも起きていて「あー」とか「うー」とかお話しました。
初孫とのテレビ電話に大喜びの両親。
いいプレゼントになったかな?と思います。

パソコンが使えるおじいちゃん・おばあちゃんとなら、いつも会えなくても、こうして孫の顔を見てもらうことができるので、便利なツールだと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-06-15 22:55 | わがや | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/6982378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あやあや at 2007-06-17 00:00 x
自分が子どもの頃、テレビ電話ってアニメのとかお話の中の世界だったけど、十分現実の物になってますよね。(携帯のテレビ電話もそうですが)

孫とおじいちゃん・おばあちゃんとのリアルタイムで映像を交えた交流って、すばらしい父の日のプレゼントですね。
これから大活躍しそうなアイテムですね。
Commented by monsteracafe at 2007-06-18 22:48
本当ですね!子どもの頃、アニメとか絵本に出てきたような・・・

今日も昼間、私が仕事へ行っている間にちょこっとテレビ電話、したそうです。
私には、“髪の毛が増えた!”と、後で両親からメールで連絡がありました。
<< ベビースイミングに行ってきました 金子 由紀子著 「暮らしのさじ... >>