ポンすけの発熱 その3

今日もポンすけの熱が下がらず(下がって、また上がって・・・を繰り返す)、仕方がないので雄サンが休んでお世話をすることになりました。

改めて、日曜日にもらった薬をよく見てみると、抗生物質や解熱剤は入っておらず、下痢止めしか入っていなかったそうです。
これでは、熱は下がらないはずです。

結局、いつも診てもらっている小児科のおじいちゃん先生(保育園の指定医でもあります)に診てもらったところ、
「本当に突発性発疹かどうか、あやしいなぁ。ただの夏風邪かもしれないし…」
とのことで、以前にも風邪をひいて治ったことのあるお薬を出してもらいました。

その後、様子を見ていたところ、発疹もなく、どうやらいつものおじいちゃん先生の診断の方が正しかったようです。

日曜日に開いているというだけで行ったことのない小児科に連れていってしまい、1時間以上も待って、かえってポンすけに負担をかけたのではないか、それにポンすけが保育園に通っていることや「月曜日には平熱に戻って保育園に行かなければいけない」ことなども先生に伝えなかったので、私たちのミスだったなぁ、と思いました。

やはり小児科は通いなれたよく知っている先生が一番で、休日に診てもらうのは緊急時に、と使い分ける必要があると感じました。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-21 21:07 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7336285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハチ at 2007-08-24 10:48 x
大変ですね。
下手に下痢止めは…
下痢はよっぽどのこと(仕事など)がない限り、出しちゃわないといつまでも悪い便が腸内に残って長引くばかりのはずです。
まずは下痢止め・解熱剤を使わず、抗生物質で様子をみるのが一番かと。とにかくお大事に。
Commented by monsteracafe at 2007-08-27 12:32
>ハチさん
結局、日曜日にもらった薬は途中でやめにして、いつものおじいちゃん先生の出してくれたお薬(抗生物質のみ)だけにしました。

後は、熱が下がるように、服を取り替えたり、「冷えピタ」やアイスノンで頭や脇を冷やしたり・・・

小さい子どもって、本当に急にお熱を出しますね。
Commented by あやあや at 2007-08-27 15:38 x
一連の発熱日記をまとめて読みました。
大変でしたね・・・
保育園から電話がかかってきて、というくだりは、何度経験しても「焦り」の境地ですが、あわてて色々手配された様子が眼に浮かぶようでした。
ああいうときって、自分でもびっくりするくらいテキパキと色んな手配や連絡ができてしまうんですよねぇ。

ポンスケちゃん、良くなってよかったですね。
やはり、慣れたお医者さんが一番ですね。
Commented by monsteracafe at 2007-08-28 12:41
ポンすけ、保育園に通いだしてからずっと元気だったので、今回は今思えばいい経験になりました。
備えあれば憂いなし、で、色々と準備しておくことも覚えました。

ポンすけが元気でニコニコしてくれているのが何よりです。
<< 靱公園近くのベトナム料理店でランチ ポンすけの発熱 その2 >>