「ほっ」と。キャンペーン

サークル・若狭湾への旅 1日目

毎年恒例のサークルの旅行に、2泊3日、福井県にある若狭湾少年自然の家に行ってきました。

ポンすけは実家にお泊りしたことはありますが、本格的な旅行は今回が初めて。大丈夫かなぁ、と少し心配でしたが、先輩パパ・ママが一緒なので、思い切って参加することにしました。最年少はポンすけ0歳8ヶ月、5歳の子供たちが一番多く、上は小学3年生のお兄ちゃんまで、5家族13人が参加しました。

台風が近づいていたり、週末の天気予報では雨だったりと、お天気も心配でしたが、到着してみると、夏が再び戻ってきたようないい天気で、暑いくらいでした。

到着後、昼食を食べて早速海へ。
b0075888_12284325.jpg
大人も乗れるほどの大きなタライに乗ったり、「箱めがね」で水中の魚を観察したりしました。
b0075888_1229664.jpg
めだかのような小魚、小さなフグ、10~20cmくらいの横縞のある魚のほか、魚屋さんで売られているような大きな魚を見たというメンバーもいました。
捕まえて子供たちに見せてあげたいのですが、なかなか捕まえられず、大人たちも大興奮。
b0075888_12292353.jpg
ポンすけも大タライに乗せてもらいました。いつものように、水に手をつけて、パシャパシャと遊んでいました。
b0075888_12293852.jpg
海岸は、小さな石粒の砂浜だったのですが、ポンすけは初めてのお砂遊びがとても気に入ったようで、ずっと遊んでいました。

続いて、海水を使ったお豆腐作り。
海水ににがり成分が含まれているので、温めた豆乳にろ過した海水を入れるとお豆腐ができるんです。
b0075888_12295970.jpg
作り方はとても簡単で、温めた豆乳(成分無調整のもの)500mlに対して、ろ過した海水150mlを加え、黄色くなるまでゆっくりと混ぜます。容器に移してしばらく置いておくと、上澄みと沈殿部分に分かれます。上澄みだけを捨て、沈殿部分をさらしやガーゼの上へ移し、水分が抜けて固まったら出来上がり。

特別な容器を使わなくても、牛乳パックとさらしだけで、こんもりとまあるいお豆腐が出来ました。
b0075888_1230913.jpg
海水を使っただけあって、ほんのりと塩気が効いた、クリームチーズのようなおいしいお豆腐ができました。お醤油いらずで、そのまま食べるのが美味しかったです。
出来上がったお豆腐は、大人の夜の宴会のおつまみに、翌朝の子供たちの朝食の一品になりました。

夕食とお風呂の後は、おしゃべりをしながら、若狭塗りのお箸を作りました。
木の箸にアワビや卵の殻の装飾をして塗ったものが配られ、水でぬらした紙ヤスリで磨き、模様を浮かび上がらせます。
b0075888_1231337.jpg
磨きすぎてアワビがどこかへ消えてしまったり、木の地肌が見えてしまったりする失敗(?)もありましたが、自分で作ったオリジナルのマイ箸はいいお土産&旅の記念になりました。

宿舎は広々とした1棟をまるごと私たちで借りられたので、他の宿泊者に気兼ねせず、のんびりと過ごすことが出来ました。
b0075888_12304549.jpg
ポンすけは終始ご機嫌で、お兄ちゃんやお姉ちゃん、他のパパ・ママ達に遊んでもらったり、抱っこしてもらったりして、とても楽しそうでした。
[PR]
by monsteracafe | 2007-09-15 21:10 | おでかけ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7458997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 腹ペコ山男の食い倒れBlog at 2007-09-20 00:25
タイトル : 3連休の若狭の旅 9月15日〜17日
嫁さんの所属している働くママさんのサークル旅行に今回はじめて参加しました。詳細なレポートを書くぞー!と気合を入れていたのですが、ばたばたしているうちに他のメンバーがしっかりblogに書いてくれているのをみてすっかり安心(?)してしまい、気力がへたってしまいま....... more
<< サークル・若狭湾への旅 2日目 ポンすけ、満8ヶ月になりました。 >>