デパ地下は阪神、包装紙は高島屋

先日(10/1)の日経新聞(「@関西」というコーナー)に、面白い記事が載っていました。

関西の女性1,000人に聞いた、「百貨店をどう使う?」というもの。
結果はこちら。(画像は日経新聞のHPからお借りしました。)
b0075888_1545735.jpg
贈答につかうなら高島屋、ファッションは阪急、デパ地下は阪神・・・と、それぞれの百貨店にブランドイメージがあり、関西の女性は目的によって使い分けをしている(もしくは定評がある、支持されている)ことが分かります。

面白いのは、同じ関西でも都道府県別で微妙に違う結果が出ていること。
私が住む神戸(兵庫県)では、包装紙は大丸が一位、という結果が出ていました。
そういえば、お祝い返しなどを選ぶときは、三宮そごうや神戸阪急よりは、神戸大丸を使うなぁ、と共感。

神戸(兵庫県)では、ファッションも、阪急が1位(24.9%)ですが、2位の大丸(18.2%)とは僅差。
私の感覚ですが、梅田阪急、神戸大丸、のイメージなのかな、と。
(神戸阪急は、どちらかというとファミリー、ミセス向けの商品が多い気がします。)

デパ地下は、1位が阪神(37.8%)、2位が阪急(17.3%)。母が大阪へ出たときには、必ず寄っていたことを思い出します。三宮のそごうや大丸よりも規模が大きいからかしら?

日経新聞で始まったこのコーナー(「@関西」)では、家庭や職場で話題になるような、関西に身近でホットなテーマを取り上げ、「関西の皮膚感覚」が浮き彫りになるような情報を発信していくそうです。
なかなか面白いコーナーになりそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-10-03 22:05 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7526826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 手ぬぐいで作った巾着 来年のスケジュール帳 >>