ミニサラダガーデン 秋蒔きのコツ

先日、西宮の北山緑化植物園の講座(「何度も収穫できる!ミニサラダガーデンを作ろう!!」)で聞いてきた、秋の種蒔きのコツをご紹介します。

【成功の秘訣】
・種を厚く蒔き過ぎない。
・発芽までは乾かさないで管理する。(適度な水遣り)
・発芽後はよく日に当てる。(屋外で管理)
・種蒔きは10月中に行う。(←関西の場合。種が入っている袋に記載している、適温で判断する。)
・間引きするときは、引っこ抜かずにハサミで切り取る。
・アブラナ科の植物はモンシロチョウに食われやすいので、初心者はレタス系統のものがオススメ。

【今回習った蒔き方】
・鉢(5~7号)を用意する。(素焼きの植木鉢は乾きやすいので、プラスチック製のプランターで良い。)
・鉢の底に、土が流れ出ないよう、ネットを敷く。
・土は新しいものを使う。新しい培養土(市販の花や野菜用の土でOK)に肥料(緩効性化成肥料)を袋の説明どおりの配分で混ぜる。
・ここで一度、土が湿るくらいに水をやる。(鉢の底から水が出てきたらやめる。)
・土をスコップ1杯分だけ取り分けておき、種をまんべんなく蒔く。(パラパラっとふりかけるような感じでした。)
・蒔いた種の上に、取り分けておいた土をかける。もう一度水遣りをして終了。
・芽が出てくるまで(2日から5日ほど)、乾かないように水をやる。
・発芽したら日にあてる。風通しのよい場所で育てる。
・1ヶ月で2,3回収穫ができる。根元を残してハサミで上の方を切り取る。
・収穫したら、薄い液肥を与えておく。
(種は、4月と10月に蒔くのが育てやすく、収穫回数も多い。)

【ミニキッチンガーデンに向く野菜・ハーブの種類】
・小松菜、白菜、水菜、芥子菜:アブラナ科の野菜
・サラダほうれん草、チャード、チコリ、レタス類など
・ロケット、マーシュ、ディル、コリアンダー、チャービルなど
b0075888_92024100.jpg

※新しい種を使うこと、レタスを中心に他の種類を混ぜるのがポイントだそうです。
※残った種は密封して冷蔵庫で保管するのが良いそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-10-17 22:50 | わがや | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7591663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ハーブの育て方・ハーブ栽培 at 2007-10-30 09:44
タイトル : 育て方が難しくないハーブの種類
ハーブって病害虫対策や高温多湿が苦手など結構デリケートな品種に思います。でも、日本以外のヨーロッパとか高温多湿に無関係な国のほうが逆に育て方は簡単になるのでしょうか?一般家庭でハーブを買う際、ガーデニングの初心者などは育てやすい品種を選んでみればよいかもしれません。一般的に、カモミール、バジル、ミント、ローズマリー、オレガノなどのハーブは育て方も簡単なようです。逆にタイムなどは育てにくいハーブだと聞いたことがあります。私の場合は育てにくいハーブのほうが、ぜひ育ててやるぞみたい...... more
Commented by みみママ at 2007-10-18 12:05 x
こちらもブログのアップ楽しみにしていました。
この要点を参考に、私も植えてみようと思います。
発芽までは日陰でOKっていうことでしょうか?
判らなかったら直接聞かせてもらいますので、宜しくお願いします☆
Commented by ライスペーパー at 2007-10-18 23:26 x
さすがですね~
なんか解説書みたいです!
私なんか何気に聞いていたのですっかり抜け落ちていたところがあって助かりました。
ちなみに園で植えたものも自宅で植えたものも無事芽吹いています(^^)v
収穫が楽しみですね♪
Commented by monsteracafe at 2007-10-19 12:15
>みみママさん
10月中に蒔けばOK、とのことですので、ぜひチャレンジしてみてください。自分で種を蒔いて収穫したベビーリーフで、グリーンサラダ、素敵ですよね♪

我が家では、発芽するまでは、ベランダの日陰に置いていました。
そろそろ、陽が当たるところへ移そうかと思っています。
また分からないことがあれば聞いてください。(教わってきた範囲でお教えします☆)
Commented by monsteracafe at 2007-10-19 12:16
>ライスペーパーさん
そちらも、芽が出てきましたか(^^♪
小さくてかわいらしいですよね~☆

今からどんなドレッシングで食べるか、ついつい考えてしまいます。
<< お気に入りの「ポンすけ号」 蒔いた種から芽が出ました >>