赤ちゃん用の絵本

ポンすけは手先もずい分器用になってきて、保育園では分厚い紙の赤ちゃん用の絵本を自分でめくって遊んでいます。
保育園でのお気に入りは、まついのりこさんの「じゃあじゃあびりびり」という本。
b0075888_1033774.jpg

赤ちゃんは、言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っているという。
そんな赤ちゃんの興味を存分に満たし、モノの名前と音とその形とを結び付けてくれる1冊。
自動車は「ぶーぶーぶーぶー」。イヌは「わんわんわんわん」、水は「じゃあじゃあじゃあ」、紙は「びりびりびり」。
この絵本の題名はこの水と紙の音だ。ほかにも赤ちゃんの回りにある音がこの絵本はあふれている。
掃除機「ぶいーん ぶいーん ぶいーん」、踏み切り「かん かん かん かん」、赤ちゃん「あーん あーん あーん あーん」。

イラストはカラフルで、極限まで無駄な線を省いたシンプルな切り絵。
文字もイラストにあわせて配置されるなどの工夫がされている。
14cm×14cmのミニサイズと赤ちゃんの小さな手にも程よい大きさ。
しかもボードブック仕様なので少々乱暴に扱っても破れる心配もない。
お出かけに持っていくにも便利な、赤ちゃんのための絵本である。


うちにある絵本はどれもポンすけが自分で遊ぶには紙を破ってしまいそうなので、ページが分厚い赤ちゃん用の絵本を少しだけ買うことにしました。

仕事帰りに、堂島のジュンク堂書店の絵本・児童書コーナーで選んできました。
b0075888_1043851.jpg

(私が好きな絵本、「はらぺこあおむし」の木製の立体オブジェと、著者のエリック・カールさん直筆のサインがありました。)

「じゃあじゃあびりびり」は保育園で楽しむとして、私が選んだのは、
はじめてのこぐまちゃん」(「たのしいいちにち」「どうぶつ」「じどうしゃ」の3冊セット)。
b0075888_9551997.jpg

「こぐまちゃんえほん」の赤ちゃん版。明るくきれいな色、シンプルで美しい線はそのままです。
丈夫で良質な厚紙を使い、角も丸くしたので、安心して赤ちゃんに与えられます。


既に、こぐまちゃんの絵本(「さよならさんかく」)を持っていて、ポンすけが気に入っているのは分かっていたので、安心して買うことが出来ました。

案の定、うちへ帰って見せると、どの絵本にも手を伸ばしてニコニコ笑っていました。
色々な絵が出ているので、こちらも「自動車ぶーぶーぶー」「ネコちゃんがいるね、ニャーニャー」と話しかけやすいです。

ポンすけが大好きな“しろくまちゃん”が出ていなかったのには、買ってから気がつきました。
[PR]
by monsteracafe | 2007-11-15 23:54 | お気に入り | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7713411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆきち at 2007-11-16 22:29 x
この絵本、私も大好きで、0歳児の担任の時はよく読んでいました^^
単純な言葉で、分かりやすくてかわいいですよね。
ポコすけに買ってあげようと思いながらはや9ヶ月(笑)
シーアのジュンク堂にあるのは知ってるけど中々行けずです。

じゃ、hiroさんとポンすけちゃんに一冊オススメ♪
谷川俊太郎の「もこもこもこ」という絵本はかなりいいですよ。
内容が斬新で大人も「え?」って感じです。有名なので保育園にあるかもしれないけど。。
Commented by monsteracafe at 2007-11-17 07:28
0歳児の赤ちゃん用に絵本を選びに行ったのに、ついつい、
“たくさん動物や食べもののイラストが入っていて、ものの名前も書いてあるから大きくなってもひらがなのいいお勉強になるかも・・・”などと、先々まで使えるかどうかまで考えてしまう、貧乏性な私です(^_^;)

谷川俊太郎さんの「もこもこもこ」という絵本は知りませんでした。
さすが保育士さんですね!本屋さんでチェックしてみます☆
Commented by ひか at 2007-11-18 07:24 x
「もこもこもこ」ウチにありますよん
よかったら貸します!
Commented by monsteracafe at 2007-11-18 22:04
>ひかさん
「もこもこもこ」、ぜひ貸してくださいっ!

絵本、どんなものが気に入るのやら、まだまだよくわからないので、いろんな本を見せて、反応を見てみようと思っています。
Commented by あやあや at 2007-11-18 23:03 x
「じゃあじゃあびりびり」も「こぐまちゃん」も、我が家にあります~
「じゃあじゃあ~」はシリーズもので、ほかにも「みんなでね」「ばいばい」というのがあって、これもお薦めです。まついのりこさんの絵本はいいですよねぇ。

「もこもこもこ」もうちにありますが、まゆきちさんがかかれているように、小さい子の感性にビビッとくるようです。
上の子が1才になる前からこの本を読み聞かせていましたが、すごく反応していたことを思い出します。
Commented by monsteracafe at 2007-11-19 12:50
「じゃあじゃあ~」や、「しろくまちゃんのホットケーキ」などは、書店でも“ベストセラー○○年!”と大々的にPRされていました。

いつの時代も、小さい子の感性にビビッとくる絵本って、変わらないんですねぇ。
Commented by まままや at 2007-11-21 00:45 x
「もこもこもこ」息子がおしゃべりできるようになった頃、
字も読めないのに覚えてしまっていて、すっごく表情豊かに読んでくれた思い出深い本です。
(逆に字が読めるようになると、あの豊かな表現が失われて…)

こぐまちゃんシリーズ、じゃあじゃあびりびりも、教室で生徒さんに絵本を1冊持ってきて、とお願いすると、必ずといっていいくらい入っているので、まさにベストセラーですよね
Commented by monsteracafe at 2007-11-21 09:19
>まままやさん
「もこもこもこ」はそんなに有名な絵本だったんですね。ぜんぜん知らなかったので、どんな絵本なのか楽しみです。
<< 「平成19年度少子化社会白書」... 切り紙が密かなブーム!? >>