久しぶりに、先輩ご夫婦に会う

前に働いていた某市役所で大変お世話になっていた方から、久しぶりにお電話をいただき、仕事帰りに三宮でお食事しながらお会いすることになりました。

以前から、尊敬していた大先輩で、退職してからもこうして気にかけてくださるのがとても嬉しく、喜んで出かけていきました。

前回は二人でお会いしたのですが、今回はご主人も参加してくださって、楽しいひとときを過ごすことができました。

奥様とも、ご主人とも、以前お仕事をご一緒させていただいたことはあったのですが、こうしてご夫婦が揃って一緒にいるところを見るのは初めてで、なんだか不思議な気がしました。

それぞれの現在の仕事の話を中心に、大好きな神戸の話もたくさん伺いました。
お二人のお話から、改めて、今後の自分の働き方を考えるきっかけをもらいました。

 *****

余談になりますが、今日は先月受験した「第1回 神戸学検定」の合格発表の日だったそうで、ご主人も受験されていて、92点という高得点で合格されたそうです。
(さすが現役の職員さんです。)

私はうちへ帰ったらポストに届いているんだろうなぁ、どうだったかなぁ、と思いながら、帰宅しました。
届いていた封筒の厚みを確かめ(合格者には「合格証」が同封されるので少し分厚くなります)、開封しました。
結果は、76点とギリギリ(70点以上で合格)でしたが、なんとか合格できました。

同封されていた資料によると、合格率は41.1%、平均点は65.8点だったそうで、なかなか難しい検定だったようです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-11-22 23:50 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7739818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ナニワ会」、発足!? 今日はお休み >>