久しぶりにフレンチのランチを堪能

神戸・北野にある、お気に入りのフレンチのお店「Recette(ルセット)」に、出産後初めて、お友達と2人でランチをしてきました。

前回はディナーだったので、ランチは初めてです。

いただいたメニューをご紹介します。
b0075888_1818146.jpg

最初に出てきたのは、冷たいパプリカのムース。
パプリカの味がしっかり出ていて、食欲に火がつく感じのおいしさでした。
生うにが載っていて、一緒に食べるとまた美味でした。
b0075888_18181882.jpg

前菜は数種類から選べます。
私もお友達も、蟹とアボガドのムースをチョイス。
一番上にトマト、鱒の卵(イクラよりも粒が小さい)、蟹のほぐし身、真ん中にアボガドや野菜(色々入っていたのですが、分析できないほど複雑でした)、一番下に蟹味噌が重なり合っていて、食べる度に複雑で濃厚な味わいが口の中に広がります。
二人共、今日食べた中でもっとも印象的で美味しいと感じた1品でした。
b0075888_18183590.jpg

追加300円でいただけるスープは、フランス産の栗と、丹波の蕪(かぶら)の2種類。
どちらも泡立てたカプチーノのような、デザートのような感じ。
素材の持つ甘さに加え、栗や蕪を別に煮込んで載せたと思われる飾りも素敵でした。
b0075888_18185039.jpg

忘れてはいけないのが、自家製のパン。
お客様の食べるスピードにあわせて、タイミングよく焼きたてを出してくれます。
バターをつけなくても粉やパン生地自体がおいしくて、気づいたら3個も食べていました。
b0075888_1819451.jpg

メインディッシュは肉か魚か迷いましたが、魚料理にしました。
+800円で、平目のミルフィーユ仕立てを選んだのですが、こちらはちょっと思っていたのと違い(それなりに美味しかったのですがちょっぴり平凡でした)、私的には大好きな鴨料理にすれば良かった、と思いました。
b0075888_18192136.jpg

デザートはこれまた大当たり。
お店の自慢の一品という、苺のクリームブリュレ。
髪の毛のような細さの飴で出来た巣をかぶり、さらに極細のリボンをまとっています。
お皿には薄く雪がつもり、苺のソースの水玉がとてもかわいらしかったです。

ブリュレの上に載ったヨーグルトのソルベは、これだけもう一度食べたいほど美味。
中のブリュレには、煮込んだ苺も入っていました。
b0075888_18211856.jpg

食後はハーブティをセレクト。
和風の鉄瓶でサーブされました。
b0075888_18213374.jpg

一緒に、お茶受けまで出してくれるのがうれしいところ。

これで、3,000円のコースに一部追加して、4,100円(税抜)でした。
久しぶりに美味しいフレンチを堪能できました。

相変わらずお店の接客サービスもすばらしく、今度は雄サンやポンすけと一緒にまた行こうと思いました。


[PR]
by monsteracafe | 2008-01-12 23:11 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7937399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< さらに、チョコレートを堪能・・・ 先月の働くママのランチ会 >>