13年目

今日1月17日、阪神淡路大震災から13年目を迎えました。

今朝はポンすけがいつもより早く起きたこともあり、5:46には雄サンと二人で黙祷をささげました。

ポンすけの保育園では、今日の献立は、おにぎりと豚汁、さんまの缶詰だったそうです。(おやつは乾パンとみかん)
当時、避難場所になっていた小学校などで配られていたことを思い出します。
温かい炊きだしはご馳走のように感じたことでしょう。

私は当時東京で学生をしていて、春休みに入ってから一日だけ雄サンや友人達と小学校でボランティアのお手伝いをしました。
その避難所だった小学校が、ご縁なのか、数年後にポンすけが通うことになる小学校です。
私たちが今住んでいるあたりは、被害がひどく、知人の家などを探して歩き回りました。

 *****

保育園の4歳、5歳クラスは慰霊碑に行って亡くなった方々のご冥福をお祈りしてきたそうです。

子ども達や後世にまで伝えていくこと。
今日は特別に寒かった神戸で、命の大切さ、普段生きていることの幸せや有り難さを改めて考えます。
[PR]
by monsteracafe | 2008-01-17 23:07 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/7951353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 離乳食の7つ道具 こぐま社からのバースデーカード >>