着物でおでかけ ファッション美術館へ

以前ご紹介した、六甲アイランド・ファッション美術館の「大正昭和のおでかけ着物展」に、サークルのお友達と一緒に行ってきました。

もちろん、お着物です!
(着物を着ていくと、入館料が無料になるのです。)

着物は、2006年の秋に着て以来、本当に久しぶりです。

当日になって慌てないように、事前にトルソーに着せて、コーディネイトを考え、前日母にも着付けのポイントを習って、自分で着て行きました。
b0075888_205745.jpg

(シンプルな黒いチェック柄のお着物に、春らしい色の羽織をあわせました。)

天気も良く、いつもよりも暖かくて、着物でおでかけするのにはちょうどいいお天気でした。
お友達も5人全員、着物を着て参加できました。
b0075888_9321473.jpg

(中には、着物を着てきたお子さんもいて、とてもかわいらしかったです。)
 
 *****

ファッション美術館では、着物だけでなく、世界各地の衣装の展示も見ることができました。
着物の展示は、私が好きな銘仙などの、大きな花の柄や幾何学模様などの柄の、色鮮やかな着物が多く展示されていました。
柄の着物に柄の帯を合わせる・・というなかなか難しいコーディネイトがたくさん紹介されていて、参考になりました。

 *****

美術館の中で行われていた1日限定のイベント、「キモノガールズによるポエキャバ」にも行ってみました。
運んできてくれたお茶と一緒に、詩を2つ、朗読してくださいました。

まず最初に、子供たちと一緒だった私たちのグループに選んでくれた詩は、 河井酔茗さんの「ゆずりは」
小学校の頃だったか、教科書に載っていた詩です。

子供の頃、“ゆずりはは 新しい葉ができると 入れ代わって古い葉が落ちてしまうのです。”という部分が衝撃的でした。

出産して子育てをしている今、聞くと、
“おまえたちは何をほしがらないでも すべてのものがおまえたちに譲られるのです。”

“世のおとうさんおかあさんたちは 何一つ持っていかない。
 みんなおまえたちに譲っていくために、いのちあるものよいもの美しいものを
 一生懸命に造っています。”

という部分などに、実感を伴う強い共感を覚えました。
朗読を聴きながら、思わず涙してしまいました。

もう1つ、読んでくださったのは、井上ひさしさんの「なのだソング」
猫の生き方をテーマにした楽しい詩ですが、聞いているうちに、元気が沸いてきました。
絵本から、「11ぴきのねこ」という合唱曲にもなっているようです。聴いてみたいなぁ。)

 *****

もう一つ、欲張って、16時まで開催中の「ごはんのまつり」というイベントにも足を運んでみました。
b0075888_22322.jpg

入り口付近で、炊きたてのごはんをもらい、各ブースに行って、おかずなどをもらう・・という企画。
私たちが行った頃は閉会直前だったこともあり、あまり種類はありませんでしたが、それでも
b0075888_2231660.jpg

海苔や佃煮、カレーを数種類、試食することができました。

いつも朝食はパンの我が家ですが、ポンすけがもう少し色々なものを食べられるようになったら、朝は和食、というのも取り入れていきたいなぁと思っています。

 *****

たった数時間のお出かけでしたが、とても楽しく、いいリフレッシュになりました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-09 23:58 | おでかけ | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/8144816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 神戸ファッション美術館 広報 at 2008-03-10 19:41 x
hiroさまご来館ありがとうございます。
とても充実したブログですね!いろいろと他の記事も見てしまいました。
当館のブログは昨年の9月にはじめたばかりですので、
ブログの先輩として、ちょくちょく拝見させていただきたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by みみママ at 2008-03-10 20:07 x
素敵な御着物ですね♪
ピンクの羽織が、色白のhiroさんにすごく御似合い♪と思いながら写真拝見しました☆
ご飯のイベント、ちょうど広告で見て気になっていました。
展示物やイベントのお話、聞かせてくださいね♪
Commented by buringuru at 2008-03-10 21:11
とっても素敵なお着物のコーディネイトですね♪
ふだんから着慣れていらっしゃるような気がします。わたしなんぞ、冠婚葬祭というか、一番最後に着たのは娘の七五三だったかもしれません(汗)。

そして、詩。ゆずり葉というのは私の母校(小学校)の文集の名前なのです。なのに、この詩は知りませんでした(汗)。詩を書くというのに、案外先人である詩人の方の作品にうといのです。反省。すごくよい詩のようなので、探してみます。こういう詩の朗読会、周りでも活動されている方がいらっしゃいますが、もっとなじみになるといいなぁと思います。素敵ですものね♪
Commented by あやあや at 2008-03-11 00:56 x
短い時間でしたが、充実してましたよね。
そして、さすが、hiroさん。プーペガールの方で事前にお着物を拝見してたので、当日が楽しみでしたが、コーディネートはさすが、という感じでした。
黒の着物や、帯、半襟がすごくシックでオシャレで。。。明るい色の羽織とよく合っていました。
Commented by ハチ at 2008-03-11 09:34 x
着物でおでかけ、素敵です!
私も着付教室、がんばって通っていつか是非。
羽織、もってないです、そのうち手に入れたいと思います。
Commented by monsteracafe at 2008-03-11 12:32
>神戸ファッション美術館 広報ご担当者さま
前回に続き、コメントありがとうございます☆

私は特に銘仙などのアンティーク着物が大好きだったので、楽しく&好みの着物はじっくりと、拝見いたしました。
母も先日、お友達と着物で見てきたそうです。

これからも楽しい展示や企画、楽しみにしています♪
Commented by monsteracafe at 2008-03-11 12:34
>みみママさん
ご飯のイベントは前日、お友達から聞いて初めて知ったのですが、これだけゆっくり楽しんでもよさそうな、面白い企画でした☆
(時々、やってほしいなぁ。)

また、落ち着かれたら、着物でおでかけ、ご一緒しましょうね♪
Commented by monsteracafe at 2008-03-11 12:37
>buringruさん
久しぶりに着たので、襟の抜き加減や襟まわりなど、納得いかない部分もありましたが、着物を楽しんでおでかけできました。

私は着るのもちゃんと習ってないので自己流だし、着慣れている?かは分かりませんが、コーディネイトをあれこれ考えたりするだけでも楽しくって。
普段の気軽なおでかけにじゃんじゃん着てみるのが、現代の若い世代の着物スタイルでは着物に親しむ近道かなぁ、と思います。

詩については、別の記事にしたいくらい、何かを感じました。
こういう自然にすーっと耳に響いて、心に届くような、朗読会のイベント、いいなぁと思いました。
Commented by monsteracafe at 2008-03-11 12:42
>あやあやさん
楽しかったですね♪ 本当はお茶までご一緒したかったんだけど・・・

ありがとうございます(^^♪
初めて着た組み合わせだったのですが、事前に母に見せたら母にも褒めてもらえて、自信を持ちました(笑)

きもののあわせ方は、今回の美術館のような展示や店頭の着方をチェックしたり、何度かご紹介しているきくちいまさんなどの本や、着物関係の雑誌などが参考になると思います。
あれこれ想像するだけでも楽しいですよね(^_-)-☆
Commented by monsteracafe at 2008-03-11 12:43
>ハチさん
ハチさんだったら、娘さんと一緒に母娘で着物を楽しめそうですね。
(うちのポンすけはあと1年くらいは無理かなぁ)

羽織、いくつかあると便利です。(適当な帯結びも隠れるし、暑さ寒さの調節が利くので)
Commented by momo at 2008-03-11 21:49 x
こんばんは。
hiroさん、このお写真は日曜日の2~3時頃ですよね?
ファッション美術館前の大階段を下りたところでこのお着物軍団さんと一緒になりましたよ(~_~)
当日は他にもお着物の方を何人か見かけましたが、着物姿の小さな女の子が印象的だったので、画像見た瞬間「あっ」って思いました。
その中にhiroさんもいらっしゃったんでしょうか?
世間は狭いですね。

私も銘仙やお召し、大好きです。
時代物は何といっても発色や絵柄のタッチが独特で、今では絶対手に入らないですよね。
最近はネットオークションで安く買えるようになったのでとっても有り難いです。
私の場合はお稽古着なのでhiroさんのように大事に着るわけではありませんが…。^^;
Commented by momo at 2008-03-11 21:53 x
2度目です。すみません。
今、気付きましたが、スタバ前あたりも通られませんでしたか?
hiroさんの足袋、見覚えあります!
「こんな柄のがあるんだ~~」と釘付けになっていたのでお顔や着物は全く見る余裕がなかったんですが(笑)
多分間違いないと思います。
いやぁ、驚いた驚いた。
Commented by monsteracafe at 2008-03-12 07:13
>momoさん
赤い着物姿の小さな女の子は、一緒に行ったお友達の娘さんです(^^)
どこへ行っても、「あら、かわいらしい~」と声をかけられていました。

スタバ(&タリーズ)前も、ファッション美術館の大階段前も通りました♪
足袋は白地に黒の牡丹柄でした。
ふふふ、世間は狭いですねー(^^)☆
<< ポンすけ、初めてのお手伝い 電子レンジで作る簡単クレープ >>