「ほっ」と。キャンペーン

「順番」と「交替」を使いこなす1歳児

先日、ビックリすることがありました。

保育園でも、プライベートでも、ポンすけは、同じくらいの年齢の子供たちと、おもちゃの取り合いをすることがよくありますが、たいていはおもちゃを引っ張ったり、時にはお友達と手を出し合ったりすることがあります。

先日、ポンすけが百貨店のおもちゃ売場の見本で遊んでいたところ、ポンすけと同じくらいの男の子が横からおもちゃに手を伸ばしてきました。

“どうするかな?”と見守りながら、もしも手を出したら止めに入らなければ、と見ていたところ、ポンすけはその男の子に「順番!順番!」と言って、手を出すことはありませんでした。

男の子のほうは、意味が分かったのかどうか分かりませんが、ポンすけの気迫に押された様子で、別のおもちゃの方へ移動していきました。

 *****

また、私と遊んでいるときも、欲しいおもちゃがあったりすると、「交替」と言いながら、自分のものと私のものを取り替えっこしています。

保育園や週1回のプールの滑り台などで、“順番待ち”をしたり、“交換”することを覚えたのだと思いますが、小さいのに社会性が身につきつつあるのだなぁと、ちょっぴり感心してしまいました。

これから徐々に、言葉で自分の気持ちを伝えたり、他者とのやりとりができるようになってくれればと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2008-08-18 23:25 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/9322615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひか at 2008-08-19 11:31 x
そうそう、こういうシーンを見ると保育園に入れてよかったなぁと思わされますよね。
私自身が幼稚園育ちだったんで、保育所にネガティブイメージしかなくって、子どもを預けるのに正直抵抗がなかったわけじゃないのですが、でもいざ預けてみたらこういういいこともいっぱいあるんだなぁと思った次第です。
ただ、そのうちに今度は「自己主張」も出てきて「イヤなものはイヤ」っていうふうにもっと人間的に主張をする場面も出てくると思いマス。
Commented by monsteracafe at 2008-08-19 12:06
私も雄サンも幼稚園(私は2年、雄サンは3年だったかな)だったので、私たちの子どもの頃に持っていた保育園に行くイメージと、今の保育園の実際がずい分違うなぁと思いました。

イヤイヤ病も少し前から始まっていて(苦笑)、以前は私たちだけに
「いーやーや~」と変なアクセントで言っていたのが、最近は保育園のお友達や先生にも「いやや、いやや」と言っているそうです ^_^;

彼女は我が家で一番の頑固モノなので、ダメなときに説得するのに骨が折れます・・・
(>_<)
新しい別のものに釣られてすぐに気が変わる母親とは大違いです。
Commented by alteasakurahanabi at 2008-08-19 22:33
こんばんは~。
すごいな~もう交代とか、交換とかを覚えるなんて、
子供ってすごいですね。
それだけ純粋で素直っていうか、すべてがゼロからのスタート
なんだなぁと思いました。うまくいえないんですけど、
大人みたいにヘンな価値観とかプライドがないって、素敵だな。
子供の頃の気持ちに戻れることが出来たらいいのにな、って
思いました。
Commented by monsteracafe at 2008-08-20 12:12
>alteaさん
最近は、私が話したことを繰り返して喋ったり、以前体験したことを「○○したね~」と話してくれたりします。
それに、ほぼ毎日繰り返しやっていること(例えば、私がお風呂あがりにローションを塗るとか)も、自分から「今日はやらないの?」といった顔をして、持ってきてくれたりします。

見たまま、聞いたまま、感じたままを言葉にしているような感じで、見ていて本当にすごいなぁと思います。
また、一方で、習慣は恐ろしい、普段の自分の行動に気をつけなくては、とも思います。
<< ほんの少し、一人の時間を愉しむ。 ポンすけの歌 >>