2008年 08月 18日 ( 1 )

「順番」と「交替」を使いこなす1歳児

先日、ビックリすることがありました。

保育園でも、プライベートでも、ポンすけは、同じくらいの年齢の子供たちと、おもちゃの取り合いをすることがよくありますが、たいていはおもちゃを引っ張ったり、時にはお友達と手を出し合ったりすることがあります。

先日、ポンすけが百貨店のおもちゃ売場の見本で遊んでいたところ、ポンすけと同じくらいの男の子が横からおもちゃに手を伸ばしてきました。

“どうするかな?”と見守りながら、もしも手を出したら止めに入らなければ、と見ていたところ、ポンすけはその男の子に「順番!順番!」と言って、手を出すことはありませんでした。

男の子のほうは、意味が分かったのかどうか分かりませんが、ポンすけの気迫に押された様子で、別のおもちゃの方へ移動していきました。

 *****

また、私と遊んでいるときも、欲しいおもちゃがあったりすると、「交替」と言いながら、自分のものと私のものを取り替えっこしています。

保育園や週1回のプールの滑り台などで、“順番待ち”をしたり、“交換”することを覚えたのだと思いますが、小さいのに社会性が身につきつつあるのだなぁと、ちょっぴり感心してしまいました。

これから徐々に、言葉で自分の気持ちを伝えたり、他者とのやりとりができるようになってくれればと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2008-08-18 23:25 | 家族 | Trackback | Comments(4)