「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:きょうの料理( 744 )

「ナマステガネーシャマハル」@ハーバーランド

先日、神戸ハーバーランドにお出かけした際、お昼をプロメナ神戸の地下1階フードコートで食べました。

私と長女は、「ナマステガネーシャマハル」(神戸ハーバーランド店)の「ナンカレーセット」(650円)にしました。

カレーの種類は、日替わりカレー(この日はマッシュルームとジャガイモでした。)、バターチキン、ベジタブルカレー、チキンカレー、キーマカレー、ほうれん草キーマカレーから選べます。

辛さも、甘口、普通、中辛、辛口、激辛から選べるので、長女も一緒に食べられるよう、バターチキン(写真奥)とほうれん草キーマカレー(写真手前)のどちらも甘口にしました。
b0075888_1152381.jpg
とても大きなナンは、注文してから店内にある専門の窯で焼いていました。

注文後、それほど待つこともなく、お料理が出てきました。
(注文番号が伝えられ、お店まで取りに行くシステムです。)

ほうれん草キーマカレーには、ひき肉もたっぷり入っていて、バターチキンには大きな鶏肉がゴロゴロ入っていました。
どちらもとても美味しかったのですが、私と長女はトマト系の酸味と、甘さ、クリーミーで濃厚なバターチキンカレーが気に入りました。

この立地でお店に申し訳ないほどのコストパフォーマンスの良さで、今後も利用したいと思いました。

2016年6月24日にオープンした、インド・ネパール料理店だそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2016-10-04 06:10 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

じゃがいも餅

学生時代に北海道旅行をした時に、札幌の大通公園の屋台で食べた、懐かしい味、
「じゃがいも餅」を作ってみました。
b0075888_11245531.jpg
作り方は簡単。

じゃがいも(中・2~3個)はカットして、電子レンジにかけ、火を通します。
熱いうちにマッシャーでつぶし、少し冷まします。
人肌程度に温まったら、かたくり粉大さじ3程度を加えて、手で混ぜます。
(熱すぎると、かたくり粉が固まってしまうため。冷めてしまってまとまりにくい場合は、ぬるま湯少量を足す。)

8~10等分程度に分け、丸める。
フライパンで表面に焦げ色がつき、もっちり感が出てくるまで両面を焼く。

私はオリーブオイルやバターで焼いて、塩でシンプルに食べたり、砂糖醤油などの甘辛いタレ(シマヤさんの「焼きもち醤油たれ」が便利でオススメ)をかけて食べるのが好きです。

子どものおやつにもいいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-10-03 06:10 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

「アリオリオ」@岡本のお料理教室

岡本の「アリオリオ」さんで開催された、「大人のお料理教室」にお友達と一緒に参加しました。(要事前予約)

参加者は店内の椅子に座り、オーナーシェフの松田さんが実際にお店のキッチンで調理するところを、ライブカメラで見学したり、直接お話を聞いたりして、家庭でも作れる美味しいパスタのつくり方のコツを学びます。
(松田さんが作ったお料理は、実際に食べることができます♪)

 *****

1品目は、冷製カポナータ。
シチリアの伝統料理のカポナータをアレンジして、煮込まずにサラダや前菜感覚でいただけるメニューです。

地元・神戸産のお野菜―水茄子(塩とレモンで下ごしらえをする)を使い、ミニトマト、パプリカ(さっと湯通しする)などのお野菜と、モッツァレラチーズ、松の実、バジルの葉などをあわせ、オリーブオイルと塩だけで仕上げた一品でした。
b0075888_11214874.jpg
最後の仕上げにかけているのは、オーナーシェフの松田さんに教えてもらった、
キユーピー スタイリングソース アチェートバルサミコ 280ml」。

水茄子などの野菜から出る水分と、オリーブオイルなどが混ざり合い、ちょうどいい調味液のようになっていました。

まだまだ蒸し暑さが続くこの季節にピッタリの、サッパリとした一品でした。

 *****

メインは、秋らしく、神戸産のサツマイモを使った、簡単カルボナーラ。

自宅でカルボナーラ、なかなか挑戦しづらいイメージがあるのですが、松田流のレシピなら、簡単。

材料は、1人前で、パスタ:生クリーム:卵黄:粉チーズを、100g:30cc:2個:大さじ1の割合で準備します。
テフロン加工のフライパンで、4人分くらいまでなら一度に作れるそう。
b0075888_11215590.jpg
サツマイモは拍子木切りにして、少し固めに塩ゆでしておきます。
ベーコンもサツマイモと同じような大きさになるように切り、フライパンで炒め、フライパンごと冷ましておきます。(←ここが重要。フライパンが熱いと、卵黄が固まってボロボロになってしまい、うまくソース状にならないそうです。)

パスタを茹でている間に、冷めたフライパンに生クリーム・卵黄・粉チーズを投入し、軽く煮詰めて火を止めにします。
最後に、火を止めたまま、茹であがったパスタを加え、余熱を利用してさっと混ぜるとどんどんソース状になっていきます。

カルボナーラのポイントは、なんといっても、火加減だそう。
時間がかかってもいいので、焦らず、火を入れ過ぎないようにすることが、美味しいソースを作るコツのようです。
(お土産に、自宅で作れるよう、お店で使っているのと同じ粉チーズをいただいてきました。)
b0075888_1122341.jpg
濃厚で美味しいカルボナーラを食べながら、松田さんのお話を聞きました。

パスタを茹でる時には、海水くらいの濃度の塩加減にすることも、美味しくパスタを仕上げるコツだそう。

他にも、自宅で作る「ペペロンチーニ」のコツも聞いてきたので、別の機会にご紹介したいと思います。

▼松田さんがオススメする、家庭で使いやすい調味料です。


▲キユーピー スタイリングソース アチェートバルサミコ(280ml)
バルサミコ酢を煮詰めて作ったソースの味。
仕上げに使うだけでなく、ガーリックトーストにスライストマト、バジルの葉をのせ、最後にバルサミコをかけるだけでオシャレなブルスケッタが完成するそう♪


▲GABAN ブラックペパー ミル付き
カルボナーラの語源である「炭焼き職人」の炭のような、粗挽きのこしょうになるので、使いやすくてオススメだそうです。

どちらも即、購入しました‼
[PR]
by monsteracafe | 2016-09-24 16:18 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

こんにゃくのパスタ(ペペロンチーノ味)

店頭で目に留まり、試しに買って、食べてみました。

こんにゃくパスタ ペペロンチーノ 低糖質 こんにゃく麺」は、添付のこんにゃく麺を水洗いし、フライパンで炒めた後、付属のソースをからめるだけで、ペペロンチーノができます。
b0075888_1491579.jpg
にんにくチップをトッピングして。

Amazonのレビューにいくつか書かれていた通り、量はかなり少な目だと思いますが、1皿あたり約33kcaと、普通のパスタの1/10以下のカロリーだそうで、1食置き換えダイエットにピッタリだと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-09-22 06:00 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

お魚もお肉も美味しい、「ふるさと家族」@萩

宿の方に教えてもらい、旅行2日目の夕飯は、「ふるさと家族」さんでいただきました。
地元の方もよく利用する人気店のようで、お盆ということもあって予約でいっぱいでした。
17時半の開店にあわせて行ったので、子連れということもあり、予約のお客さんが来る前に通してもらえてラッキーでした。

私は海鮮丼を、子ども達は、鉄板で出てくる「チャーシュー焼きそば」と焼肉定食を食べました。
b0075888_9232988.jpg
海鮮丼はお刺身3種類に、萩らしく夏みかんが添えられていて、甘めのお醤油に卵をまぜたタレをかけていただきます。
ご飯の量もちょうどよく、お刺身がとても美味しかったです。
b0075888_9233893.jpg
子ども達の焼きそばには、チャーシューがたっぷり入っていました。
ソースがメインの味付けではなく、こちらも甘めのお醤油(お店で聞いたところ、「ヤマタ醤油」を使っているそうです。)を使っているのかな?と思いました。

メニューが豊富で、定食屋さんとしても飲み屋としても使え、子どもからシニアまで楽しめる素敵なお店でした。
[PR]
by monsteracafe | 2016-08-12 19:19 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

「ベルキューブ」を使ってフレンチBBQ

ベルジャポンさんから、チーズの本場フランス直輸入の「ベルキューブ」をいただきました。

ベルキューブ」は、チェダーチーズやゴーダチーズといった、広く親しまれているチーズに野菜や香辛料を練り込んだ、本格的な味わいのチーズキューブです。
b0075888_850525.jpg
私がいただいた、「ベルキューブ 赤ワインセレクト」は、軽やかな味わいから深い味わいまで、赤ワインにぴったりの3種のフレーバー、グリーンペッパー・ハム風味・プロヴァンス風味トマトの3種類×各8キューブ、合計24キューブ(125g)が入っています。

「ベルキューブ 白ワインセレクト」には、すっきりした辛口からなめらかな旨みのあるタイプまで、白ワインの個性をおいしく引き立てる、スモークサーモン風味・香ばしいチーズ風味・チェダーチーズ入りの各8キューブ、合計24キューブ(125g)が入っています。

ちなみに、シンプルでお料理にも使いやすく、子どもも食べやすい「ベルキューブ プレーン」や、「ビールセレクト」(ハム&ハーブ風味・スモークチーズ風味・オニオンチップ入りの3種類)もあるそうです。

 *****

今回、ベルジャポンさんからご提案いただいたのは、「ベルキューブ」を使った、「フレンチBBQ」。

フレンチBBQって?”と思った方、私も初めて知りました。

フランスでは、アメリカとはまた違った形で日常的にBBQが楽しまれているそうなんです。

―特徴 その1 「遠出をしない。」
河原やキャンプ場などまで出かけることなく、自宅の庭・ベランダや、近所の公園で楽しむ。

―特徴 その2 「アペタイザーを楽しむ。」
お肉やお野菜が焼ける前に、用意したアペタイザー(前菜)で彩りや味を楽しむ。

―特徴 その3 「ワインでくつろぐ。」
ビールではなくワインをお伴に、長時間ゆったりと過ごす。

こんな本場フランス式のBBQを踏襲しつつ、フォトジェニックな要素を加えた新しいBBQスタイルで、今夏、日本でも流行が予想されているんですって。

 *****

子ども達が大きくなってきた我が家でも、最近はアウトドアのBBQやキャンプを楽しんでいますが、もっと気軽に普段から外で食事を楽しむスタイルを取り入れたいと思っていました。

ちょうど夫の誕生日も近いことから、自宅のベランダに椅子やテーブルを出して、フレンチBBQにチャレンジしてみました。

お料理は、「ベルキューブ」のホームページのレシピを参考に、
ベルキューブとプチトマトのファルシベルキューブの冷製ピンチョス(写真手前)、
ベルキューブと枝豆のミニ春巻(写真右奥)は子ども達にも手伝ってもらって作りました。

最初からコロコロサイズになっている「ベルキューブ」を使うことで、子どもでもお料理が得意でない方も、簡単におしゃれな前菜が作れるなぁ、と思いました。
b0075888_851667.jpg
ベルキューブとミックスビーンズのサラダ(写真左奥)は作り置きしておき、サッと鱈のムニエル(写真中央)を作りました。
b0075888_8524796.jpg
飲み物は、子ども達はキャラメルアイスラテ、大人は白ワインとフレッシュオレンジを使った自家製サングリアで。

ベランダで食べるだけで、いつもと違った”非日常感”の雰囲気を楽しめて、家族の会話が弾み、子ども達の食も進みました。

ドリンクや食べ物の追加も、キッチンに直結したベランダなので、私も移動しやすく、家族みんなで準備すれば、思っていたよりも簡単にフレンチBBQを楽しむことができました。

家族みんなが大満足で、「またやりたい!」と言っていました。
この夏、我が家ではこれからも休日にフレンチBBQの機会が増えそうです。

※ベルジャポンさんからベルキューブをいただきました。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-24 22:56 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

「焼肉バルひょうたん」@JR兵庫駅

レビューブログからのご招待で、JR兵庫駅から三宮方面に徒歩3分!という便利な立地にあるお店、
焼肉バルひょうたん」に母と2人で行ってきました。

この日は午後から雨が降ったり止んだり…というお天気だったのですが、駅から近いのが有難かったです。

明日7月15日(金)から、店舗業態を「焼肉店」から「焼肉バル」に変更し、店名も「焼肉ひょうたん」から「焼肉バルひょうたん」に変わるそうです。
b0075888_635488.jpg
赤を基調にしたお店の外観や、ガラスに書かれた白い文字がオシャレ。
b0075888_635587.jpg
店内の雰囲気はウッドテイストになっていて、落ち着いた空間になっています。

天上が高く、レンガの壁とオーナーこだわりだという銀色の空調、丸い照明が印象的でした。

 *****

「焼肉メニュー」と「バル※メニュー」の2本立てになり、
焼肉が食べたい人は焼肉メニュー、
b0075888_917274.jpg
お酒や食事を楽しみたい人はバルメニュー
b0075888_9171865.jpg
を選べるので、その日の気分でお店を利用することができるのが特徴。

※バル(Bar)とは、食堂とバーが一緒になったような飲食店を指し、スペインやイタリアなどの南ヨーロッパにおいては酒場・居酒屋・軽食喫茶店のような形態。また、バルでは、コーヒー類を飲んだり、「地域のコミュニケーションの場所」としても使用されており、コーヒー、ビール、ワインなどのドリンク類やタパスやピンチョスといったおつまみを提供しています。

ビール、チューハイ、ジントニック、ハイボール、カクテル、焼酎、日本酒、ソフトドリンク・・・と広いジャンルを網羅した、豊富なドリンクメニューの中から、
b0075888_95539.jpg
母は生ビール、私はオレンジサングリアをセレクト。
b0075888_6361544.jpg
サングリアには生のオレンジがたくさん入っていて、とても飲みやすくて美味しかったです。
b0075888_992851.jpg
1,500円で赤、白、シャンパンのワイン飲み放題も可能です。(時間制限あり)

 *****

最初にいただいたのが、見た目も美しい、前菜の盛り合わせ。
b0075888_636268.jpg
マグロとアボガドのタルタル、スペインオムレツ、卵と玉ねぎが入ったポテトサラダ、チーズ、ピクルス、ブルスケッタ、生春巻きなど8種類の味が楽しめました。

続いていただいた、「サーロイン120g(ミニサラダ・ポテトつき)/980円」の見た目とお値段にビックリしました。
b0075888_6363541.jpg
お肉はとても柔らかく、赤ワインと玉ねぎを煮詰めて作っているというソースとの相性もバッチリ。
ボリュームもあり、女性2人でシェアしていただくには十分すぎる食べ応え&満足感でした。
(サラダのサッパリ感と、ポテトサラダの濃厚でクリーミーな感じも大好きです。)

 *****

折角なので、焼き肉のほうも食べてみることに。
b0075888_6364443.jpg
各テーブルの上には強力な空調設備が完備されていて、その下で卓上の七輪で炭火焼で焼き肉を楽しむスタイルです。
b0075888_6365132.jpg
「赤身6種&ホルモン6種盛/1,480円」をいただきました。
b0075888_637429.jpg
煙が出にくく、好みの焼き加減で、取り分けながらいただきました。
b0075888_6371325.jpg
タレ2種類とレモン、塩、黒こしょう、白こしょう、ニンニク、ヤンニョン(辛め)など、好みの食べ方で。
b0075888_637213.jpg

どのお肉も柔らかく、下味がついているお肉はそのままでもとても美味しいかったです。

特に、母と私が感動したのは、レバー。
レバーを食べて、甘みを感じたのは初めてでした。

実はホルモンが苦手な私でしたが、こちらのお店のホルモンはどれも柔らかくてそれぞれの味わいがあり、初めてホルモンを美味しいと思いました。
b0075888_6374540.jpg
ガーリックライスはもっちりとした食感でピラフのような感じ。
他にも、和牛あぶり寿司(3ケ)、クッパ、ローストビーフ丼などのご飯ものが色々ありますが、オススメです。

 *****

食後にアイスクリームなどのメニューもありましたが、
b0075888_9381049.jpg
メニューにはない、フルーツの盛り合わせを出してくれました。
b0075888_6373168.jpg
焼肉屋さんで食後にアイスやシャーベット、というのはよく見かけますが、旬のフルーツは口の中がサッパリして、女性や母世代にも嬉しいメニューでした。

 *****

私の父や義父もそうですが、いくつになってもお肉が好きな人は多いと思います。
また、少人数で美味しいお肉を食べたい時、子連れで食べに行きたい時など、こちらのお店のスタイルなら、たくさんの種類を少量ずつ、楽しむこともできます。
b0075888_636527.jpg
ボックス席もあるので、仕事帰りのほか、ファミリーでも利用しやすいと思います。

次回は夫や父、子ども達なども一緒に是非3世代で来店したいと思います。

ごちそうさまでした♪♪

[PR]
by monsteracafe | 2016-07-14 23:47 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

「Ailand Cafe & Bar」の1日5食限定のランチ

先日、甲南本通り商店街の中にあるお店、「Ailand Cafe & Bar 甲南店」の1日5食限定のランチを食べてきました。
(10食限定?だったかもしれません。うろ覚えですみません。)

食材はすべて淡路島、甲南商店街で仕入れたもの、というこだわりのお料理。
b0075888_12145245.jpg
前菜5種は、しらすがのったグリーンサラダ、スモークサーモン、イノブタの生ハムなど。
b0075888_1215652.jpg
「甲南ミートパイ」は、パイとパンのあいのこのような生地で、少し甘みが感じられるミートソースをサンドしたもの。
本日のメインはラムのロースト。
赤身の部分はやわらかく、羊独特のクセも感じられず、とても美味しかったです。
b0075888_12153077.jpg
淡路島カレーorパスタが選べるのですが、私は生パスタのペペロンチーノがお気に入り。
モチモチの麺に、にんにくが効いたオイリーなソースがよくマッチしています。
(でも、パスタの写真を撮り忘れてしまいました。)
b0075888_12154517.jpg
ドルチェとドリンクまでついて、1,580円(税抜き)です。
ゆっくりランチを楽しみたい時にピッタリです。

単品の淡路島カレー(580円)や生パスタランチ(880円)、日替わりランチ(880円)もオススメです。

店内はテーブル席とカウンター席があり、グループでもお1人様でも利用しやすい雰囲気です。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-09 07:46 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

ミニサイズのアメリカンドッグ

こちらも、先日の持ち寄り料理で作ったメニューです。
b0075888_11115687.jpg
つくり方はとっても簡単。

牛乳で溶いたホットケーキミックスに、小さく切った魚肉ソーセージを落とし、スプーンで160度に熱した油の中に落としながら、キツネ色になるまで揚げるだけ。

食べやすいよう、つま楊枝は後から挿しました。

子ども達にはケチャップを、大人用にはマスタードを添えて。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-06 06:11 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

「アマーヴェル」@三宮のビアホールに行ってきました。

レビューブログからのご招待で、友人と一緒に「アマーヴェル」で開催中のビアホールに行ってきました。

アマーヴェル」は、三宮駅南口から徒歩5分という便利な場所にあります。
今日は夕方から急に雨が降ってきたのですが、ミント神戸の2階デッキや地下道を使えば、ほとんど駅から濡れずにお店に行くことができました。
b0075888_974377.jpg
お店は天井が高く、1階フロアには200インチの大型スクリーンがあり、着席で100名以上のキャパがある、神戸でも最大級のお店です。

当日予約でもOKなくらいの広さで、お天気に関係なく、ビアホール(期間限定で開催中)や食事を楽しめます。

7月1日~9月30日まで、ビアホールを開催中(17:30~21:30(LO))。
b0075888_911345.jpg
ビュッフェスタイルで、3種類の時間帯(90分/3,500円 120分/4,000円 150分/4,500円)を選べます。
b0075888_99618.jpg
ドリンクは、ビールやワインを中心に、60種類以上の飲み物が飲み放題。
セルフで作るビアサーバーや、カクテルも楽しめました。
b0075888_9131114.jpg
フード、スイーツは全17種類が食べ放題。
今日はパエリアやクスクス、パスタ、タパスのようなおつまみ系が充実していました。
b0075888_9145793.jpg
私は「さっぱりした柑橘系のカクテル」をオーダーして、作ってもらいました!
b0075888_9142530.jpg
ビュッフェのメニューのほかに、好きなタイミングで、シェフ自慢のローストビーフが一人一皿ついてきます。
b0075888_9163636.jpg
お肉が柔らかくて、サラダと一緒に食べるととても美味しかったです。
b0075888_9171035.jpg
店内にある生ハムは、
b0075888_9171833.jpg
18:30/19:30/20:30に、切りたての生ハムが提供されます。
こちらも柔らかくて、程よい塩気でお酒が進みました!
b0075888_9194723.jpg
女子には嬉しいスイーツもバッチリ。
この日は、杏仁豆腐、ココナッツミルクプリン、ケーキなどがありました。

1階(禁煙席)と2階(喫煙席)がある広いお店で、トイレも綺麗で、週末は結婚式の2次会などでよく利用されているようです。
職場の歓送迎会、女子会、平日の仕事帰りにふらっと立ち寄るお店としても使えると思います。

ご馳走様でした☆”



[PR]
by monsteracafe | 2016-07-04 23:40 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)