「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

手作りヨーグルト

うちはヨーグルトは時々買いますが、たいていは手作りしています。

とはいえ、あまり管理に手間がかかるのは難しいので、牛乳パック一本でその都度作る、「ケフィア」菌を使っています。

つくりかたは非常に簡単で、牛乳パックの口を少し開けて、「ケフィア」1袋を入れ、ラップとクリップで封をして、上下左右に軽く振って混ぜあわせます。

そのまま室温で冬場は2日ほど、夏場なら1日で出来上がりです。
冷蔵庫で保存して、数日で食べきるようにします。
市販のヨーグルトよりもサラッとした感じです。

「ケフィア」菌は通信販売などでも入手できますが、私は「ベターホーム」(料理教室)で買っています。
年に何回かセールになるので、その時に2、3箱まとめ買いをします。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-28 21:51 | きょうの料理 | Trackback(1) | Comments(2)

消しゴムはんこ

夜、ちょっとした空き時間が出来たりします。

中林ういさんの本、「journey」を参考に、消しゴムではんこを作ってみました。
消しゴムを彫刻刀で削っていくのが楽しくて、思わず3つも作ってしまいました。
b0075888_2157394.jpg

JET機、お猪口と徳利、下駄です。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-27 23:58 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

IHクッキングヒーターで作った唐揚げ

うちはオール電化のマンションなので、台所も当然のようにIHです。

料理が好きな私は本当はガスが良かったのですが、選べるはずもなく・・・
関西電力のショールームでIHを使った料理体験などにも参加して、「やっぱりガスとは違うよなぁ」と思いながら、そこだけはあきらめて入居しました。

今夜はIHで揚げ物に初挑戦、ということで、鶏の唐揚げを作りました。
鶏は朝のうちに醤油とお酒に漬け込んでおきます。
水気をふき取り、片栗粉をまぶして揚げました。

専用の鍋を使えば、油の温度設定はおまかせ!なのは楽チンです。
b0075888_17402568.jpg

神戸酒心館」で買った食前酒、「米米酒」と一緒に。
あまり飲めない私達は、ボトル1本で十分楽しめます。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-26 22:05 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

コストコ、初体験

うちのポストに「一日招待券」が入っていたので、一度足を踏み入れて見たかった、「コストコ・ホールセール尼崎店」に行ってきました。

話には聞いてはいましたが、本当に何もかもが巨大、大量。
市販されているサイズよりも1周り大きいか、セットされている数が多いのです。

かなり厳選してカートに入れたのですが、合計は8千円弱。
1点1点が千円単位なので、ちょっとカートに入れただけでも、合計の値は張ってしまうのです。

30枚入ったスヌーピーが食べてそうな大きなクッキー、2種類・12個も入ったベーグル、3箱で30枚もあるシンプルな冷凍ワッフルは美味しかったのですが、18ロール入りの再生紙トイレットペーパーはゴワゴワしているし、COOP製品の方が安いくらいでした。
b0075888_14295864.jpg

「見た目に惑わされず、いかに選ぶか?」がポイントのようです。
それから、みんなでシェアすること!
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-25 18:31 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)

ブレーカーと安心なコンセント器具(節電タップ)

夕飯の用意をしていて、電子レンジとトースターを一緒に使ったら、ブレーカーが飛んでしまいました。

どうすれば復旧するのかよく分からず、帰宅した雄サンに聞いてみると、タコ足コンセント器具(節電タップ)についている小さなボタンを押せば良い、とのこと。
b0075888_10291127.jpg

ブレーカーが落ちやすい台所では、この器具を使うことで、ブレーカーが飛んでも被害はその部分だけで済むそうです。
そんな工夫がされていたなんて、気づきませんでした。
雄サン、恐るべし!!

どおりで部屋の電気はちゃんと点いていたわけです。

b0075888_10245815.gif
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-24 20:40 | らくらく家事 | Trackback | Comments(0)

こだわりのリビング  「ひざかけ毛布」

こたつ好きの雄サンに「新居では炬燵はナシ!」と約束したものの、やはり冬は寒いです。
リビングに置いてあっても合うもの・・と探していたところ、素敵なデザインの毛布を発見。

「KRIPPEN(クリッパン)」のブランケットです。
私達の大好きなトナカイ柄。
色は落ち着いたグレーにしましたが、裏は白でリバーシブルになっています。
ウールでかなり暖かいです。

最近よく利用しているネットショップ、「angers(アンジェ)」で買いました。
注文すると、1~3日後には届くので、あまりの仕事の速さにビックリします。
b0075888_215441.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2006-02-23 00:11 | わがや | Trackback | Comments(1)

こだわりのリビング 「照明」

リビングでは、「照明」にもこだわりました。

蛍光灯だと、全然ホッとできず、仕事の疲れが取れません。
夜は暖かい光で寛いで、自然に眠たくなるような感じが理想でした。

ダイニングには、「ルイス・ポールセン」の「PH5 PLUS」、
b0075888_10573515.jpg

リビングには「レ・クリント」の「171B」を取り付けました。
b0075888_10574648.jpg

「ルイス・ポールセン」の照明は複雑な光、「レ・クリント」の方はぼんやりした光で、天井に花が咲いたように映ります。
どちらも北欧の製品です。

どちらも雄サンが実物を見て、どんな光かを確かめてから買いたい、ということで、12月から1月にかけて、休日はインテリアショップを探し回っていました。
ACTUS(アクタス)」で見つけたときには、ホッとしました。
最近はカフェなどでも使われているのをよく見ます。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-22 23:02 | わがや | Trackback | Comments(0)

こだわりのリビング  「ラグマット」

恥ずかしながら、前の家にはリビングがありませんでした(!)。
日当たりの良い、南向きの部屋には、どーんと大きなベッドがあり、周囲にオーディオやテレビ、クラビノーバ、PCなどをなんとか置いていました。
二人だけなのでベッドがソファも兼ねていましたね。

新居で一番力を入れているリビングは、平日の朝晩、休日と、一番過ごす時間が多い場所。
そこでのんびり過ごすことが心地よくて、幸せ、な空間にしたい。

とはいえ、そんなに広くはないので、二人分の小さなダイニングセット(前の家で使っていたもの。「ACTUS」で購入。)のほかは、大きなラグマットを敷いて座るスタイルにしました。
b0075888_14443824.jpg

まずは新聞紙を敷いて、必要なサイズを割り出します。
それから、数社からカタログや見本を送ってもらい、素材(紙!などもあります)を検討。

選んだラグマットはイギリスのメーカーで、ウール100%のもの(サウスポート)。
洗えるそうです。
ネットで見つけて、「IDC大塚家具」で実物を確かめて購入しました。

手触りといい、色合いといい、気に入っています。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-21 22:33 | わがや | Trackback | Comments(0)

映画 「博士の愛した数式」

仕事帰りに映画を観てきました。
小川洋子さん原作の「博士の愛した数式」。

細かい部分の設定は原作と映画では違っていましたが、博士と家政婦、その息子“ルート”のやりとりが丁寧に描かれていました。

博士が長い長い一日を過ごす離れ、家政婦が2人のために用意する晩御飯を作る台所、散歩に出た川べりの道など、映像も美しかったです。

むかしから数学は苦手でしたが、大人になった“ルート”の授業なら、ぜひ受けてみたいと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-20 23:57 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

すきやき風 (「GIOプロダクト」のお鍋)

昼間は義母が新居に遊びに来ました。
お昼は買ってきたお寿司を盛り合わせてお出ししました。

夕飯は残ったお寿司と、すきやき風のお鍋です。
b0075888_14132848.jpg

具材は、牛肉、玉葱、白菜、木綿豆腐、麩、こんにゃく。
IHにも向く、「GIOプロダクト」の蒸し器つき両手鍋の鍋部分を使いました。

引越を機に、鍋類を買い替えました。
うちの鍋類は、「GIOプロダクト」の両手鍋、片手鍋、フライパン、「柳宗理」のミニフライパン・ミルクパン、「ル・クルーゼ」の楕円型のお鍋、「シャトルシェフ」の寸胴鍋、IH用の揚げ物鍋(IH調理機の付属品)の8つです。

ガスレンジの頃は、土鍋でご飯を炊いていたのですが、今の台所では使えなくなってしまったのが残念です。
[PR]
by monsteracafe | 2006-02-19 20:37 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)