「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

着物のコレクション

来月、お友達と一緒に着物を着ておでかけ(岡本の「一日」さんのお食事会)することになり、手持ちの着物を整理がてらチェックしてみました。
どれを着ようかなぁ、と思いつつ、やっぱり一番最近買った着物を着てみたくなりました。
b0075888_16553767.jpg

ついでに、このブログを始める前に着た、お着物&おでかけをご紹介したいと思います。
b0075888_22461010.jpg

着物にハマってすぐの頃(2002年頃?)に着た着物です。
見るからに“アンティーク”な着物です。
半襟をレースにしたところがポイントでした。
京都で知人のアンティーク着物の展示会に行って、帰りに蹴上周辺(南禅寺、疎水、インクラインなど)を散策、都ホテルでアフタヌーンティー、というコースでした。
こちらのティールームのケーキは、見た目がとても美しくて(日本らしいデザインや素材を使っているケーキ。)、美味しかったです。
b0075888_1724747.jpg

こちらも「きものマイブーム」の初期に買ったもの。
夏のお着物にも見えますが、ペーズリー模様の入った浴衣です。
帯合わせを工夫すれば着物風にも着られます。
b0075888_2251191.jpg

西宮の大谷記念美術館の「中原淳一」展を見に行ったとき(2003年冬)のお着物。
帰りに阪神西宮駅前の「エビスヤ」さんで食べた、えびす焼き(黒餡/白餡の2種類)が美味しかったです。
着物を脱ぐのが勿体なくて、着物を着たまま、夜は「白鹿クラシックス」で雄サンと晩御飯をいただきました。
こちらの冬の「豆乳酒粕鍋」がオススメです。
b0075888_1657995.jpg

友人と初詣を兼ねて三宮に出て、「ホテルピエナ」の「菓子sパトリー」のデザートバイキングへ行ったときのお着物。
母からもらった、紺の水玉柄、ウールのアンサンブルです。
b0075888_22493522.jpg

母と京都の「着物の日」(10月、3月)に行ったときのお着物。
この日は、「京都きものパスポート」を持参して、着物を着ていけば地下鉄や京都の施設入場料が無料になるので、北山の陶板美術館府立植物園、お庭の素敵な無燐庵、二条城などに行きました。
ホームページによると、今年も10月1日から12月25日まで、「京都きものパスポート」の特典が受けられるようです。
「きもので楽しむ 日本の伝統」という、着物を着ていけば無料で茂山千五郎家一門の狂言が見られるイベントにも参加しました。
北山の「マールブランシュ」のケーキ、「いづう」の鯖寿司が美味しかったです。
b0075888_1658042.jpg

野村萬歳さんの浴衣を着て狂言を楽しもう、というライブも良かったです。
舞台の脇には電光掲示板が設置されていて、上演中のせりふを解説する、という斬新な試みもされていました。
b0075888_16583588.jpg

昨年の夏、毎年恒例の西宮ヨットハーバーでの「花火鑑賞&大学の同窓会」に着て行った絽のお着物。
着物の篭目の柄と、帯の柄をひそかに合わせています。
着付けのお免状を持つ母に、着付けをしてもらって、自分で車を運転して行きました。
運転用にスニーカーを車に積んでさえいれば大丈夫でした。

ほかにも買ったもののまだ着ていないお着物もあります。
どこへ、どんなイベントで着ていくか?が私にとっては重要。
頑張って着物を着よう!という、動機づけになっています。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-30 23:53 | Beauty | Trackback | Comments(13)

あと100日!!

今日、1週間遅れの、7ヶ月の健診に行ってきました。
(健診は、毎回、土曜日に雄サンと2人で行きます。)

おなかのちびさん(女の子で確定!)は800gになっていました。

最近は、健診に行くたびに、頭の大きさ、おなかの断面積、足の長さなどを概算で出して、「平均くらい」「少し小さめ」「少し大きめ」と、先生が診断してくれます。

前回、「足が長い」と言われた(!)うちの子は、今回は「足が短い」という診断に・・・。
コロコロ変わるようなので、まったくアテになりません。
そのへんは、実際に生まれてからのお楽しみ、ということで。

予定日が1日違いの友人のおなかのちびさん(男の子)は970gだとか。
どうやら、おなかの中でも既に個人差があるようです。

夜、「はじめての妊娠・出産安心マタニティブック」の該当ページを開いてみたら、なんと今日が出産予定日まで残り100日、という日でした。
なんだか感無量です・・・。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-30 23:12 | Health | Trackback | Comments(3)

京橋のイタリアン

会社帰りに、以前から友人が予約しておいてくれた、各サイトで劇ウマ!の評判が高いお店、京橋(JR東西線なら「大阪城北詰」で下車)の「DA ANDREA(ダ・アンドレア)」に行ってきました。

夜のコースは3,800円から。
メインがお魚料理かお肉料理2種類から、デザートが3種類から選べます。

最初の前菜的な一皿は、マグロとアボガド、山芋のタルタル。
素材だけをみると和風な取り合わせなのですが、酸味が効いていて、上に載ったピンクペッパーのツブツブ感もぴったりでした。
パプリカのソースと、カリッと焼いたパンが添えられていました。
b0075888_23433629.jpg

秋らしく、さんまとじゃがいものテリーヌ仕立て。
なんとソースはさんまのワタ!でした。
普段はワタまでは食べない私ですが、この苦味がよく合っていたと思います。
b0075888_23435672.jpg

フォカッチャもおいしかったです。
b0075888_2344967.jpg

鱧(!)と茶豆のパスタ。
イタリアンにハモ、というビックリな取り合わせですが、オリーブオイル&バターのコクのあるソース、トマトと茶豆との組み合わせがgood!でした。
今日一番美味しいと思った一皿でした。
b0075888_2344222.jpg

友人も私も選んだメインの一皿は、仔羊と白いんげん豆、ごぼうを煮たフィリングを包んで揚げた春巻きのようなもの、赤ワインのソースで。
濃厚な煮込みを、パリッとした皮で包んでいます。
付け合わせの野菜は、青梗菜、いんげん、万願寺唐辛子(?)、かぶなど、和や中のものが使われていました。
b0075888_23443698.jpg

デザートは、カプチーノ仕立てのナッツのデザート。
中に、刻んだチョコレートやラムレーズンが入っていました。
食後のコーヒーにぴったりでした。
b0075888_23455178.jpg

友人は、スイカ小太郎さんのブログ「毎日快晴時折曇天」で予習をしてきたらしく、そちらの記事で紹介されていた、ぶどうとヨーグルトのパフェ風のデザートをchoice。
b0075888_2346470.jpg

どちらも秋だなぁ、と感じるデザートでした。

季節の変わり目にお店に伺うと、夏の素材(ハモやトマト)と秋の素材(さんまなど)の両方がいただけていいなぁ、と思いました。

今日は金曜日ということで、12席のお店は5組の予約でほぼ満席でした。
若いご主人と奥様、お2人で頑張っておられました。

お店の内装がシンプルだったのには驚きました。
ちなみにBGMはずっと「PE'Z」だったように思います。
ご主人か奥様がファンなのかしら!?


[PR]
by monsteracafe | 2006-09-29 23:58 | きょうの料理 | Trackback(2) | Comments(2)

妊娠線予防クリーム

昔から、“妊婦になること”にかなりのマイナスイメージを持っていた私。
妊娠線」についてもそれがどういうものなのかもよく分からないのに、かなり怯えていて、初期から各種クリームを試していました。

いくつか使ってみて気に入っているのがコレ。
伸びがよくて、塗るだけでマッサージは不要。
あまりベタベタせず、塗った後は肌もしっとりしています。
b0075888_2018334.jpg

8月に友人にいただいて以来、週に3~4日使用のペースで1本使いきって、また新たに購入しました。
「アカチャンホンポ」で売っています。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-28 20:19 | Health | Trackback | Comments(2)

兵庫県の女性再就職支援制度

日本では、結婚や出産を機に退職し、育児が一段落した頃に復職を希望する「M字型就業形態」が戦後から続いていますが、兵庫県ではそうした女性の再就職を金銭面から支援する制度が動き出したようです。

<参考記事>
◎女性再就職奨励金を初適用=菓子の「モロゾフ」など2社-兵庫県

 兵庫県は、少子化対策の一環で今年度創設した「ひょうご女性再就職奨励金」制度の適用第1号として、菓子製造販売の「モロゾフ」(神戸市東灘区)など2社を選定した。
2社には採用した女性の試行雇用期間に応じ、最大30万円が支払われる。 

 同制度は、出産・育児で離職後、常用雇用での復職を希望するおおむね35~49歳の女性を採用した事業主に対し、試行雇用期間1カ月(最大3カ月)につき1人10万円を支給する。子供を産み育てやすい環境づくりの一環で、6月に受け付けを開始した。

 適用第1号となったのは「モロゾフ」と、建材等製造販売の「上月ウディックス」(丹波市)。ともに、神戸市内にあるマザーズ・ハローワークを通じ求職のあった女性各1人について、一般事務職での試行雇用を決めた。
 県は今年度、同制度の適用対象を100人と想定し予算化。発足3カ月での初適用を「ようやく周知されつつある段階」(少子局)とみており、引き続きマザーズ・ハローワークのほか県経営者協会、商工会議所などを通じ、企業などへの制度周知に取り組む方針だ。
(2006年9月25日/官庁速報)
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-27 22:23 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(4)

人間の水分

妊娠してから、やたらと喉が渇くようになりましたが、その理由がようやくわかりました。

胎児の90%、生まれた赤ちゃんと妊婦さんの80%!は水分なのだそうです。
(ちなみに、成人は70%、老人になると50%!!が水分なのだそう。年齢とともに水分量は減っていく傾向にあるようです。)

世の妊婦さんは、良質な水をたっぷり摂らなければいけません。
(できればミネラルなどを多く含む“硬水”が良いのだそう。)
食事などでも水分を摂れますが、意識的に飲んだほうが良さそうです。

自宅の浄水器のカートリッジもそろそろ交換しなくては。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-26 23:19 | Health | Trackback | Comments(0)

「まごはやさしい」伝統食

最近知った、食に関するキーワードです。
「まごはやさしい」、これ、なんだと思いますか?

正解は・・・
「ま」 は、豆類
「ご」 は、ごま
「は」 は、わかめなどの海草類
「や」 は、野菜
「さ」 は、魚(特に小魚)
「し」 は、しいたけなどのきのこ類
「い」 は、いも類
を指します。

医学博士の吉村裕之先生(元金沢大学名誉教授)が、提唱されているバランスの良い食事の摂り方(の覚え方)なのだそうです。

要するに、これって、昔からの日本の伝統食、和食のことですよね。

カロリーは必要以上にいらないけれど、栄養はきちんと摂る必要がある妊婦さんや授乳中のママ(豆類やいも類も制限されることがあるようですが)などには、うってつけの食事メニューだと思います。

私は妊婦になってから、なるべく毎朝体重を測るようにしているのですが、今朝は急激に体重が増えてしまっていたため、しばらくは「まごにやさしい」伝統食メニューを心がけて調整しようと思います。
(本当は日々、こうした食事がいいのでしょうけれど・・・)

というわけで、今日の夕飯です。
b0075888_9144185.jpg

豆類:納豆、高野豆腐、ふろふき大根の味噌ダレ、
ごま:ふろふき大根にかけたゴマ、
海藻類:もずく、
野菜:ふろふき大根、ごぼうと蓮根のかき揚げ、高野豆腐と一緒に煮た人参、納豆に入れた高菜漬、みょうがの酢漬け
魚:カレイの一塩焼き、高野豆腐と一緒に煮た海老、
きのこ類:高野豆腐と一緒に煮たしいたけ

これで完ペキ☆と思ったら、

・・・あっ、いも類が抜けてました~!! 残念。


さらに、食後、雄サンと近所をウォーキングしてきました。
b0075888_1741560.jpg

近所に足湯を発見したのですが、残念、夜はお湯を抜いていました。
今度、休日の昼間に行ってみよう♪
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-25 23:54 | きょうの料理 | Trackback | Comments(4)

ビジネスの種

先週、担当していた案件が一段落して、今週から新しい事業の企画・プランニング作業に取り掛かっています。

先週、私の直属の上司(=社長)から、現在温めている事業のアイデア2件を聞かされました。

いつものように、アイデアをより深めたり、広げたり、肉付けしたり、具体化したり、調査をしたり、試算をしたり・・・といった形で、実現に近づけていく新規事業のプロデュース業務が私の本来の仕事です。
いわば、埋もれているビジネスの種や卵を探し出し、うまく大きく育てていくことです。

入社以来、これまでにもいくつもの企画書をつくり、プランニングをしては、実現に至ったものも、ポシャったものもありました。

社長いわく、「まずは真剣に考えること。その結果、期待できる成果が思わしくないときには、思いきって退くこと」が大切なのだそうです。

今回のアイデアも、これからの時代に合った、先を見越したニッチだと思いました。
社長と話していて、日々、色々なことにアンテナを張りながら過ごしているつもりでしたが、ただ「将来は起業したい!」と思っているだけで結局毎日をボーっと過ごしてはいけないな、と改めて思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-25 12:28 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(2)

プレママ向けのクラシックのコンサート

先週は自分で歌ったのですが、今週はクラシックを聴きに行ってきました。

和光堂さんの「岡崎ゆみファミリーコンサート2006」のチケットが当たったので、母と2人で聴きに行ってきました。

ショパンの「エチュード『木枯らし』」、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」など、よく知られていてメロディアスなピアノ曲、「アヴェマリア」などの歌曲、「ツィゴイネルワイゼン」などのバイオリンとの共演など、休憩をはさんで120分、たっぷりと聴かせていただきました。
岡崎ゆみさんが、ご自身の出産・育児体験や、曲の説明などをしながら演奏してくださったので、より1曲1曲を味わって聴けました。
b0075888_2025448.jpg
プログラムも「プレママとその家族」向けなので、コンサートの合間には家族で実践できるマタニティビクスの実演もありました。

午前中は、赤ちゃんから小学校入学前くらいまでのお子さんと一緒に聴けるプログラム(60分)だったそうです。

 *****

ちなみに、今日は久しぶりに栄町通のフルーツショップ「ベニマン」で、ランチ(¥1,500)をしました。
野菜やフルーツがたっぷりのおなかいっぱいのランチです。
b0075888_2032345.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2006-09-24 21:05 | refreshのために | Trackback | Comments(2)

同級生!

午後から、雄サンと2人で、5月末に出産した友人夫妻のおうちへお邪魔してきました。

赤ちゃんは、男の子なのですが、もうすぐ4ヶ月にして既に8キロだそう!
抱っこさせてもらいましたが、両腕にズシーン!ときて、ものすごく重く感じました。
赤ちゃんも慣れない私に抱かれて居心地が悪そう・・・。
かわいそうなので、すぐにお母さんにお返ししてしまいました。

パパ・ママいわく、生まれてからほとんど「ギャー!」と泣いたことがないのだそう。
おっぱいやオムツなど、訴えるときは、眉にシワを寄せてうなっています。
色々な赤ちゃんがいるものです。

それから、パパ・ママが頑張ってあやしても、あまり笑ってくれないのだそう。
でも、ママ方のおばあちゃんはあやすのがとても上手で、おばあちゃんの時だけはよく笑うのだとか。

またしてもここで、雄サンがあやすと、大笑いまではしなかったものの、唇をちょっとあげてニッと笑ってくれたり、かわいらしい小さな舌がチロッっとのぞいたりしました。

それにしても、目の前の大きな赤ちゃんが、いまおなかにいるうちの子と同級生だなんて、実感が沸きません。
この差はすご~く大きい感じ。
早く生まれてきて、一緒に並べて見たいなぁ、と思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-23 22:54 | Life style | Trackback | Comments(0)