「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雄サンの育児

雄サンと私は、価値観は同じものの、全然性格が違うので、何事においてもアプローチの仕方が違います。
例えて言えば、同じ目的地(例えば建物の屋上)へ行くのに、地道に階段で行くか、エレベーターを探して乗るか、といった違いです。

育児においても、退院後のたった2週間ほどですが、「違うなぁ」と思うことがよくありました。

雄サンは、部屋の温度や湿度など、ポンすけの「環境」にとても気を使っています。
ポンすけがいる場所に、温湿度計を置き(以前買ったものは精度が悪いので、新しいものをわざわざ買ってきたほど!)、加湿器の水をマメに取り替え(もちろんマメに掃除している)、ヒーターなどを移動させ、タイマーをかけて・・・と、非常に丁寧な対応。

ポンすけが吐いた、むずがっている、といっては、真っ先に飛んで行き、
何かいつもと違うと感じたら、「なぁ、こんなんしてるけど、どうやろか?」と心配気に私に聞いてきます。

私の抱き方などを横でじーっと観察し、自分で抱っこしながら、
「なぁ、見てみて。俺の抱き方、ポンすけしんどくないやろか?」
とチェックを求めます。
大抵、私の答えは、「まぁ、ええんちゃう?」「大丈夫やと思うけど」なんですが・・・。
(だって、本当にそう見えるんだもの。)

もちろん、私は私なりに日々のポンすけを観察して、異変がないかどうかは見ていますが、基本的にはおおらか(おおざっぱ!?)に彼女とつきあっています。

そんな私の血液型はA型、雄サンはB型です。
(ちなみにポンすけはO型。)
つくづく血液型占いはアテにならないなぁ、と思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-31 23:33 | 家族 | Trackback | Comments(4)

時間の使い方

出産後、感じたことは、なんといっても「時間が足りない」「まとまった時間が取りづらい」
ことです。

ようやくポンすけを寝かしつけた、と思ったら、オムツ交換で目が覚める。
交換しているうちに、さっき飲んだミルクを吐いてしまって、服を着替えさせる・・・。
そうこうしているうちに、次の授乳がやってくる・・・
という、無限ループ状態に入ってしまうこともしばしばです。

というわけで、必然的に、彼女がしっかりと寝ている間に、雄サンか私が買い物や用事に出かけたり(役所や税務署、車検など、うちにいてもやる用事は結構ありました)、夜寝られない分こちらも昼寝をしたりするようになりました。

また、料理をしている間に、台所をサッと拭いたり、食品庫や食器棚の整理をしたり、
ミルクの調整中に明日のおかずの下ごしらえを一緒にしたり、
沐浴後のポンすけを受け取るのを待つ間に洗面所を掃除したり、
私が授乳している間に、雄サンが汚れた布オムツを洗ったり・・・
と、一度に2つか3つの家事や用事を片付けるようになりました。

働くママの先輩が、「出産後は、仕事の能率が3倍になる!」と豪語していましたが、どうやら仕事だけでなく、家事の能率もUPするようです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-30 14:49 | らくらく家事 | Trackback | Comments(4)

半月健診に行ってきました

今日は産婦人科の半月健診でした。

昨夜も1時過ぎから寝てくれず、明け方5時にようやく寝てくれたので、
“9時半からの健診に行けるのか?”と心配していましたが、なんのことはなく、行きの車の中でも病院でもほとんど愚図ることなく、健診を済ませてうちへ帰ってきました。

ポンすけにとっては、退院後我が家へやって来てから初めての外出でした。
幸い、寒さも比較的マシで、帰りはぐっすり眠っていてくれました。

気になる健診の結果ですが、毎日変わっていないようでいて、退院後から体重が350g、増えていました。
一日あたり30gくらいずつ、増えていたことになります。

授乳の様子も病院の助産師さんに診ていただき、一度の授乳で90ccも飲んでいることが分かりました。
どうりで大きくなるわけです!
b0075888_9422960.jpg

今日のポンすけです。
健やかな成長を願って、日本古来の柄「麻の葉」柄のベビー服を着せてみました。

麻の葉の模様には、3ヶ月で2m以上伸びる麻にあやかり、すくすく大きく成長するよう、素直な心の持ち主になるように、と願う親の気持ちが込められているそうです。
また、魔よけの模様とも言われているそうです。

今週は、少しジャジーな曲も聴かせてみます。
雄サンが見つけてきた、david benoitの「Here's to you,Charlie Brown:50 GREAT YEARS!」です。
b0075888_948551.jpg

「スヌーピー」と「ピーナッツ」の仲間たちの生誕50周年を記念して制作されたアルバムですが、2000年2月に亡くなられた「スヌーピー」の作者、チャールズ・シュルツさんの追悼の意味合いもあったようです。
どの曲も聴きやすい、ジャズアルバムに仕上がっています。ゲストとして「TAKE6」が参加した曲などもあり、楽しめます。

雄サンいわく、雄サンが高校生の頃に発売された、40周年記念アルバム「Happy Anniversary, Charlie Brown!」もオススメだそうです。
(カセットテープでしか持っていないので、そのうち買いたいと思います。)
b0075888_9583448.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2007-01-29 14:37 | 家族 | Trackback | Comments(8)

無料で写真プリント、「Priea(プリア)」

昨日の日経新聞(NIKKEIプラス1)に載っていた記事からです。

無料で写真プリントが出来るサービス(サイト)があります。
写真に広告をいれ、広告収入で運営しているため、無料なのだそう。
早速、会員登録をして利用してみました。

Priea(プリア)」。
ネット上のアルバムにデジカメの画像データを送り、写真を指定すれば、後日、プリントされた写真が自宅へ送られてくるそうです。
(送料も無料。自宅以外へも指定すれば送れます。)
注文できる枚数は計30枚、月2回までです。

15社の広告を選び、注文したい30枚を、写真の片隅に企業名などのロゴが入るものと、L判の下半分が広告になっている(写真はL判の面積の半分)ものとに指定していきます。
(これが結構めんどくさかったです。)

クロネコヤマト メール便で、1週間程度で郵便ポストに届くそうです。
出来上がりが楽しみです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-28 15:04 | money life | Trackback | Comments(2)

親子体操&ママカフェ 参加者大募集☆

我が家はまだまだ参加できませんが、
今回は日頃、育児に励まれているママ・パパ向けのイベントのお知らせです。

昨年から私も参加している、働くママ・パパのサークルで、サークルのメンバー以外の方も参加していただける企画を用意いたしました!
(といっても、私は臨月だ、出産だ、でな~んにも協力してないのですが・・・)

場所は、神戸市東灘区のおしゃれスポット、岡本です!
寒くてお部屋に閉じこもりがちなこの季節、子供と一緒にお出かけして、リフレッシュしてみませんか?

 *****

ママもHAPPY!こどももHAPPY! 夢実現第一弾☆
寒さを忘れて元気になろう!


親子体操&ママカフェ

子育ての時間と自分の時間、
もっと楽しめる時間と場所が欲しい!
現在子育て中の私たちの夢を少しずつ叶えていこうと考えました。
寒くてお部屋に閉じこもりがちなこの季節、一緒に体を動かして、その後は手作りのお菓子や軽食でティータイム♪
たくさんの子育て仲間とほっこり元気になりませんか?
パパの参加も大歓迎です☆

◇日時:2007年2月4日(日) 10時~12時半
◇場所:岡本好文園ホール◇講師:長岡 聖美先生(スポーツインストラクター)
◇会費:親子1組1000円(親・子とも1人追加ごとに500円)
◇定員:30組(定員になり次第締め切ります)
◇持ち物:動きやすい服装・室内履き(親子共)、水分補給用のお水、新聞紙(1人1枚)、フェイスタオル(2枚)

お問い合わせ・お申し込みは
夢実現くらぶ やまもと smile_win2@yahoo.co.jp まで

主催:夢実現くらぶ 
協賛:WMS(ワーキングマザーズスクエア)
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-27 12:32 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

お友達が訪ねてきてくれました

出産後、入院中もたくさんお見舞いや赤ちゃんを観に、友人たちが来てくれましたが、今日は我が家へお友達が訪ねてきてくれました。

今のところ、ポンすけが比較的よく寝ていたり、起きても機嫌が良く、私達も時間のゆとりがある、夕方の15時半過ぎに来てもらうことにしました。

育児のため、ほとんどうちにいる生活をしているので(といっても、まだ退院してから1週間ですが・・・)、短い時間でも、お友達と話したり、うちでお茶を飲んだりする時間が私にとっては貴重なリフレッシュになりました。

そして、かなり嬉しかったのが、お友達の持ってきてくれたプレゼント。
b0075888_1241592.jpg

赤ちゃん用のバスタオルは、片面がガーゼ、片面がやわらかいタオル地で、ブルーの水玉柄に、くまちゃんの刺繍がちょっぴり入っているもの。
手触りも色合いも、まさに、我が家の好み!でした。

それに、本(「つくってあげたい赤ちゃん小物」)と手芸グッズ(アップリケとタグ)も添えてくれていました。
本は、クリニックに置いてあったものと同じで、欲しいと思いつつなかなか買えなかったもの。
アップリケは以前せっせとベビー服にくっつけていたので、そろそろ違うものがほしいなぁ、と思っていたところでした。
今はなかなかまとまった時間が取れないけれど、もう少ししたら作ってみたいと思います!
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-26 22:55 | 家族 | Trackback | Comments(0)

最近読んだ本、いろいろ

ポンすけがなかなか出てこなかったので、産休中はけっこう本を読む時間も取れました。
今も、授乳後のげっぷやたて抱きの時間(ポンすけはげっぷがヘタクソなので、授乳後も30分から1時間はたて抱きにしてから寝かせないと、吐いたり気持ち悪くて泣いたりします)などの時間を利用して、片手に本を抱えたりします。

最近読んだ本で面白かったものです。
(いずれも、東灘区の図書館で借りました。)

まついなつき他「ご出産!」
陣痛から出産までの出産時のあれこれを人気漫画家13人が自らの体験を元に描いたリアルな出産コミック集。
b0075888_19295898.jpg
これを借りたのは出産前で、先に雄サンが読んだのですが、「hiroは読まない方がいいかも・・・」と言うので、出産後に読んでみました。

ほとんど私と同じような体験をした1人の漫画家さんのほかは、私よりも壮絶・大変そうなお産をされていて、確かに産む前に読んだら恐怖かも・・・と思いましたが、出産後の今読むと、「お産は人それぞれ。ドラマだなぁ・・・」と思いました。

産む時の辛さ・苦労は、生まれてきた赤ちゃんの顔を見ると忘れてしまう(・・・というよりも、痛すぎてすべてを覚えていられない!)、というのは本当のようで、出産後まもない私でさえ、あの体験の記憶はおぼろげになってきています。
でも、あの感動をもう一度思い出したい方にはオススメです。

中山庸子 「ひとりのお休みヒントブック
人間誰しも、心が快晴の時もあれば、曇り空、時にはどしゃぶりの時だってある。
そんなひとりのお休みに何をして過ごすか、いろいろなヒントが詰まっています。
b0075888_1946333.jpg
出産直後の今は、ほとんど自分の時間は取れないけれど、育児に疲れてしまうこともあるこれからは、今まで以上に限られた自分の時間を作り出して、うまく過ごして充電することが大切だと感じています。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-25 21:25 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

両親からのプレゼント

今日は私の両親が午後からプレゼントを持って助っ人に来てくれました。
b0075888_002746.jpg

こちらは、母がお正月に見つけた、スヌーピー柄の離乳食の器とおもちゃ箱のセットです。
コレール」の食器は、軽くて割れにくく、オーブンや電子レンジにも使える便利なもの。
離乳食はまだ先ですが、色々なサイズのお皿が入っていて、重宝しそうです。
木製のおもちゃ箱には、車輪もついていて、小さな子供でも遊べそうです。

こちらは、海外旅行へ行ってきた父のお土産のクマちゃんです。
b0075888_004119.jpg

            「ボク、ヨーダ姫。きみ、もしかしてイウォーク?」
            「ちゃいまんがな!」(べしっ。)

両親がポンすけを見てくれている間に、雄サンと2人で近所へ買い物へ行くことが出来ました。
家事を2人でやっている我が家にとって、買い物はやはり2人で行けた方が助かります。
ある程度、まとめ買いをすることができました。

母が夕飯も作って持ってきてくれたので、今日の晩御飯はお皿に移し変えて並べるだけで済みました。
しかも美味しい!!
b0075888_01977.jpg

母の作ってくれたちらし寿司(鮭と椎茸、錦糸玉子、うなぎ、海苔、胡麻、紅しょうがの載った、私の好物の一つ)と、根菜類のきんぴら、ほうれん草とトマトに、作り置きの蕗、簡単なお吸い物(梅干、とろろ昆布、お麩)を添えました。

バックに写っているのは、布オムツの山です。

ちなみに、こちらは昨日の晩御飯。
b0075888_005472.jpg

退院後初のカレー(ドライカレー)です。
野菜をたっぷりと入れて、コンソメや塩・コショウ、醤油などで味をつけ、カレー粉は小さじ1杯半程度、香りづけに加えました。

付け合わせには、セロリと桜海老のお漬物、プチトマトの甘酢和え、
白菜とコーンのミルクスープには、試供品でもらったママ用の粉末ミルク(カルシウムなどの母乳に必要な栄養分が含まれている)を加えて飲みました。

熱々をいただきたいところですが、この写真を撮ったあとにポンすけが泣き始めたため、実際に食べたのは1時間半後になってしまいました・・・。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-24 23:53 | 家族 | Trackback | Comments(6)

産後の家事

ポンすけが生まれてから、10日が経ちました。
b0075888_14332448.jpg

ずいぶん、顔立ちがハッキリしてきました。
体が大きいので、懸賞で当たったベビー服に私がアップリケしたものも、早速着られました。

退院後、自宅へ帰ってくると、当然ながら、自分たちの生活に加え、赤ちゃんのお世話が加わります。
家事の負担も、夫婦2人の生活よりも当然増えます。

目に見えて増えた家事は、お洗濯。
我が家では、布オムツを使っているので(私達が疲れてしんどい深夜には紙オムツを使ったりもしますが)、布オムツの洗濯、赤ちゃんの肌着やタオルなどの洗濯、従来の私達の洗濯、・・・と日に3度洗濯機を回すことも珍しくありません。

それから、赤ちゃんが口にする、哺乳瓶などの消毒。
白湯のかわりに飲ませている、お砂糖湯やミルクづくり。

赤ちゃんのことを考えると、掃除も今までよりもマメにしなければなりません。

このあたりの家事を、我が家では育休に入った雄サンがほとんど引き受けてくれています。
私は産褥期ということもあって、育児のリフレッシュも兼ねて、得意な料理を担当しています。
b0075888_14415427.jpg

こちらはある日のお昼ご飯。
義母が作ってきてくれた鯛の御頭の煮物、小松菜とごぼう天の煮物、厚揚げを焼いたもの、なめことお豆腐・若布のお味噌汁、しらすご飯です。
どれも前日に作ったものの残りを電子レンジで温めただけです。

現在のポンすけは朝からお昼、深夜から明け方にかけてが、一番お世話が増えるピークの時間帯なので、お昼ご飯は簡単に作れるもの、食べられるものが便利です。
b0075888_1442893.jpg

こちらはある日の晩御飯。
魚の煮物、にんにくの芽と豚肉の炒め物、ふきの翡翠煮、菜の花の辛子和え、しじみのお味噌汁でした。

ポンすけが寝てくれて、ある程度まとまった時間が取れるときに、煮物などをまとめて作り置きしています。
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-23 14:46 | 家族 | Trackback | Comments(8)

産後の美容、あれこれ

出産後の私の最大の関心事は、もちろんポンすけを迎えた3人での新しい生活ですが、一方で自分自身の体の回復も重要事項です。

特に、我が家では、雄サンが育児休暇を取得して育児に専念し、私が産後8週間で職場に復帰して働き、1家3人が生活していかなければならないので、私の体の回復は我が家の経済事情にとっても重要事項なのです。

今はまだ産褥期なので、無理はしないようにしていますが、性格上、今から始められることはやっておきたい。

 *****

一つは、美肌づくり。
ママにはなったけれど、育児に疲れきった顔はしたくないし、いつまでも瑞々しく元気な女性でいたいもの。

今までは手入れもせずに寝てしまったこともあったけれど、ポンすけが寝入ったわずかな時間を利用して、お手入れに励むことにしました。
・・・といっても、本来根がズボラなので、特別なことはしません。

朝・晩の洗顔後、いつもの化粧水で肌を整えた後に、美容液をつけるだけ。
今使っているのは、「ソワ ピクノプリュス」という製品。
b0075888_1043228.jpg

1回で使用する量は、パール1~2粒程度、とごくわずかです。
b0075888_10412472.jpg

少し見づらいかもしれませんが、余裕があれば引き締めマッサージをしながらつけます。
伸びも良く、ベトつかず、つけた後は肌がふっくら・さらさらした感じ。

商品名にもなっている、「ピクノジェノール」とは、最近流行りの新・アンチエイジング成分なのだそう。
肌のハリが年齢と共に失われるのは、紫外線や老化(錆び)によって増えすぎた活性酸素が原因なのだとか。ピクノジェノールは、この活性酸素の増加を抑制し、シワやタルミを予防する抗酸化成分なのだそうです。

 *****

もう一つは、体型を妊娠前に戻すこと。

出産して、体重は5~6キロ落ちましたが、お腹の赤ちゃんを守るためか、やはり全身にお肉がたっぷりとついていたようです。
インナー売り場の店員さんや、クリニックの助産師さんによると、出産してから半年ほどは、体が柔らかく、体自身も元に戻ろうとするため、一番痩せやすい時期なのだとか。
これはチャンス!です。

数年前に出産し、その後もスリムな体型を維持している友人から聞いたのですが、唯一後悔しているのが、「骨盤の戻り」だったそう。
出産で大きく開いてしまった骨盤は、産後すぐから1ヶ月くらいまでが元に戻すチャンスなのだそう。
骨盤をきちんと締めなおせば、子宮の戻りも良く、骨盤も歪まなくて済むのだそう。

結局、何を使えばいいのかわからず、入院中に助産師さんに相談して、入院中は腹帯(さらし)を巻き、退院後に補正下着を購入して使うことにしました。

今使っているのは、ワコールの「バーシングスムーザー」です。
ベルトタイプなので、私のようなズボラさんにも簡単で締めやすく、かつ強力です。
効果は、1晩、締めて寝ただけでも、翌日、服のサイズが変わってくるほどでした。
(これは、産後の体だからですが・・・)

助産師さんによると、最初の1ヶ月は骨盤をしっかりと元に戻し、次の2ヶ月目から6ヶ月目までは、ガードルタイプのものでウエストや腰周りを締めていけばいいのだそう。

それに、出産を経験した友人達によると、一番いいのはなんといっても授乳することなのだそうです。
授乳を続けていれば、自然に体重が落ちていくのだとか。
(中には、妊娠前よりも減ってしまった人も。)

とにかく、無理せず、出来ることから地道に続けていこうと思います!
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-22 11:00 | Health | Trackback | Comments(11)