「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ムーミンのアイスキャンディ型

久しぶりに懸賞(メールマガジンの読者プレゼント)に当選したらしく、先日、プレゼントが送られてきました。
北欧の暮らしやお料理、日本で北欧製品を購入できるお店の紹介などを扱うメールマガジンだったので、プレゼントは「ムーミンのアイスキャンディ型」でした。
b0075888_9195912.jpg

ムーミン、フローレン、ミーの3つの柄のアイスキャンディが作れます。
早速、冷蔵庫にあったカルピスで試作してみました。
・・・が、蓋がついていないので冷凍庫の中でこぼれてしまい、できあがりの量が減ってしまっていました。

どちらかというと、ゼリー向けかもしれません。
またチャレンジしてみようと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-31 22:38 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

ワークライフバランス

定期的に会社のデスクに配布されるフリーペーパー、いつもはお昼休みなどに読み飛ばしてポイ!(ごめんなさい)なのですが、今月配布された「シティリビング(大阪版)」の特集記事「仕事もお金も恋も全部欲しくて何が悪いの」には目を奪われ、帰りの電車でじっくりと読ませていただきました。

就職、恋愛、結婚、出産・・等々、女性は男性に比べてより多様な生き方が選べる反面、自分が身を置く環境やパートナー、家族によっても、ライフスタイルがその時々で激変しやすい。
そんな私たち女性の、現状・理想・将来におけるライフスタイルを見つめなおすことで、より自分らしい、ハッピーな人生・生き方が手に入るのでは?という提案です。
(記事はネットでも読むことができます。)

例えば、この図表。〔上記「シティリビング(大阪版)」からお借りしました。)
b0075888_9141821.jpg

今の自分の生活を、それぞれの項目ごとにチェックしてみる。
5段階評価でどのあたりか?
自分はどの項目には満足していて(もしくは努力していて)、どの項目に不満を感じているのか、変えたいと思っているのか。

私の理想は、各項目がバランスよく満たされていて、年齢を重ねるごとに、木の年輪のようにこの円も大きく拡がっていく・・・ようなイメージなのですが。
(要するに、欲張りなんですね。)

次に、この図表。〔同じく上記サイトからお借りしました。)
b0075888_9142958.jpg

就職してからずっと、右の列の「シングルキャリアウーマン」→「DINKSキャリアウーマンミセス」を目指して頑張ってきたつもりでしたが、妊娠・出産を経て、毎日保育園のお迎えにダッシュする今の私、気がついてみると、「キャリアワーキングママ」というよりも「家庭重視正規雇用OLママ」の方が近い気がします。

私の場合、結婚したことでの変化はあまり感じなかったのですが、今回の妊娠・出産・育児は、自分の価値観を改めて考えなおすくらいの大きな変化を感じました。
まだ、うまく言葉にできないのですが、今までのように「仕事は私の生きがい(もしくは最大の趣味)」、「働くことは生きること!」と、100%言い切れない自分がいるし、家庭や子どもと過ごす時間を大切にしたい、と強く思うようになりました。

出産後、復職してからもうすぐ半年になるし、このあたりでもう一度、自分の働き方や暮らし方とのバランス(ワークライフバランス)を考えてみようと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-30 23:16 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(0)

手づくりのおもちゃ(その2)

こちらも保育園で教えてもらったおもちゃ。
ペットボトルの蓋(2個)を利用しています。

ペットボトルの蓋をハギレでくるみ、間に鈴やビー球をいれて、2個を糸でつなぎ合わせるように縫います。

これを、ミルクの空き缶などにポコン、ポコン、と投げ入れて遊ぶのですが、ポンすけはこれだけでも握ったり落としたり、持ち替えたり・・・と、長い間遊んでいます。

最初に作っていたのは、カラフルなビニールテープで留めただけのものだったので、ずいぶん改良版になりました。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-29 22:17 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

「坂本広子の台所育児―1歳から包丁を」

ポンすけは7ヶ月半になりました。

子どもが生まれてからというもの、“いつか子どもと一緒に楽しみたいなぁ”、と私が密かに憧れているのが、一緒にお料理をすること。
(ちなみに雄サンは、ポンすけが歩けるようになったら、一緒にゴミ出しに行くんだそう。)
そんな私の気持ちに気づいてか、出産のお祝いに親子お揃いのエプロンを贈ってくださった方もいらっしゃいます。

それにしてもまだまだ先だろう、と思っていたら、子どもの食育やお料理教室(キッズキッチン)などで有名な坂本廣子さんが、“1歳から包丁を”という思い切った提案の本を過去に出版していらっしゃいました。

坂本広子の台所育児―一歳から包丁を
b0075888_12555999.jpg
実際に、子どもがいくつになったらこれをして、というのではなく、子どもが興味を持ったことからやらせてみよう。
ただし、そのときには注意すべきことはきちんと教え、その一方でよほど危険でなければ親は口出し・手出しをしないで自由にやらせてあげること。
・・・といった、基本的な親の心構えについて書いてありました。

後半は子どもにも出来るレシピ集(作業の難易度でステップ1から4まで分かれている)ですが、私は前半の、料理だけでなく、子どもとの接し方全般についても同じであろう、坂本廣子さんのご家庭での教育方針のようなエピソードを面白く読みました。

実際に神戸などで開催されている「キッズキッチン」にも興味はあるけれど、私は特別な体験ではなく、普段から自然に家事に参加してもらえるような環境をつくりたいと思っているので、「キッズ・キッチン」の運営方法などが詳細に書かれている、こちらの本の方がより具体的で参考になると思いました。

五感で学ぶ食育ガイド キッズ・キッチン
b0075888_1258575.jpg
この本の通りに企画・運営したら、家庭版や地域版の「キッズ・キッチン」が開催できそうな気がします。

ご自身の経験やノウハウの固まりである、こういうマニュアルを惜しげもなく公開する、というのは、私の仕事柄、思い切ってるなぁ、と感心してしまいます。

きっと、坂本さんの、全国で子どもたちに良質な「食」の体験をさせてあげる機会を増やしたい、という想いからなのではないかと想像しています。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-28 22:18 | Life style | Trackback | Comments(4)

手づくりのおもちゃ(その1)

ポンすけが保育園に通い出してから、1ヶ月半が経ちました。

保育園にあるいくつかのおもちゃの中で、特にポンすけが気に入っているというおもちゃを、うちでも作ってみました。

保育園では、飲み物の空きボトル(小さくて軽いペットボトル。「ラブレ」がベスト。)に、ビーズや鈴、お米、おはじきなどを入れています。

うちでは、私の趣味の1つで持っていたプラスチック・ビーズを入れました。
色や形がきれいです。
これを片手で持って、シャカシャカと振るのが、ここ1ヶ月のポンすけのマイブームです。
b0075888_9122836.jpg

とても得意げに振ってくれます。
褒めてあげると嬉しそうに振ります。

こんな簡単な手づくりおもちゃで喜んでくれるんなら、いくつでも作っちゃうぞ~、って思います。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-27 22:08 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

久しぶりの晩酌

先日、御影の酒蔵「福寿」さんで買ってきた「米米酒」を呑むために、久しぶりにイカを2はい、さばきました。

イカのさばき方は、就職したころに通っていたお料理教室、「ベターホームの基本料理の会」で教わりました。それ以来、時々時間があるときに、イカをまるごと買ってきてさばいています。
(さばく、というほど、難しい作業でもありませんが・・・)

イカの胴の部分は、さっと焼いて、バター少々とお醤油をたらして。

イカのゲソとえんぺら、内臓は、お酒と醤油でさっと煮ました。これが日本酒にはぴったりで、我が家の定番のアテ・メニューです。
友人に振舞ったときにも、好評で、よく作り方を聞かれたりするのですが、お酒は大目に、醤油はイカの塩気があるので少なめに、適当な分量で作ってもまず失敗しません。
アルミホイルに入れて、トースターで焼くのが一番簡単な作り方です。
b0075888_11285286.jpg

後は、なめこのお味噌汁、もずく酢、豆苗の胡麻酢和え、揚げだし豆腐(冷凍を利用)などと、最後にお茶漬け。
簡単ですが、久しぶりに雄サンとお酒を楽しむ時間が持てました。
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-26 22:14 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

岡本「ひつじ茶房」で一休み。

今日は岡本にある図書館へ行ったついでに、念願の「ひつじ茶房」で一人でお茶をしてきました。(わずか30分くらいの滞在でしたが・・・)

東灘図書館の東に古い市場(本山市場)があって、その奥の方に、ベトナムなどアジア雑貨のお店(パトリックアン)があります。
その奥を改修したようで、キッチンと階段ができていました。
階段を上がっていくと、2階がまるまるカフェスペースになっていて、そこが「ひつじ茶房」です。
お店の名前の由来でしょうか、羊さんがお出迎え。
b0075888_11345312.jpg

天井の梁、それぞれ違う椅子やテーブルなど、アンティークの家具と雑貨がうまく配置されていて、とても落ち着く空間になっています。
b0075888_11173773.jpg

b0075888_11174949.jpg

たまたまお客さんは私一人だったので、奥のソファ席でゆったりと寛いできました。

アールグレイのアイスティと、バナナとオレンジのシフォンケーキ(自家製のバナナアイスと、ホイップクリーム&キャラメルソース添え)をいただきました。
b0075888_1120016.jpg

今度、栄町のほうに、アンティーク家具・雑貨などのお店をOPENするそうです。
お店の雰囲気が気に入った方はぜひ、こちらもチェックしてください。

ひつじ茶房 (ヒツジサボウ)
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-25 18:58 | refreshのために | Trackback | Comments(8)

「ル・バタクラン」のパンとケーキ

仕事で神戸に出たついでに、気になっていたお店のパンとケーキを買って帰ることにしました。

三宮の「ミント神戸」2階にある、「Le Ba-Ta-Clan(ル・バタクラン)」というカフェです。
オープン以来、いつもお店は混んでいて、並んで待っている人もいました。
気になっていたのですが、テイクアウトできるのは知りませんでした。

少し前の雑誌「SAVVY」のパン特集の表紙にもなったことがあり、ピンク色の値札やお皿・器が印象的な素敵なディスプレイで、俄然行かなくては、と思いました。

思い切ってカフェを突っ切ると、奥にテイクアウトのコーナーがありました。
(後で分かりましたが、外(ポートライナー側)から入れる出入口が別にありました。)

雑誌の写真のとおり、パンもケーキも本当に美しく飾られていて、どれにしようか迷いました。
パンは1位のメロンパンと3位のデニッシュ、ケーキは器に惹かれて、コーヒーゼリーと雄サンの好きなプリンにしました。
b0075888_1844827.jpg

お店のショップカードによると、ケーキは「ア・ラ・カンパーニュ」、パンは神戸トアロードの「ル・ディマンシュ」、カフェは「シュビドゥビカフェ」のコラボレーションカフェだったようです。

プリンの容器はホウロウのミニカップ。番号は、今月は4、6、7のうちから好きなものを選ぶことができました。この数字は月替わりなんだそうです。
お花をちょこっと生けたり、ポンすけのおままごとにも良さそうなカップです。

コーヒーゼリーにはほとんど甘さがなく、底に入ったホイップ状のムースと絡めて食べるスタイル。私的にはこちらがヒットでした。
これまた、ガラスの器がかわいくて、“おうちカフェ”に良さそうです。
b0075888_18442465.jpg

デニッシュは、“どうやって作ったの?”と考えてしまうほど、細かくひだの寄ったパイ生地が他にはない感じ。
中にはキャラメル風のカスタードが入っていました。
見た目が、三角の貝のようです。
b0075888_18454430.jpg

メロンパンは、中のパン生地がふわふわ。
まわりの生地も、軽くてほんのりと香ばしく、お店の1番人気なのも納得です。

今度はゆっくりとカフェでお茶をしてみたいと思いました。


[PR]
by monsteracafe | 2007-08-24 21:18 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

『 女性を美しくするのは、強さか。繊細さか。』

普段、育児や介護にも便利な国産のミニバンに乗っている私ですが、
“いつかは海外のかっこいいクルマにも乗ってみたい!”
(・・・というより、そんなクルマが似合うカッコいい大人の女性になりたい!)
と思っています。

今回、BMWが「BMW 3シリーズ 女性向けキャンペーン」ということで、
『 女性を美しくするのは、強さか。繊細さか。』
というテーマで皆さんからの意見を募集中です。
b0075888_923444.jpg

既に各分野で活躍されている著名人や、一般の方が意見を投稿されています。
今回、集まった意見をもとに、本ができるそうです。

私もこの機会にちょっと考えてみました。

 *****

毎日を懸命に生きている人は美しい。

好きなことを仕事にする、自分のやりたいことをする生き方に憧れていた頃もあったけど、
(それは今も変わらず理想なのだけれど)
長い人生、いつもやりたいことや好きなことばかりをしていられるわけじゃない。
やらなければならないこと、やるしかないときだって、たくさんある。

悩みも不安も迷いも乗り越えて、毎日をただひたすらに、前を向いて生き抜いていく強さ。

そんな確かな強さを持った人は、その人らしい美しいいい顔をしていると思う。

 *****

キャンペーンサイトのURLはこちらです。
みなさんはどうお考えになりますか?
[PR]
by monsteracafe | 2007-08-22 23:21 | Life style | Trackback | Comments(4)

靱公園近くのベトナム料理店でランチ

ポンすけは平熱に戻ったので、保育園に行くことにしました。
が、いつお迎えのお呼び出しの連絡が来るか、気が気でなく、ずっと携帯を身につけていました。
(雄サンも、今日連絡が来たらお迎えに行ってもらう予定にしていた私の母も、みんな同じ気持ちだったそうです。)

さて、気になりながらも、お昼ご飯は、先日ランチに行った、靱公園近くのベトナム料理のお店の、ピリ辛ミンチのフォーを食べてきました。
b0075888_891161.jpg

私はあまり美味しいフォーを食べたことがなかったのですが、こちらのお店のフォーはさっぱりとしているのに、辛さや甘み、食感などのバランスが良く、とても食べやすくて美味しかったです。
b0075888_893282.jpg

海老の揚げ春巻き、フォー、はす茶(前回のベトナムコーヒーとどちらかを選べます。)で950円でした。


[PR]
by monsteracafe | 2007-08-22 22:33 | refreshのために | Trackback | Comments(4)